GMOコインの2段階認証設定登録方法や使い方!セキュリティーは強い?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

GMOコインで売買(トレード)をしたい!

GMOコインはレバレッジが5倍・15倍・25倍と選べるので、積極的にトレード(※)をして利益を上げたい投資家(トレーダー)向けの取引所です。

※短期トレード(デイトレ)のことで、短時間で売買を繰り返して利益を上げます。

利用者も増えてる注目の取引所ですね。

そこで今回は、GMOコインの2段階認証設定登録方法や使い方、セキュリティは強いのかどうかを解説します。

2段階認証設定登録方法は?

仮口座から本口座へ登録するときに行う場合

1.GMOコインにログインしたら「会員ホーム」をクリックします。

2.次に表示される「ご利用口座」の空欄部分に、自宅に届いた『口座開設のお知らせ』に記載された「口座開設コード」を入力してください。

3.「口座開設」をクリックします。

4.次に別窓で「2段階認証の設定」が表示されるので「利用する(SMSを送信)」をクリックします。

2段階認証用の電話番号を変更したい場合には「電話番号の変更はこちら」をクリックします。

設定したくない場合や、あとで設定したい場合「キャンセル」をクリックします。ここで終了しても「仮口座」から「本口座」に変更できます。

5.次の別窓で表示される「SMSで認証する」の空欄部分に、受け取った「6桁の数字(GMOコインの認証コード)」を入力してください。

※1分以内にSMSを受信できない場合は「SMSを再送する」をクリックします。

6.「認証する」をクリックします。

これで完了です。

本口座登録後に行う場合

上記の「4」で「キャンセル」を選択した方は、別の方法で設定します。

1.GMOコインにログインしたら、TOPページの左端にある「口座情報」の中の「登録情報・変更」をクリックします。

2.次に表示された「登録情報・変更」から「セキュリティ」をクリックします。

3.画面下の方にある「2段階認証を行う」をクリックします。

 

4.別窓で「ご登録の電話番号に2段階認証コードを送りましたのでご確認下さい」と出て、スマホやガラケーにSMSが届きます。届いたら「閉じる」をクリックして別窓を消します。

5.空欄部分に受け取った「6桁の数字(GMOコインの認証コード)」を入力してください。

6.「変更」をクリックします。

これで完了です。

2段階認証を設定したけど利用を中止する場合

1.GMOコインにログインしたら、TOPページの左端にある「口座情報」の中の「登録情報・変更」をクリックします。

2.次に表示された「登録情報・変更」から「セキュリティ」をクリックします。

3.画面右の方にある「2段階認証」「ログイン時の2段階認証」「利用しない」をクリックします。

 

4.「保存する」をクリックします。

これで完了です。

2段階認証の使い方は?

1.まずはIDとパスワードを入力してログインします。

2.次に別窓で2段階認証を求められ、お使いのスマホやフューチャーフォンに「6桁の数字」が記載されたショートメールが届きます。

3.この「6桁の数字」を入力してログインできます。

30日間は入力を省略することも可能なので、お使いのPCの使用環境などに合わせて設定しましょう。

セキュリティは強い?

GMOコインでは、24時間365日、常時監視する体制を取り、さらに定期的に脆弱性診断なども行っています

また、企業向けサイバーセキュリティ対策支援を行う三井住友海上火災保険株式会社と連携することでサイバー攻撃への対策を行っています。

GMOコインは顧客の資産を守るために、ログイン通知機能などのサービスも提供しています。

大切な資金を預けるには安心できる取引所と言えます。

まだ口座開設をしていない方は、開設費用は無料なので、この機会にぜひ開設してはいかがでしょうか。

>>ビットコインでのFX取引を応援 GMOコイン<<

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA