ビットバンク(bitbank.cc)の評判は良い!FXやアプリの評判も解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!
    ■この記事でわかること

  • ビットバンクの評判ってどうなの?
  • ビットバンクトレードの評判ってどうなの?
  • ビットバンクのアプリの評判てどうなの?

この記事では、ビットバンクの評判についてを詳しく解説しています。
この記事を読むことで、ビットバンクやビットバンクトレードの評判を知ることができるので、ビットバンクがどういった取引所なのか、取引口座の開設はしたほうがいいのか分かります。

ビットバンクの会社概要は、下記の記事にて詳しく解説しています。

参考記事
ビットバンク株式会社の会社概要!株主や廣末紀之の経歴、求人も紹介

ビットバンク(bitbank.cc)の評判は良い!


ビットバンクは、ビットバンク株式会社が運営する現物取引ができる仮想通貨取引所です。
ビットバンク株式会社2つの仮想通貨取引所を運営しており、下記の違いがあります。

  • ビットバンク(bitbank.cc):現物取引を提供している仮想通貨取引所
  • ビットバンクトレード(bitbank trade):先物取引を提供している仮想通貨取引所

この2つの取引所は、全く別の取引方法を提供しています。
名前も似ていて間違えやすいので注意してくださいね。
この章では、ビットバンク(bitbank.cc)についての評判を紹介していきます。

下記の表はビットバンク(bitbank.cc)の評判についてまとめたものです。

項目 評判
手数料
サーバー ×
セキュリティ
チャート
取引量
日本円での売買
ビットバンクの総合評価

口コミや評判を見てもビットバンクの評価は高く、納得のいく結果となりました。
ただサーバーの評価だけは低く、取引注文が集中した際にネットワークが不安定になり注文が出せない状況になるとして、改善を求める声が多く見受けられました。

ビットバンクの登録方法は、下記の記事にて詳しく解説しています。

参考記事
ビットバンクの登録方法!できない時の対応や必要時間,変更方法も解説

では次からビットバンク(bitbank.cc)の評判について紹介していきます。

手数料に関する評判は良い

ビットバンクは現在、全ペアの取引手数料無料のキャンペーンをやっており、手数料に関してはとても良い評価を受けています。

ビットバンクが一番評価されているのは、取引手数料が無料なところです。
ビットバンクは9月上旬にキャンペーンを延長するという発表があり、2019年1月4日まで延長されました。
現在2017年10月16日10:00~2019年1月4日 23:59までの期間で行われており合計4回の延長がされています。
このキャンペーンがどれくらいまで続けられるのかは不明ですが、しばらくは続いていくと思われます。

仮想通貨取引所として取引手数料は大きな収益源の一つなのですが、それでも無料で取引を行えることはユーザーに寄り添った対応をしているということでしょう。

ビットバンクの手数料については、下記の記事にて詳しく解説しています。

参考記事
ビットバンクの手数料(売買,入出金,送金)は高い?通貨ごとに比較!

サーバーに関する評判は悪い

ビットバンクのサーバーに関しては、不安定な面が多くあまり良い評価はもらえてないようです。


https://twitter.com/GygtYfgiOlPktfy/status/1050628266359312384

特に相場が急変して取引注文が集中した際に、サーバーが高負荷で耐え切れず約定遅延や成行制限、少額取引の停止制限などの措置が取られているようです。

先月末にビットバンクのXRP/JPYのペアで、注文の発生後に約定結果を反映するまでに時間がかかったり、キャンセルボタンが表示されているが約定しているため取り消しができないなど、取引注文が集中した際にサーバーが不安定問になる問題がありました。

これらを受けてビットバンクは新たな取引ルールを導入する運びとなりました。
取引ルールの詳細は以下の通りです。

サーバーが不安定だと取引したいときに注文も出せなくなりますし、ここぞというタイミングで取引できなければ機会損失でしかありません。
ビットバンクは取引所形式のみを提供していることもあり、特に短期トレードを行う場合には致命的にもなりかねません。
サーバーの強化はどの取引所でも言われているので、早急に改善して取引しやすい環境を提供していただきたいですね。

セキュリティに関する評判は良い


先日海外のICO情報サイトであるICORating取引所のセキュリティを独自に調査し、取引所のセキュリティレベルランキングを発表しました。
そのランキングでビットバンクは22位に位置していましたが、国内では一番の評価を受けました


ただ国内の人気取引所であるビットポイントがレポートになかったこともあり、ビットバンクは国内No.1とは言い切れないという声もありました。


ビットバンクはICORatingの発表を受けて、自社のセキュリティ対策について再度解説しています。
ビットバンクでは、オンラインでつながっているホットウォレットについては自己資産で運用されており、顧客資産はネットワークから隔離されているコールドウォレットで保管されているようです。
たとえハッキング被害に遭ったとしても、顧客資産がコールドウォレットで保管されているなら安心といえるでしょう。

またビットバンクは何といっても対応が迅速で、コインチェックのハッキング騒動では、一早く自社のセキュリティ対策を開示していました
Yahoo知恵袋でもそういったことがあり、信用度は高いという声もあります。

現在でも、ビットバンクのセキュリティに関しては評判の良い声が多いです。
Yahoo知恵袋でもビットバンクとビットフライヤーどっちが安全性が高いのかという質問に対して、ビットバンクという回答がありました。

チャートに関する評判は良い

ビットバンクではTrading viewというトレーダー御用達のチャートツールを採用しているためとても評判が良いです。

ビットバンクが採用しているTrading viewは、100種類以上のテクニカル分析に対応しており、トレードの指標として有名な移動平均線やボリンジャーバンドなど基本的な指標にはすべて対応しています。
またチャートに直接ラインが引ける描写機能も付いているので、直感的な操作も可能です。

もともとTrading viewは有料のツールなのですが、ビットバンクではTrading viewを無料で使用できます。
Trading viewは機能がごちゃごちゃしてなく、初心者にとっても使いやすいチャートツールなのでぜひ利用してみてくださいね。

ビットバンクのチャートの見方や使い方については、下記の記事にて詳しく解説しています。

参考記事
ビットバンクのチャートの見方・使い方!種類や特徴、設定方法も解説

取引量に関する評判は良い

ビットバンクは特にリップル(XRP)の取引に力を入れており、CoinMarketCapによるとリップルの取引量は世界一多いです。
ビットバンクは現在リップルの出来高ランキングキャンペーンを行っており、出来高の多い上位者には毎週賞金額相当のリップルがプレゼントされています。(1位の場合10万円相当のXRPがプレゼントされます。)

ビットバンクのキャンペーンについては、下記の記事にて詳しく解説しています。

参考記事
ビットバンク、キャンペーンで手数料無料!終了後や口座開設CPも解説

またCoinMarketCapによると、仮想通貨取引所別出来高ランキングでは2018年10月15日現在40位に位置しており、国内ではリキッドに次いで2番目に取引されています。
ただし世界的にみるとまだまだ少ないので、これからも堅調に成長していただきたいです。

出来高を見ても徐々にビットバンクは増えてきており、ビットバンクに人が集まっているといえるでしょう。
出来高が増えることはユーザーにとっても良いといえます。
出来高が多い取引所は流動性も高く、市場の価格も適正に近づいていきます。
ユーザーにとって出来高のある取引所は、価格が安定していて取引しやすい環境であるのです。

日本円での売買に関する評判は良い

ビットバンクの日本円での売買についても良い評判の声が多いです。


先日、全銀ネットが24時間365日、異なる銀行間での即時振込に対応開始し、これを受けてビットバンクも24時間365日、いつでも入金が可能になりました。


実際にビットバンクに入金してみた声もあり、入金申請後20分で反映されたようです。
ただし、出金申請の承認および着金については、従来どおり月曜〜金曜(祝祭日を除く)の15時締切とし、銀行口座への着金も翌営業日となっていますので注意してくださいね。

ビットバンクFX(bitbank Trade)の評判は良い!

ビットバンクトレードは、ビットバンク株式会社が運営するもう一つの仮想通貨取引所です。
ビットバンクトレードでは、ビットコインの先物取引を提供しています。
先物取引とは、特定の期間に特定の金額で取引をおこなう約束をする取引方法です。
先物取引は約束を交わす取引なので、期日まで決済は行われません。

下記の表は、ビットバンクトレードについての評判をまとめたものです。

項目 評判
手数料 ×
チャート ×
操作性
レバレッジ
追証
最小取引額
スワップポイント

ビットバンクトレードでは追証やスワップポイントが無いことが評価されています。
しかし、手数料が高いことやチャートが使いにくいことがマイナス評価であるという声がありました。
ビットバンクトレードでは先物取引のみ提供しているという少し特殊な取引所なので、利用者も多いわけではなく、正直口コミや評判も少し不十分なところもあります。

それでは、次からビットバンクトレードの評判を紹介していきます。

手数料に関する評判は悪い

ビットバンクトレードの手数料に関する評判は悪い声が多いです。

ビットバンクトレードでの取引手数料は0.1%と業界平均なのですが、キャピタルゲインフィーとして取引で利益が出るたびに0.2%の手数料が掛かります。
実質、合計手数料が0.3%となるのでかなり高いです。
なのでビットバンクトレードで取引する際には手数料に注意するようにしましょう。

チャートに関する評判は悪い

ビットバンクトレードのチャートの評判も悪い声が多いです。

ビットバンクトレードでは、ビットバンクと違ってCryptoWatchというチャートツールを採用しています。
CryptoWatchは10種類以上のテクニカル指標に加え、トレンドラインやフィボナッチなど豊富な描写機能を持つチャートです。
CryptoWatchもチャートツールの基本的な機能は備わっているようですが、チャートがリアルタイムに更新されていないようで取引価格にズレが生じるようです。
取引タイミングが重要な仮想通貨取引で、チャートと取引所の価格にズレが生じていると取引するタイミングも合わせられないのでトレードすることもできません。

操作性に関する評判は悪い

ビットバンクトレードの操作性も、あまり良い評判ではないようです。

操作性に関しては、特にビットバンクトレードのUIが分かりづらいという声が多かったです。
UIは視認性に直接影響があるので、分かりづらい画面であると途端に使いにくくなります

またビットバンクトレードは取引画面が一つにまとまっていないことも問題のようです。
ビットバンクトレードでは、チャートと注文画面が一つの画面で見れないので、他の取引所よりも使いづらいという評価がされています。

レバレッジに関する評判は良い

ビットバンクトレードのレバレッジに関しては、良い・悪いとどちらの意見もありました。

bitbank Tradeでは、最大20倍のレバレッジがかけられます。
後で他の取引所と比較しますが、これはとても高い倍率です。
これをうまく利用すれば短期間で高い利益をあげることができます。

出典:bitbank Trade(ビットバンクトレード)レバレッジ取引の倍率変更・設定について-CRIPCY

ビットバンクトレードのレバレッジは最大20倍をかけることができると公式サイトでは謳っていますが、実際は約10倍程度で固定されているようです。
他の取引所ではレバレッジ倍率を変更できるような機能が備わっているのですが、ビットバンクトレードではレバレッジ倍率を変更する機能がないので倍率は固定されていると考えられます。

国内の取引所と比べるとリキッド(Liquid)やビットポイント(BitPoint)の25倍が最高倍率なので、ビットバンクトレードのレバレッジ倍率が20倍というのは比較的高倍率といえます。
ただレバレッジ倍率は高ければ高いほどリスクが高いので、20倍もの倍率が必要なのかは疑問です。

追証に関する評判は良い

ビットバンクトレードでは追証がないので、追証に関する評判は良いです。

ビットバンクトレードでは、ゼロカットシステムという仕組みによって追証がありません。
ゼロカットシステムとは、大きな損失が出てしまって口座残高以上の損失を被った場合でも、取引所が補償してくれるシステムです。
このゼロカットシステムを採用している取引所は多くなく、ビットバンクトレード、ビットメックス(Bitmex)、ザイフ(Zaif)のAirFXの3つだけです。
ビットバンクトレードは追証がなくてやりやすいという声がありますが、強制ロスカットはありますので注意してくださいね。

最小取引額に関する評判は良い

ビットバンクトレードでは、最小取引額が7000円程度で取引することができます

BTC FXの1枚当たり必要証拠BTCは0.001BTCです。(2018年10月現在で0.001BTCは約700円)
また、最小取引枚数は10枚からとなっております。

出典:最低取引額はいくらですか-bitbank Trade

無理ない範囲で始められるので、初めての人には嬉しいですね(‵ω’)ノ

出典:ビットバンクトレード 裁定取引枚数や最小取引はいくらから?証拠金維持率!新規建余力!売り決済・売り方!リップル(XRP)は?-爆上げ仮想通貨

ビットバンクトレードは先物取引を提供している取引所ですが、他の取引所と少し違います。
先物取引の取引単位はビットコインの単位であるBTCではなく、という単位を使い1枚、2枚と数えます。
ビットバンクトレードでは1枚が0.001BTCと設定されており、10枚から取引することができます。
ただこの設定ではビットコインの取引価格に影響を受けるので、ビットコインの価格が高くなればそれだけ最小取引額も高くなります

スワップポイントに関する評判は良い

ビットバンクトレードにスワップポイントはありません。

bitbank Tradeにはスワップポイントが無いので、どんなに長くポジションを持っていても手数料は取られないんだ。
スワップポイントが無いのは他の取引所には無いかなり強いメリットと言えるよ。

出典:【図解】bitbank Trade(ビットバンクトレード)の登録方法と使い方-雪ねこは仮想通貨と夢の中

スワップポイントとは、取引所ごとに設定している日付け変更点で、取引ポジションを持っている場合に課せられる手数料のことです。
レバレッジ取引を提供している取引所にはスワップポイントを設定しているのですが、ビットバンクトレードは先物取引を提供しているので、先ほど述べた通り決済期日が決まっており取引期限がありません。
なのでスワップポイントがないのは当然といえるのです。

ビットバンクのアプリの評判は良い

ビットバンクのスマホアプリはブラウザ版と変わりなく操作できるとして評判も良いです。

また銘柄一覧画面がリニューアルされてから、チャートへのアクセスがしやすくなり使いやすくなったという声がありました。

また生体認証によるロック機能も追加され、セキュリティもより強化されています。
ただしこの生体認証はiosだけに対応しています。

現在ビットバンクのスマホアプリでログイン障害が起きているようです。
スマホアプリのほうでログインできない、ログインできたとしても重すぎて動かないというような声が多数ありました。
ログイン障害についてはビットバンクが誠意対応しているようなので、近日中にも改善されるのではないでしょうか。

ビットバンクを使用するメリット・デメリット


下記の表はビットバンクのメリット・デメリットについてまとめたものです。

メリット デメリット
取引手数料が無料 取り扱い通貨が少ない
安全性が高い サーバーが脆弱

ビットバンクにもメリット・デメリットが存在しますので、しっかり理解してから利用するようにしてくださいね。

メリット1.取引手数料が無料

仮想通貨投資では、取引手数料が0.1%違うだけでも投資成績に大きな影響を与えます。
0.1%なんて微々たる差と思われがちですが、取引を何回も行うことで手数料も積みあがっていきます。
思った以上に手数料を払っていたなんてこともあるので、一度取引手数料を計算してみましょう。

ですが、ビットバンクは取引手数料が無料なので手数料を気にする必要がありません。
ビットバンクは取引所形式のみを提供しているので、取引の練習にも良い取引所といえます。

メリット2.安全性が高い

ビットバンクでは現在もハッキング被害にあっておらず、安全性が高い取引所といえます。
海外のICO情報サイトであるICORatingが取引所のセキュリティを独自に調査し、「Exchange Security Report」としてセキュリティレベルが高い仮想通貨取引所のランキングを発表しました。
そのレポートではビットバンクのセキュリティ評価は22位の位置でしたが、国内では一番の評価を受けました。
ちなみに他の国内の取引所はビットフライヤーの37位、フィスコの82位、ザイフの89位となっていました。

またビットバンクはセキュリティ対策を開示している取引所です。
自社の安全性を開示することで、ユーザーからの信用度も得ることができますし、自社の安全性を掲示することもできます。

デメリット1.取り扱い通貨が少ない

ビットバンクの取り扱っている通貨はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、モナコイン(MONA)の6種類だけなので少ないです。

国内で一番多く取り扱っているのがザイフの16種類。
しかし海外の取引所では、200種類以上の仮想通貨を取り扱う取引所がたくさんあるのでビットバンクの取り扱い銘柄数はかなり少ないのです。
海外の取引所くらい増えてほしいわけではありませんが、少なくともザイフの取り扱い数くらいには増えてほしいですね。

デメリット2.サーバーが脆弱

サーバーが脆弱であることは、注文が通らなかったり約定遅延が起きたりととても致命的です。
ネットワークが安定しないと全く取引もできませんし、最悪損失が出ることもあります。

なので、人が集中する時間は避けて取引するのも良いでしょう。
人が増える時間帯は、だいたい夜から深夜にかけての時間帯です。
この時間帯を避けるだけでも、安全に取引できるといえるでしょう。

まとめ

ビットバンクやビットバンクトレード、ビットバンクのアプリの評判はいかがでしたでしょうか。
改めておさらいすると以下になります。

  • ビットバンクの(bitbank.cc)の評判は良い
  • ビットバンクFX(bitbank Trade)の評判は良い
  • ビットバンクのアプリの評判は良い
  • ビットバンクのメリットは、取引手数料が無料で安全性が高い。デメリットは、取り扱い銘柄数が少なくサーバーが脆弱

安全性の高いビットバンクでたくさん取引しましょう!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

writer03

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA