ソフトフォークとハードフォークの違い!ビットコイン問題どうなる?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨もアップデートが必要?

PCやスマホは、アップデートをすることで、新しい機能や不具合が解消されます。

仮想通貨ではこのアップデートを、ソフトフォーク・ハードフォークと呼んでいます。

この2つを説明するとなると、かなり難しい単語が飛び交うため、初心者にはかなり「?」な内容となります。
むしろ内容的には、仮想通貨を作る側向け OR 投資上級者向けとなります。

とは言え、知っておいて損はありません。

今回の記事では、ソフトフォークとハードフォークの違いという上級者向けの内容を、ビットコイン問題と絡めて、超初心者にもわかるように解説します。

フォークとは?

フォークとは、分岐という意味です。

ブロックチェーンがフォークするとは、ブロックチェーンが分岐するという意味です。

ブロックとは、限られたデータ量しか記録できない取引データを記録する場所です。

ブロックチェーンとは、そのブロックが鎖のように繋がったものです。

仮想通貨には管理者(日本国なら総理大臣)がいない代わりに、厳格なルールが存在します。
フォークでは、アップデートによりこのルールを新しいものに変えるのです。

ちなみに、ビットコインで問題視されていたのは、

「データの量が増えてきて処理速度が遅くなってきたけど、ブロックをどうしよう?」

「どうにかしたいのに、関係者の意見が全然まとまらない!」

「このままだと関係者の意見が対立して、ビットコインも分裂するかも」

「ビットコインが分裂したら価値が下がって損をするかも。どうしよう?」

という心配事です。

ソフトフォークとは?

ソフトフォークとは、互換性のあるアップデートです。
Windowsのアップデートみたいなもので、実行した後でも以前のデータはそのまま有効です。

【ブロックチェーンの構造】
□は旧ブロック
→はアップデート
■はアップデート後の新ブロック

□□□→■
■■■■■■■■■

上記の通り、ソフトフォークすると当然分岐します。

ただし「最も長いブロックチェーンを有効とする」といったルールがあるため、短い方は無効になります。

ハードフォークとは?

ハードフォークとは、互換性のないアップデートです。

【ブロックチェーンの構造】
□は旧ブロック
→はアップデート
■(A)はアップデート後の旧ブロック
■(B)はアップデート後の新ブロック

□→■■■■■■■■■(A)
■■■■■■■■■(B)

ハードフォークもやはり分岐します。

■(A)は、旧ルールのまま。
■(B)は、新ルールを適用。

つまり、■(A)と■(B)はまったく違うブロックチェーンになり、新しい仮想通貨が1つ産まれるのです。

旧ブロックのほうが新しい通貨になり、新ルールに変わったほうはオリジナル通貨として扱われます。

ちなみに、問題視されていたビットコイン問題では、■(A)を「ビットコインキャッシュ」という名称にする予定でした。

ビットコインもアップデートしている…けれども…

利用者が圧倒的に多いビットコインですが、もちろんアップデートは必要ですし、過去にも行われています。

ただ、通貨分裂を起こすハードフォークはまだ行われていません。

私事で恐縮ですが、ウィルス対策ソフトのアップデートはしますが、PC…Windowsのアップデートはあまり行いたくありません。

それと言うもの、妙にPCが重くなったり、使いにくくなったりするからです。

「今のPCの機能で十分満足しているので、新機能なんて必要ない」

「致命的な不具合でない限り、何もしたくない」

と、思ってしまうのです。

ビットコインのアップデートに反対する人たちも、反対意見の内容こそ私とは違いますが、

「余計なことをしないでくれ!」

大体こんなところでしょう。

ビットコインは大きなアップデートがしにくいのです。

ビットコイン問題とは?

“ビットコインの問題”とは、

あまりに巨大で、高額になりすぎた仮想通貨ゆえに、ビットコインを取り巻く関係者の数や思惑も多く、本来速やかに行われるはずのアップデートがなかなか実行できない状態にあり、最悪の場合、意見が分かれたことでハードフォークを行うことになり…

結果ビットコインが分裂するということです。

幸いなことに、2017年8月1日に不安視されたビットコインの分裂問題は回避されたようですが、今後さらなる問題が起きないとは言えません。

これからも仮想通貨に投資を続けるなら、ビットコインのハードフォークに関する情報には、今後も注目していた方が良さそうです。

ビットコインキャッシュとは?BTCチャートで見る新仮想通貨の未来!

【期間限定!無料】これから仮想通貨を始める方へ

「世界一やさしい仮想通貨の教科書」が無料で配布されてます!
管理人も一通り目を通しましたが、仮想通貨の基礎について非常にわかりやすく紹介されているので仮想通貨を始める方におすすめです。

2017年1月、10万円だったビットコインの価格は、12月には200万円という価格にまで成長しました。

なぜビットコインは20倍以上の成長を見せ、他の仮想通貨(アルトコイン)も価格が上がり続けるのでしょうか?

今回は、仮想通貨が上がり続ける理由、そして仮想通貨の本質が理解できる、2冊の電子書籍を無料でプレゼントいたします。
引用:世界一やさしい仮想通貨の教科書

ダウンロード版には池上彰さんの動画リンクなどもあり、ブロックチェーンやビットコインの今後について、有識者の見解を知ることもできます。

この記事を書いた人

管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です