ビットコインのハードフォーク問題とは!時期はいつ?8月1日?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ビットコイン、分裂の危機!?

結論を書きます。
ビットコインの分裂問題は、2017年7月23日にめでたく回避されました!

と言っても、もう少し様子見が必要かもしれません。

ただ、この問題は今後の仮想通貨業界を考えるうえで大切なことでもあるので、せっかくですからこの問題をもう詳しく、わかりやすく説明します。

多くのトレーダーにとっては…

ビットコインの保有者や、短期売買トレードを繰り返すトレーダーの間で、ビットコインのハードフォーク問題が話題騒然となっていました。

多くのトレーダーにとっては、

「何でもいいよ、ビットコインの価値が下がらなければ」

「いやいや、価値が下がってもFXで売りから入って利益を出すから大歓迎」

など、利益を出せるか…損失になるか…とその辺の興味が尽きません。

ビットコインの価格の爆上げ、あるいは大暴落を期待して、少し前からからポジションを仕込んでいる投資家もいたでしょう。

仮に価格が3倍に上がったら、100万円分のビットコインを保有していたら300万円になり、利益は200万円にもなります。

多くのトレーダーにとっては、ビットコインのハードフォーク問題とは、爆益を得られるかどうかの問題と言えました。

まずはハードフォークとソフトフォークを知ろう

ハードフォークとソフトフォークについては下記の記事で解説しています↓

ソフトフォークとハードフォークの違い!ビットコイン問題どうなる?

 

なぜビットコインはフォークを行うのか?

ビットコインとは、取引データを記録するブロックが繋がったブロックチェーンそのものです。

繋がっているブロックの後ろの方はデータに手を加えることがきでない…これが絶対的なルールです。

ところが、ビットコインは利用者が増えてしまったため、取引量が増え、取引データも増え、そのことでブロックに記録できるデータがいっぱいいっぱいになってしまいました。

このために、ブロックの仕様をどうにかする必要が出てきたのです。

これはだいぶ前から問題視されていたので、多くの人々で話し合われていましたが、ビットコインはたくさんの人が関わっているため、色々な意見や思惑があり、なかなか結論が出せないでいました。

そんな中、2017年3月に「BIP-148」という提案書が出されました。

8月1日にフォークを行うという内容です。

これにより「8月1日はビットコイン運命の日」となり、みんなが注目するようになります。

フォークで仕様変更すれば、めでたしめでたし?

ビットコインがハードフォークを行った場合、オリジナルのビットコインは新しく分岐したブロックを継承し、以前のブロックを継承した方は新しい仮想通貨として存在することになります。

新しい通貨は「ビットコインキャッシュ」と予定されていました。

ビットコインがソフトフォークした場合、みんながそれを受け入れたら問題ありません。

ただ、反対する人がいると、その部分のブロックは取り残されてしまいます。
このため、反対する人がいるなかでソフトフォークを行うと、利用者は問題が解決するまで取引ができません。

「結局どうなるの!?」

マーケットが混乱する中、今度は「SegWit2x」という提案書が出てきました。

ビットコインを分裂させない!

「SegWit2x」では今までにない案が提案されます。

この案を簡単に説明すると、

「ビットコインを分裂させないために、2017年8月1日より前に問題を解決してしまおう!」

「Segwit(Segregated Witness)すれば問題は解決するはずだ!」

という内容です。

Segwitとは、簡単に言えば、取引データを圧縮してデータを小さくすることです。

これが成功すればビットコインは問題が解決して、8月1日の分裂の危機を免れます。

「SegWit2x」が成功したワケ

結局のところ、7月23日に問題が解決したとされますが、なぜ今まで解決しなかった問題が解決したのでしょうか。

ビットコインは1000種類あるともされる仮想通貨の中で、1BTC=300,777円(2017年7月23日19時30時点)という極めて高額な通貨です。

一言で言えば誰もが「このゴタゴタした問題で損をしたくない」からでしょう。

マイナーと呼ばれる採掘者たちは結局のところ「SegWit2x」での仕様変更を受け入れたのです。

ビットコインキャッシュとは?BTCチャートで見る新仮想通貨の未来!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA