ビットコインキャッシュプラスとはデマ?クラシックも誕生せず?

2017年8月にビットコインキャッシュが、同年10月にビットコインゴールドハードフォークにより誕生しました。

2017年の後半は、ビットコインのハードフォーク情報でネット上が騒がしくなっています

12月にはビットコインシルバーが誕生するとまで噂されています。

そんな中、ビットコインキャッシュプラス、ビットコインクラシックの話題が出てきましたので、詳しく解説したいと思います。

ビットコインキャッシュプラスが誕生?

ビットコインのハードフォークが2018年1月2日に行われると公表されました。

ハードフォークによる分裂で誕生する新しい仮想通貨こそが、ビットコインキャッシュプラス(BitcoinCashPlus)です。

特徴は?

公式サイトによると、ビットコインキャッシュプラスには以下の特徴が挙げられます。

・高速送金が可能

・信頼性の高さ

・シンプルで使いやすい

デマなのか?

2017年11月20日時点では、公式サイトには詳細な情報はありません

サイトの内容も、一般的な仮想通貨やブロックチェーン技術について書かれていることばかりです。

ビットコインキャッシュプラスを無料で貰うためだけに、今の高値圏にあるビットコインを購入することは、リスクが高い投資といえるので注意しましょう。

BCHとは無関係

ビットコインキャッシュとは無関係なので、BCHを保有していても無料で貰えることはありません

ビットコインクラシックが誕生?

ビットコインのブロックサイズを、現在の1Mから2倍の2Mに増やすためのハードフォークも計画されていました。

もしこれが実行された場合、誕生する新しい仮想通貨がビットコインクラシックになるはずだったのです。

ところが、ビットコインクラシックのプロジェクトを計画していたグループは、11月9日、計画の中止を決定します。

同時に、ビットコインキャッシュが2018年5月までに本家ビットコインと立場を入れ替え、今のビットコインキャッシュが「ビットコイン」を名乗ると発表しました。

これにより、ビットコインキャッシュの価格は20万円を超えるまで高騰します。

結局新しい仮想通貨は誕生しないとのことです。

今後もハードフォークで新しい仮想通貨は誕生する?

ハードフォークはいわばアップグレードなので、今後どの仮想通貨でも行われる可能性はあります

ただ、そのたびに新しい仮想通貨が分裂して誕生するとは限りません

仮想通貨はマイナーが存在しないと成り立ちませんから、ハードフォークの内容次第で、マイナーからの賛同が得られない場合に分裂する可能性があるのです。

分裂させてみて、より多くのマイナーから支持されたほうがメインになるのです。

つまり、最初から多くのマイナーに支持されたアップグレード(ハードフォーク)なら分裂はしないのです。

無料で分裂したコインを貰うには?

ハードフォークで分裂した場合、ブロックが分裂した時点で保有していた数量と同じ数量の新しく誕生する仮想通貨が付与されます。

ただし、これにも注意が必要です。

新しい仮想通貨に対応したウォレットでないと貰うことはできません

また、仮想通貨取引所に預け入れていても、実際にはウォレットに入れているのと同じなので、本来は無料で貰えるはずです。

ただ、取引所に預け入れている場合、取引所が「分裂した新しい仮想通貨をユーザーに付与しない」と決定した場合貰うことができません

つまり、取引所が付与された仮想通貨を丸ごと貰うことになるのです。

ユーザーの資金をリスクに晒さないための処置ですが、その点も理解しておきましょう。

なお、ビットフライヤー・コインチェック・GMOコインなどの大手取引所は、他の取引所とは異なり、ハードフォークで分裂したコインを受け入れる姿勢をみせています

いずれも口座開設は無料なので、まだ口座を持っていない方は、この機会に開設してはいかがでしょうか。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です