ビットコインを勉強するときのよく選ばれている本9つ

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

昨今、かなりの注目を集めているビットコインですが、ここ1年でかなりの値上がりがありましたね。
今年1月は10万ほどでしたが現在は120万を越しています(12月4日現在Coincheck取引所での値段)

ただ、ビットコイン含め、仮想通貨に関しての情報はまだ体系的に学べる書籍が少なく、これから始めようと思っている人にはなかなか敷居が高いのも事実。
そこでこの記事では、今から始める方にタイプ別にビットコインが勉強できるおすすめ本を9冊ご紹介します。

これからビットコインを始めようと思っている方は是非参考にしてくださいね!

ビットコインとはそもそも何なのか学ぶときにおすすめの本3つ

まずはビットコインとはそもそも何なのか、どのようなメリットや使い方が出来るのかを体系立てて学ぶことが出来る本を3冊ご紹介致します。

その1.ビットコインのすべてがわかる本

この本は初心者にむけてそもそもビットコインとは何なのか?から投資の話までビットコインに関する情報を網羅している形の本になります。ですので、これからビットコインを始めたい、ブロックチェーンとは何なのか?知りたい、また、ビットコイン投資を始めたい、という方の入門書です。著者は全くプログラムがわからないまま、ビットコインの勉強を進めている方ですが今では、「とってもやさしいビットコイン」という初心者向けのサイトを運営されていて、本当に初心者にとってわかりやすいビットコインの本となっています。

この本は
ビットコインを初めて学びたい方
プログラム知識がない方
投資経験がない方
におすすめの本となっています。

購入はこちらから
ビットコインのすべてがわかる本

その2.いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン(大塚 雄介:著書)

『これで分からなければごめんなさい』著者の大塚雄介さんがそう語っているほどの自信作。この本を書かれている方は東京都渋谷区に本社を構えるCoincheck株式会社のCOOの大塚雄介さんです。
この会社はまだビットコインがそれほど認知されていないときにビットコインの取引所を作り、業界をけん引してきたパイオニアと呼ばれている方です。その大塚さんが初心者に向けて書いたビットコインをはじめるときに学ぶ本です。

ビットコインに関連する会社を経営されている方ですので、はじめ方や使い方までを網羅している本になっています。
また専門用語も多数出てくるビットコインですが、やさしい解説もついています。ビットコインをはじめる方にとってのバイブルというべき本です。
この本では実際にアプリをダウンロードしながら学ぶこともできます。そういった点で初心者でも実践できる優れた本になっています。

この本は
ビットコインを初めて学びたい方
プログラム知識がない方
投資経験がない方
実際に操作してみたい方

購入はこちらから
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

におすすめの本となっています。

その3.デジタル・ゴールド ビットコイン、その知られざる物語(ナサニエル・ホッパー:著書)

世界の歴史を変える大発明か?それとも脆弱で信用ならない「まがいもの」か?ビットコインが始まった時から今までのことを小説仕立てにした本となっています。

業界関係者にも面白いとの評判で、始めたいけどいきなり難しいことは無理という方がビットコインを学ぶときにおすすめの本となっています。

小説仕立てになっていますが、ほとんど実際に起きた事件をモチーフにして書かれています。
・国境を超える通貨、政府やウォール街に挑戦した理想主義者
・ネットの闇サイト「シルクロード」の決済に利用した青年の話
・1夜にして蒸発(のちに業界ではGOXと呼ばれる)マウントゴックスのマルクカルプレスなど初心者にも玄人にも楽しいビットコインの本となっています。
難しい専門知識は不要。人間たちが織り成す一つの「ドラマ」この本にはビットコインに翻弄される「人間ドラマ」が書かれている本です。

この本は
ビットコインを初めて学びたい方
プログラム知識がない方
投資経験がない方
実際に操作してみたい方
ヒューマンドラマが好きな方
におすすめの本となっています。

購入はこちらから
デジタル・ゴールド ビットコイン、その知られざる物語

ビットコインの投資を学ぶときにおすすめの本3冊

今までご紹介した3冊はビットコインのテクノロジー部分や概念、ビットコインの歴史が中心となって書籍でした。
ここからはビットコインのテクノロジーの部分よりビットコイン投資という部分にフォーカスした本を3冊ご紹介致します。

その1.ビットコイン投資やってみました(大塚 雄介:著書)

ビットコイン投資って本当に大丈夫なの?
そんな情弱(情報弱者)な、あなたのための本
知ってしまえばもうこわくない!!
先ほどもご紹介させていただいた、ビットコインの取引所Coincheck株式会社のCOOの大塚雄介さんが書かれた本です。
この本ではビットコインをはじめる方がいろいろ迷いながらも読者と一緒に成長していくそういったストーリ展開がされている本になります。
初心者が陥りやすい罠であったり、ビットコインを管理するときのリスク、最近話題のハードフォーク問題などビットコインと投資にまつわるすべてを網羅している本となっています。
先人の成功者「億り人(おくりびと)」など、夢のある話も満載で、これからビットコイン投資を始めて、成功を収めたい。そういったかにおすすめの本になっています。

この本は
ビットコインを初めて学びたい方
投資経験がない方
とにかく儲けたい方
裁量取引がしたい方
におすすめの本となっています。

購入はこちらから
ビットコイン投資やってみました

その2.週刊東洋経済 2017年11月4日号(東洋経済新聞社:出版)

この本は週刊東洋経済の1コーナーですが仮想通貨投資を始める方にお勧めの本となっています。
単行本とは異なりわかりやすくまとまっていると言わけではありませんが、業界の方はほとんど購入して読んでいます。

記事内のインタビューが非常に濃い内容となっており、現在でもアマゾンランキングに上位ランクインしています。
簡単に特集の内容をご紹介致します。

PART1 仮想通貨 超入門

1年で10倍になったビットコイン暴騰の真相ではマンガや業界のトップリーダーのインタビューが満載です。ビットコイン投資をはじめるにあたって読んでおくべき本です。
加納裕三:ビットフライヤー代表取締役
大塚雄介:Coincheck株式会社COO
この両名がビットコインのいろはを解説、また投資家たちによる稼げる方法を公開したり、ビットコイン市場が拡大するにつれて、金融庁などの規制の話、ビットコイン決済などビットコインの価格に影響を与える要素を網羅している本となっています。

PART2仮想通貨 大バトル

日本企業も続々参入 加熱する採掘ビジネス
北尾吉孝:SBIホールディングス社長
佐々木清隆:金融庁総括審議官
この両名のインタビューに踏まえ、ビットコイン市場に参入する企業に与える影響などビットコインに参入する企業に対して世界の投資家たちがどのような反応を示すなど、ビットコインの値段にかかわらず、投資といった面で興味深い内容の本になっています。
そして近年盛り上がりを見せる「マイニング(採掘)」とは何なのか?が書かれている本になります。

PART3 仮想通貨 新潮流

新しい錬金術なのか?近年ビットコイン投資家たちで話題が沸騰しているICOブームが日本に上陸。決済が簡単だからこそ投資もしやすく、中にはテンバガー(10倍)やハンドレッドバーガー(100倍)の値上がりも見せた銘柄が続々。
youtuberヒカル騒動でも注目の「VALU」の話など新しいビットコインの投資も網羅している本となっています。

この本は
ビットコイン投資を始めて儲けたい
という方におすすめの本となっています。

購入はこちらから
週刊東洋経済 2017年11月4日号

その3.完全ガイドシリーズ205 ビットコイン完全ガイド(100%ムックシリーズ)

この本ではビットコイン投資に関する完全ガイド本となっています。実際に始めるにはどうすればいいのか?
そして、ニシノカズさんという0円から3億円までに増やした伝説の投資家の話など様々な内容を掲載しています。

ドルコスト平均法による仮想通貨積立の話からビットコイン以外のアルトコインと呼ばれるコインに対する投資、取引所の値段差額を利用したアービトラージなどビットコイン投資で儲けるための「ノウハウ」がギュッと詰まったそういった本になっています。

この本は
ビットコイン投資を始めて儲けたい
という方におすすめの本となっています。

購入はこちらから
完全ガイドシリーズ205 ビットコイン完全ガイド

ビットコインを深く知りたい時にお勧めの本3つ

ここではビットコインのもととなるテクノロジー「ブロックチェーン」やそのブロックチェーンが織り成す「スマートコントラクト」「トラストレスな社会」など現実に変化が起こりそうな本を紹介します。

仮想通貨の教科書(アーヴィンド・ナラヤナンその他2名:著書)

この本ではビットコインを中心とした仮想通貨の情報技術面を詳細に記した教科書となっています。ブロックチェーンの仕組みやマイニングの仕組み、非中央集権的(ディセントライズド)とは何なのか?P2P通信(ピアツーピア通信)とは一体何なのか?そういった内容を網羅した内容となっており、技術的な入門書としては最適になっています。
この本はプリンストン大学で開校された講義をベースとなっています。Fintechの注目株との呼び声が高いビットコインの『信用』がネットワーク全体でどのように担保されているのか?電子署名によるP2P通信による仕組みでの安全性の確保の理論など、『明確な根拠』を書かれているものとなっています。

この本は
ブロックチェーンを使ってサービスを提供したいと考えている方
情報に乗り遅れたくない方
これからテクノロジーを学びたい方
におすすめの本となっています。

購入はこちらから
仮想通貨の教科書

ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術(アンドレアス・M・アントノプロス他2名:著書)

この本では世の中を変えるFintechのバイブル、と呼ばれ世界中の方がこぞって読んだ『Mastering Bitcoin』の邦訳版となっています。
ビットコインに用いられているブロックチェーンに基づく暗号通貨の本格的な解説書の翻訳、ビットコインを支えるブロックチェーン、暗号理論、P2Pネットワークなどの詳細など一通り学んだ方が知識整理するのにピッタリな一冊となっています。
この本ではビットコインの「秘密鍵・公開鍵」「ブロック」「マイニング」「トランザクション」等の基本概念の解説からスタートしているので初心者にもわかりやすい本となっています。図解による解説もふんだんに盛り込まれているため、イメージをしながら読むことによりビットコインの知識をしっかりと網羅できる一冊です。

この本は
ブロックチェーンを使ってサービスを提供したいと考えている方
情報に乗り遅れたくない方
これからテクノロジーを学びたい方
におすすめの本となっています。

購入はこちらから
ビットコインとブロックチェーン:暗号通貨を支える技術

ブロックチェーン・レボリューション~ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界をかえるのか?(ドン・タプスコット他2名:著書)

この本ではビットコインの根幹技術のブロックチェーンがどのように世界に影響を与え、世界の在り方を変化させるのか?テクノロジーの変化が生活に与える変容を記した本となっています。ビットコインの衝撃を物語る本となっており、世界中の有名なビジネスマンがこぞって称賛した1冊です。この本を読むことによりビットコインが世界に与えた衝撃や、今後の展開であったり、日常生活にどのように浸透していくのか?そういったことが分かる一冊となっています。

この本は
ブロックチェーンを使ってサービスを提供したいと考えている方
情報に乗り遅れたくない方
これからテクノロジーを学びたい方
ビジネスマンの方
におすすめの本となっています。

購入はこちらから
ブロックチェーン・レボリューション~ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界をかえるのか?

以上ビットコインを勉強するときに選ばれている本9つを紹介させていただきました。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です