GMOコインのビットコイン送金方法!リップルやイーサの取り扱いは?

レバレッジ取引を行っている投資家の間で、GMOコインのスプレッドの狭さが注目されています。

それに伴い利用者も増えています。

そこで今回は、GMOコインのビットコイン送金方法や、リップル・イーサの取り扱い情報について解説します。

ビットコインの送金方法は?

1.GMOコインにログイン→ページ左端にある「入出金」をクリック→「仮想通貨」をクリック

2.次に表示された「仮想通貨預入・送付」ページの上にある「送付」をクリック

3.次に表示された「宛先の選択」「+新しい宛先を追加する」をクリック

4.別窓の「名称(ニックネーム)」には登録する名前などを入力→「ビットコインアドレス」には送付先のビットコインウォレットのアドレスを入力「登録する」をクリック→完了したら「閉じる」をクリック

※必ずビットコインのアドレスを入力します。アルトコインのウォレットアドレスを入力しても送付されません。

5.次に、送りたい宛先の右側にある〇をクリック→〇の中に緑の●が表示される

6.次に送りたいビットコインの数量を入力(最小数量0.002BTC)

※本来マイナーに支払われる送金手数料をGMOコインが負担しています。これは嬉しいサービスですね。

7.次に「2段階認証を行う」をクリック→届いたコードを入力→「確認画面へ」をクリック

8.次の画面で送金内容を確認して、送金すれば完了。

ビットコイン以外のアルトコインの送付は?

ビットコイン以外のアルトコインを送金するときは、ページ上部の「▼」をクリックして選択しましょう。

 

これ以降の手順は同じです。

リップルやイーサの取り扱いは?

2017年11月7日時点で、GMOコインで取り扱う仮想通貨は、ビットコイン・イーサリアム・ビットコインキャッシュ・ライトコインの4種のみです。

ただ、当初の予定通り(9月ETHとBCH・10月LTC)順調にアルトコインの種類が増えているため、11月に取り扱われる予定のリップルも、もうすぐ登場するはずです

10月登場予定のイーサリアムクラシックはまだのようですね。

さらにアルトコインには嬉しいサービスが!

今のところ、日本国内での仮想通貨のレバレッジトレードといえば、ビットコインが主流で、アルトコインではイーサリアムとモナコイン(信用売りのみ)が可能となっています。

一般的に上記以外のアルトコインのレバレッジトレードは、ポロニエックス(Poloniex)など、海外の信用度の高い取引所で行います。

日本国内でBTC/JPY出来高ナンバーワンのビットフライヤーでさえ、レバレッジ取引の銘柄はビットコインしか取り扱っていません。

ところがGMOコインでは、アルトコインのレバレッジ取引も予定されています。

ビットコインにボラティリティがないときでも、その他のアルトコインに大きな値幅が期待できれば、利益を上げるチャンスも増えます。

実際、モナコインの価格が高騰してボラティリティが大きくなった時に、かなり利益を上げた投資家もいたようです。

投資をする上で一つの銘柄にこだわるのも良いのですが、複数の銘柄も視野に入れていると、大きなチャンスを逃しません。

GOMコインがレバレッジ取引で取り扱うアルトコインの銘柄はまだ不明です。

全てになるのか、一部なのかはわかりませんが、それでも期待したいですね。

さいごに

通常、取引所の口座開設は、本人確認用の免許証やマイナンバーカードなどの画像がきちんと撮れていれば、すぐに確認されます。

実際、私もGMOコインに口座開設を申し込んだ際翌営業日には本人確認書類にOKが出てその日のうちに「口座開設コード」を発送してもらえました。

まだ口座開設をしていない方は、開設費用は無料なので、この機会にぜひ開設してはいかがでしょうか。

>>ビットコインでのFX取引を応援 GMOコイン<<

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です