【上場決定済&ICOスタート】NAMコイン(ナムコイン)の購入方法を徹底解説!

株式会社NAMによる医療系ICO、「NAM(ナム)」が2018年1月28日よりICOスタートしました。
大手情報サイトでもNAMコイン(ナムコイン)のICO情報が発表され、すぐにニュースが取り上げられています。

更にこのNAMコイン(ナムコイン)、ホリエモンも密かに注目していると言われています。

ニュースキュレーションサイトのNEWS PICKSにて下記画像の様にコメントしています。

とはいえNAMコイン(ナムコイン)の情報はまだネット上でも少なく、どのような事業を行うのか、どういう計画なのかは詳しく語られていません。
この記事ではNAMコイン(ナムコイン)の購入方法はもちろん、株式会社NAMがICOにて資金調達を行ってどのような事業を行っていくのかまで同社が発表したホワイトペーパーを元に詳しくご説明していきます。

NAMの購入について
特に購入方法はイーサリアムの送金がうまくいかない方が多数います。
購入を検討する方は記事後半の「NAMコインの購入方法」という箇所を参考にして下さい。

NAM COIN ICOサイト

またNAMコイン(ナムコイン)はイーサリアムでしか購入できないため、イーサリアム公式ウェブウォレットのMyEtherWallet(マイイーサウォレット)を作成しておくことをおすすめします。

取引所によってはNAMコイン(ナムコイン)が受け取れず、せっかく購入したのに消失してしまうこともあるのでNAMコイン(ナムコイン)だけではなくICOに参加するならウォレットの作成は必須です。
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の作成方法については下記記事を参考にしてください。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)登録と入金・送金方法を解説。

NAMコイン(ナムコイン)とは?

NAMコインは株式会社NAMが今後行っていく医療業界向けAIサービスの研究費や同社が開業していくAIクリニック事業、人工知能による問診BOTの開発を行うためのデジタル権利証となっています。

既に上場先が決まっており、アジア最大の取引所、ANXという取引所に上場予定となっています。

ANXは日本の仮想通貨ユーザーにはあまり馴染みの無い取引所ですが、ANXは2015年から運営をしている暗号通貨取引所で、2015年度の「香港で最も価値ある企業」に選ばれています。

発行量や購入金額はどれくらい?

NAMの発行量は現在発表されている情報だと1200億NAMが発行され、そのうち半分の600億NAMがICOにて販売される予定となっていますね。

購入金額は1NAM=1円となっており、購入する際のイーサリアムの価格によって変動します。
公式サイト内に換算ツールがありますので、気になる方はご使用下さい。

詳しくは後述しますが、購入する期間によってボーナスが付きます。
ボーナスが付く場合は1NAMの金額が1円ではなく、0.76円~となりますので、購入予定の方はなるべく早く購入することをオススメします。

NAMの購入方法やICOする取引所はどこ?

取引所に上場するまではNAMコインを手に入れる手段はプレセールに参加するのみとなります。
NAMコインの取引にはイーサリアムが使用されるため、NAMを購入される方は今のうちにある程度のイーサリアムの準備をしておきましょう

上場する取引所は先程も記載しましたが、ANXというアジア最大取引所に上場予定となっています。
試しに登録しようとしたところ、現在日本在住だと登録できない状況でした。

ただ登録できない旨を運営に問い合わせたところ、現在は登録できないですが、NAMの上場に合わせて日本のユーザーも登録出来るようになるとのことでしたので、ご安心下さい。

ちなみにNAMコインの購入にはマイイーサウォレットが必要になります。
取引所からイーサリアムを送金しても購入することは出来ません。

お持ちの取引所でイーサリアムを購入し、必ずマイイーサウォレットに送金を済ませておきましょう。

マイイーサウォレットの作り方に関しては下記の記事をご参考下さい。
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)登録と入金・送金方法を解説。

購入方法については記事の後半で画像付きで説明しています。
ICOの経験が少ない方はほぼ必ず迷いますので、絶対に記事を参考に購入して下さい。

株式会社NAMはどんな企業?

ICO企業に投資するならICOする企業がどのような事業を展開して、ICOするコインの価値をどのように高めていくのか気になりますよね。

NAMの由来は株式会社NAM代表の中野哲平氏の名字を用いた「Nakano AI Medical」を略してNAMとなっています。

行っていく予定の事業は以下の5つ。
・人工知能を利用した問診ボット、ドクターQの開発
・機械学習を利用した疾患予測モデル
・人工知能が推薦する健康食品
・深層学習とブロックチェーンを使った次世代カルテシステム
・上記を含んだサービスを提供できる「NAM AIクリニック」の開業

上記すべての事業を同時に行うのではなく、調達できた金額に応じてそれぞれの事業を展開していく予定とのことです。

国内発のICOとしては2017年最後のICO案件となっており、ICOに注目している仮想通貨ユーザーの中では話題になりつつあります。

またNAM自体が数多くの大手メディアで取り上げられており、注目度の高さが伺えます。

NAMコインは人工知能を利用し、医療業界に革命を起こすプロジェクト

ここまではざっくりとしたNAMの規模感だったりをご紹介しましたが、ここからはNAMがICOをすることによってどのような未来の実現を目指していくのかご説明します。

NAMが目指すのは人工知能を使って医療革命を起こすことです。
まあ一口に医療革命と言っても色々な種類の革命があると思いますが、NAMが目指す革命は大きく分けると2つに分けることが出来ます。

  1. 人工知能による問診、予防医療の実現
  2. 人工知能を利用した統合カルテシステムの開発

医療に関わっていない方からすると何のことやらわからないと思いますが、これ以降で詳しく説明するのでNAMプロジェクトの輪郭だけでも理解して頂ければと思います。

その1、人工知能による問診、予防医療の実現

NAMが実現する一つ目のプロジェクトが人工知能による予防医療です。

健康な皆さんが病院に行く時ってほとんどの場合が“体調が悪くなった時”ですよね。
忙しい時だと体調が悪くても病院に行かないですよね笑

つまり医療に関係するのは”不健康になってから“ということになります。
しかしある程度年齢を重ねると、ほとんどの方は体のどこかしらに何らかの不調を感じることがあるかと思います。

例を挙げると以下の様なことです。

  1. 最近なんだか体調が優れない
  2. ちょっとだけ微熱が出てる
  3. 最近急にお腹が痛くなることが多い
  4. 急にニキビが増え始めた
  5. 若い頃と比べると腰が痛い気がする
  6. 足の裏が痒いけど、これって水虫っぽい
  7. タバコの吸い過ぎで呼吸が荒れる

上記で挙げたのはほんの一例。
皆さんも思い当たるちょっとの体の不調って結構あると思います。

とはいえ上記の様な症状って病院に行くほどじゃないですよね?
おそらくはそのまま放置すると思います。

このような”病院に行くほどじゃないけど、ちょっとだけ不調”な状況をNAMプロジェクトでは予防医療の分野としてカバーしていきます。

人工知能を利用した問診ボット、ドクターQとは?

この予防医療分野でNAMが開発しているのが「ドクターQ」というサービスです。

ドクターQは日本国民のインフラとなっているLINEを活用したサービスとなっています。
下の画像の様にLINEから自分の症状を相談することができ、医師側は簡単に患者の状態を把握することが出来るようになります。

実際に私も触ってみましたが、自分の不安になる症状を入力すると病院に行くべきかどうかを教えてくれるLINEbotとなっています。
まだプロトタイプとなっており、質問できること、回答は非常に低クオリティですが、NAMがどのように予防医療の市場に入り込もうとしているのか、イメージは非常に分かりやすくなっています

実際にICOが完了し、がっつり開発が行われ、適切なマーケティングをすることが出来れば予防医療を意識して生活する人は増えていくだろうと感じました。

これは希望的観測にしかなりませんが、実際に予防という意味では歯科業界の事例が非常に参考になると思います。

参考リンク
キシリトールが売れると歯医者さんが儲かるのはなぜ?

キシリトールが定着するまで歯医者に行くのはほとんどが虫歯になった人。
定期検診を行う人はほとんどいなかったそうです。

 いわく、むし歯治療を必要としている人は、恒常的に人口の1割程度といわれており、残りの9割は、むし歯治療のために歯科に行く必要はありません。また、むし歯を治した人が、その歯の詰め物が取れるなどして次に歯科を訪ねるまでには3~5年ほどかかるそうです。そういう意味では、患者数およびリピート率は決して高くありません。

 一方「予防型」の歯科医は、むし歯を持たない9割の人を相手に仕事をしているのです。よって、そのビジネススタイルは治療メインではなく、むし歯にならないためのチェックアップ業務であり、 「半年に一度は定期検診を」というスタイルで仕事をしているのです。もちろん、こうした定期健診でむし歯や歯周病なども発見できますから、その際は治療も発生します。

予防医療による医療関係者のメリット

予防医療が発達することによって我々利用者だけでなく、病院側もメリットを享受することが出来ます。

病院は現在医療報酬という形で経営を行っており、検診をすればするほど利益が出る仕組みとなっています。
しかし本来であれば患者の痛みや不安を取り除いた際に成功報酬として治療費を受け取るのがあるべき形です。

なぜそれが難しいかと言うと”診断後の患者の把握が難しいから”です。

しかし国もその点を問題視しており、病院の質の評価に「疾患の経過把握率」というものを策定しています。
つまり診断した後、その患者は病気が治ったのかどうか、という指標ですね。

もちろん現在の仕組みでは軽い症状の患者の経過を医師が把握するのなんて不可能です。
毎日100人以上の患者を診察していたら、只の風邪の人を気にするのなんて物理的に難しいですよね。

ですがドクターQが普及すれば診断後の経過は全てドクターQ内の電子カルテにまとまり、「疾患の経過把握」を簡単に行うことが出来るようになります。

その2、人工知能を利用した統合カルテシステムの開発

もう一つは主に医療従事者向けの革命です。

先程少し出てきましたが、医療の現場ではカルテと言われる患者情報が常に利用されています。
あなたがAという病院で診察を受けたら、その診察情報はカルテに記載され、あなたがどういう病気になったのか、どのように治ったのか、が記載されています。

ところがあなたが引越してBという病院で診察を受けたらカルテは新しく作り直しです。
これまでどのような病気になり、どのような治療を行ったのかは病院間で共有されることはありません。

でもどう考えてもカルテの情報は病院間で共有された方が便利ですよね?

今までどのような治療を受けたのか、薬に対するアレルギー反応は有るか、どのような体質なのかをどの病院で診察を受けても医師が知っている状況にすることが出来れば多くのメリットを受けることが出来るのは明らか

しかし日本で電子カルテシステムは導入が失敗しています。
以下はNAMのホワイトペーパーから引用です。

2001年12月、e-Japan構想の一貫として厚生労働省が策定した「保険医療分野の情報化に向けてのグランドデザイン」において、2006年度までに全国の400床以上の病院および全診療所の6割以上に電子カルテシステムの普及を図ること」が目標として掲げられた。しかし現在いまだに達成されていない。

NAMプロジェクトでは先程ご説明した「ドクターQ」による問診ボットの作成により、電子カルテのデータベースを開発していきます。
医師はドクターQを利用し、患者のデータにアクセスすれば、これまでどのような診療を受けたのかをすぐに把握することが出来るようになります。

実際にカルテの共有は医療の現場でも必要性に迫られており、東日本大震災の際、カルテを津波で流された医療機関も多くありました。

カルテをデータとして保存しておくことの重要性は次なる災害が起こる前に導入されることを願う医療関係者も数多くいます。

NAMの事業計画やICOの予定はホワイトペーパーに全て公開されているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。
株式会社NAM ホワイトペーパー

NAMのICOスケジュールや発行枚数、ボーナスは?

NAMのスケジュール、発行枚数などの基本情報は以下となります。

スケジュール 2018年1月28日~3月28日
価格 1NAM=1円~2.5円
トークン発行総数 1200億NAM
トークン販売数 600億NAM

発行総数は1200億NAMですが、販売されるのは半分の600億NAMとなります。
なので調達金額としては600億円を目指していますね。

NAMコインの購入方法

ここからは1月28日からの販売開始に向けて、どのように購入すれば良いのかを画像付きで解説していきます。

購入の流れは以下のステップになります。
ステップ1.NAMにユーザー登録を行う
ステップ2.本人確認(KYC)を行う
ステップ3.「イーサの送金額」と「マイイーサウォレットのアドレス」を記入
ステップ4.「購入」ボタンを押す

メールでよくご質問を頂くのですが、イーサリアムの送金時のご質問が非常に多いです。
送金の際、詰まってしまう方が多いようですが、そちらしっかりと解説していますので、必ず確認して下さい。

ステップ1.NAMプレセールへ登録を行う

まずはNAMコインのプレセールページへアクセスして下さい。
アクセスして少しスクロールを行うと以下の様な新規登録項目が出てきます。

この新規登録の項目を埋めて登録ボタンを押して下さい。

入力項目
・USER NAME = ご自身で決めたユーザーID
・FULL NAME = 氏名
・PASSWORD = パスワード
・Confirm Password = パスワードの確認
・E-mail = 登録するメールアドレス
・Mobile = SMSが受信できる電話番号
・Address = 入力の必要無し。

ユーザー名と氏名ですが、登録の際はどちらも同じで大丈夫です。
ログインの際は登録アドレスとパスワードでログインすることが出来るので、ユーザーIDは深く悩まずご入力ください。
イーサリアムのウォレットは登録後でも大丈夫です。

電話番号に関するエラー
電話番号を入力する時、半角だと入力できない現象が発生している、と報告がありました。
もし半角入力してエラーが出た場合は全角で入力して下さい。

登録が完了すると登録したアドレスにユーザー登録確認のメールが届きます。
メール内にクリックするURLが記載されているので、そのURLをクリックしましょう。

クリックすれば登録は完了です。
購入方法については記事下部にてご説明致します。

ステップ2.本人確認(KYC)を行う

海外に在住の方だと、購入する際は本人確認を完了させなければなりません。
NAMコインのダッシュボードの一番下に「本人確認書類提出(KYC)」という箇所があります。

この箇所にお持ちの身分証をアップロードしましょう。

免許証の場合は上に表面と裏面をアップロードします。
パスポートの場合は顔写真が書かれたページを上に、現住所が記載されたページを下にアップロードしましょう。

上記の様な画像が出れば本人確認は完了です。

ステップ3.「ETHの送金額」と「マイイーサウォレットのアドレス」を記入

本人確認を行った後、購入申し込みを行って下さい。
※日本在住の方は本人確認無しでも購入出来ます。

購入は下記画像の様に左サイドバーの「NAMコインの購入はこちら」というボタンをクリックして下さい。

そうすると購入するETHの金額を入力するページが現れますので、以下の様に入力をして下さい。

送信ボタンを押すだけでは購入完了にはなりません。
ボタンを押した後、以下の様なページが出てきます。

上記で取得したアドレスに対してマイイーサウォレットから送金します。

マイイーサウォレットから送金する

送金先のアドレスが発行されたらマイイーサウォレットから送金を行いましょう。
まだウォレットの作成が終わっていない方は以下のリンクを参考にウォレットの作成を行って下さい。

マイイーサウォレットの作成方法
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)登録と入金・送金方法を解説。

送金をするには、まずマイイーサウォレットの上部タブから「Ether/トークンの送出」というボタンをクリックして下さい。

クリックすると下記の様なページが現れます。

秘密鍵を入力すると「アンロック」というボタンが現れますので、そちらをクリックしてロックを解除して下さい。

アンロックすると「Ether/トークンの送出」というページに遷移します。
以下の画像の通りに購入するETHの数量や送金先のアドレスを入力しましょう。

購入方法まとめ

  1. 先程入手した送金アドレスをコピペし、宛先アドレスに貼り付け
  2. 送出数量に送金するETHの量を記載
  3. GAS(送金手数料)を入力
  4. トランザクションの作成をクリック
  5. トランザクションの送出をクリック

以上の順序でNAMコインの購入が完了です。
ただし、1つ注意点があり、イーサリアムを送金する際のGASは絶対に75,000と入力して下さい。

現在イーサリアムではトランザクションの詰まりが起こっており、通常より高い手数料での送金をオススメしています。
NAMコインのダッシュボードにも記載がありますが、ガスリミットの箇所は75000と入力し送金しましょう。

通常の手数料よりも高い設定をしなければなりませんが、現在は75,000GASに設定しないとそもそも届きません。
ちなみに75000GASでも数十円ですので、ここは絶対にケチらないようにしましょう!

実際に購入してみた

実際にNAMのICOに管理人の私も参加してみました。

上場が確定していることもあり、いつも少額しか参加しないですが、NAMに関しては42ETH購入しました。
今後NAMがどうなるかはプレセールが終わるまで分かりませんが、NAM上場後の動きなどもこの記事で追記していければと思います。

NAMコインのプレセールはこちら
NAMコインICOプレセール公式サイト

注目のICOニュース ※2月5日更新

※あくまで四六時中仮想通貨をやってる管理人が注目しているICOの情報です。
実際の購入は個人の責任でお願いします。

現在は1つです。注目銘柄は都度追記していきます。

NAMコイン

株式会社NAMが2017年11月にICOにて100億円の調達を目指すことを発表しましたね。
大手情報サイトでもNAMコインのICO情報が発表され、すぐにニュースが取り上げられています。
ホリエモンも密かに注目していると言われています。

詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
【上場決定済】100億円のICOを目指すNAM(ナム)コインとは?NAMの購入方法を徹底解説

未公開の仮想通貨だから今後絶対上がります!
という詐欺もあるようなので仮想通貨をやってる人は情報の精査する力を身に着けましょう。


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


8 件のコメント

  • NAMCOINを購入したくて、準備はしたのですが、1イーサを送金するのに、何gasが必要ですか?いくら必要ですか?教えてください。

    • 林様
      コメントありがとうございます。

      >>NAMCOINを購入したくて、準備はしたのですが、1イーサを送金するのに、何gasが必要ですか?

      ご質問の件ですが、昨日にNAM公式からもGASについての注意喚起のメールが届いておりました。
      現在イーサリアムでトランザクションの混雑が起こっており、推奨の20,000GASより多くのGASをお使い下さい。と来ております。
      ※NAMコインの管理画面上でのおすすめは75,000GASとなっております。

      1.5倍、2倍と増やしていけば送金できる様になりますので、お試しください。

    • 福永様
      コメントありがとうございます。

      KYCの登録は正直どれくらいか分かりません。
      私の場合は3時間程度で済みましたが、人によっては半日ほど掛かる方もいるそうです。

      日本在住の方は本人確認が終わって無くても買えるようなので、お急ぎの場合は完了を待たずに送金して大丈夫だと思います。

    • BIRTH様
      コメントありがとうございます。

      どこの取引所の価格を参考にしているかは分かりませんが、そのときのETHの値段を元にNAMの購入金額を算出しているようです。
      NAMに登録後、NAM管理画面の左サイドバーにある「NAMコインの購入はこちら」というリンクをクリックすると、ページ下部に現在のETHの価格とNAMが日本円でいくらなのか情報が出ています。
      そちらをご確認して頂ければと思います。

  • わかりやすい内容でスムーズに登録できました。NAM1イーサ購入しました。
    私の稼ぎでははこれが最大です
    この内容を信じて期待します。

    • 毎日仕事様
      コメントありがとうございます。

      >>この内容を信じて期待します。
      そうですね。ホワイトペーパーに記載されていることが実現すれば社会的に価値が高いことだと感じていますので、私も成功を祈っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です