ビットコインキャッシュのチャートで見る相場や今後の将来性!

2017年11月14日、ビットコインキャッシュのハードフォークが問題なく終わりました

ハードフォークのメインは、不安定だったマイニングの難易度調整になり、ハードフォークの成功によりマイナーは安定してマイニングを行うことができるようになります。

ですが、多くの投資家にとって、気になるのはマイニングの難易度ではなく、価格の上昇や下降です。

そこで今回は、ビットコインキャッシュのチャートで見る相場や、今後の将来性について解説します。

BCHのチャートを見てみよう!

投資をする上で、チャートを見ることはとても重要で、なぜなら多くの投資家がチャートを見て売買を判断しているからです。

そこで投資初心者にもわかりやすくBCHのチャートを解説します。

今までの相場の流れは?

2017年8月1日、BCH誕生

同年8月19日、韓国の取引所で取引量が増えるなどした理由から、BCHは高騰し、ビットレックスのチャートでは一時1BCH=約0.244BTCの高値になる。

 

 

同年8月20日、ビットフライヤーのBCH/JPYチャートにて一時1BCH=96,550円の値をつけ高値更新

同年10月に入ると、右肩上がりに上昇するビットコインに資金が流れ、アルトコインは軒並み価格が暴落し、BCHも例外なく価格が下落

同年10月23日、ハードフォークを行うと発表

同年11月9日、Segwit2x(B2X)が突如ハードフォークの中止を発表すると、ビットコインの価格が下落し、代わりにハードフォークを行うBCHに投資家の期待が集まり、資金がBCHに流れたため価格が高騰を続ける。

同年11月12日、この日、一時的にイーサリアムを抜いて時価総額2位になり、この時点で一時的に出来高が本家ビットコインを上回る量になった。

同年11月14日、ハードフォークが終了すると利益確定売りが入り価格が下落

再び価格は上昇する?

仮想通貨の価格の流れを見てみると、一般的には、過去の高値に再度近づこうとする傾向が見られます。

だからと言ってBCHが今後必ずしも高値を更新するとは言い切れません。

ですが、ハードフォーク後に一時下落した時よりも価格は回復しているため、多くの投資家がビットコインキャッシュに期待していることはチャートの勢いから見てとれます

ですが期待感が強すぎるせいか、勢いがあまりにありすぎて、価格の上昇を急いでいるようにも見られます。

本来ならもっと落ち着いて押し目を拾えるはずなので、これから購入を検討しているなら、うっかり高値掴みをしないよう注意しましょう。

ビットコインキャッシュの将来性は?

ビットコインキャッシュの最大の魅力は、送金速度の速さと手数料の安さです。

ところがBCHの価格が上昇してしまうと、自動的に手数料が上がってしまいます

これではビットコインキャッシュを送金手段として使っている利用者は困ってしまいます。

つまり、BCHの価格が上昇すれば、いくらトランザクションの速度が速くても、第2のビットコインになりかねません

多くの利用者は高額になったビットコインの手数料を経験していますから、BCHの価格上昇には敏感にならざるを得ません。

実際私も、日本の取引所で購入したビットコインを海外の取引所に送金するとき、手数料の高さを気にしてしまいます。

このことから考えて、ビットコインキャッシュが将来的にビットコイン並みの高額コインになる期待が大きいと言ってしまうと、それには多少の疑問を抱かざるを得ません

さいごに

ビットコインキャッシュはビットコインに代わり、送金速度の速さと手数料の安さが魅力となります。

ビットコインほど価格が上がるかどうかは不明ですが、それでも将来が期待できる仮想通貨のひとつです。

ビットコインキャッシュは、コインチェック・ビットフライヤー・ザイフ・GMOコインで購入ができます。

口座開設費用は4社とも無料なので、まだの方はこの機会に開設してはいかがでしょうか。

▼Zaif(ザイフ)はこちら↓

▼ビットフライヤーはこちら↓

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

▼コインチェックはこちら↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

▼GMOコインはこちら↓

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。

「取引量日本一」Bitflyer
「操作がしやすい」coincheck
「手数料が安い」Zaif

の3つです。

なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMコインやモナーコイン、DASHコインといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量

Bitflyerの口コミ

Coincheckの口コミ

Zaifの口コミ ※2017年12月25日内容変更

現在Zaifの開設はかなり時間を要するようです。
ただ手数料が安く、開設後は間違いなく重宝する取引所なので今のうちに開設の手続きをしておいた方が吉です。

これまで紹介してそれでも1つの取引所に絞りたいという人向けにあえて順位をつけるなら、

1位 「取引量日本一」Bitflyer
2位 「操作がしやすい」coincheck
3位 「手数料が安い」Zaif

となります。
どの取引所を開設すればいいか迷ってる方はご参考ください。


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です