bitFlyer(ビットフライヤー)への登録・口座開設方法と入金方法を画像付きでわかりやすく解説!

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)は、ビットコインの取引量が日本一でビットコイン以外にもイーサリアムやモナコイン、最近上場したリスクなど取り扱っている仮想通貨の種類も多い取引所です。

bitFlyer(ビットフライヤー)への登録自体はメールアドレスとパスワードを設定するだけなのですが、それだけではウォレットクラスというアカウントグレードで、実際に取引を行うには本人確認などを行いトレードクラスにならなければなりません。

そこで今回は、bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設をトレードクラスになるまで画像つきで紹介してみたいと思います。

記事の後半では実際の入金方法や、通貨の購入方法についても紹介していますのでぜひ参考にしてみてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設はこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)への登録・口座開設方法


では実際にbitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法を紹介していきます。

お金を扱うため、やることは多いですが簡単かつ短時間で手続きは終わるので本記事を参考に登録を行ってみてください!

また、今回はPCでの登録方法を紹介しますが、スマホアプリからでも登録は可能です。

スマホアプリからの登録方法は下記の記事で解説されていますので参考にしてみてください。
bitFlyerアプリでアカウントを作成する方法

HPにアクセスしメールアドレスの登録

bitFlyer(ビットフライヤー)ではメールアドレスでの登録以外にFacebookアカウントやYahooID、Googleアカウントで作成ができます。

この方法はボタン一つで登録が済んでしまうのでかなり簡単かつお手軽な登録方法なのですが、実はリスクが大きくあまりおすすめではありません。

  1. Facebookやその他アカウントのIDとパスワードが流出してしまうと、bitFlyer(ビットフライヤー)にもログインできるようになってしまう
  2. bitFlyer(ビットフライヤー)のログイン前にアカウントにログインするため、自動ログインを設定しているスマホは他人でも簡単にログインできる
  3. アカウント凍結などでそのアカウントにログインできなくなったらbitFlyer(ビットフライヤー)にもログインできなくなってしまう

このように、その他アカウントでのログインはリスクが大きいため、多少面倒でもメールアドレスでの登録が安全なのでおすすめです!

下記の記事でもソーシャルログインの危険性について詳しく解説しています。
【注意】coincheckやbitFlyerにFacebookでユーザー登録してはいけない理由

今回はメールアドレスでの登録方法を紹介していきます。

まずはHPにアクセスしメールアドレスを入力して、「アカウント作成」ボタンをクリックしましょう。

すると入力したメールアドレス宛に、bitFlyer(ビットフライヤー)からキーワードが届くので入力し「アカウント作成」をクリックします。

メールが届かない場合は入力したアドレスが正しいかを確認してみてください。

また、スマホの場合は迷惑メール設定などを見直し、PCの場合は迷惑メールボックスに入っていないかを確認しましょう。

利用規約など各事項を確認し、チェックを入れてボタンをクリックすると最短で取引できる手順案内が表示されますのでこの手順に沿って登録を進めていきます。

即日入金をするつもりがない人も、途中のアカウント登録作業は同じなので同様に手順を進めていきましょう。

ちなみにこの状態では登録は完了していますが、実際に取引を行うことはできません。

bitFlyer(ビットフライヤー)には登録状況によって「ウォレットクラス」と「トレードクラス」に分かれており登録しただけでは仮想通貨を保持するだけのウォレットクラスであるからです。

取引を行うには、ランクを上げてトレードクラスになる必要があります。

トレードクラスになるには

・基本情報の登録
・本人確認資料の提出
・取引目的の確認
・書留郵便の受取

が必要なので順に説明していきたいと思います。

基本情報の入力

まずはじめに基本情報を登録していきます。

ここで入力する住所などは、後ほど提出する本人確認書類に記載されている内容と同一でなくてはいけませんのでご注意ください。

入力が完了したら確認ボタンをクリックします。

入力した内容を確認し、不備がないか見直したら登録ボタンをクリックします。

登録が完了したら続いて本人確認書類の提出に進みましょう。

本人確認書類の提出

次に本人確認書類の提出を行うのですが、bitFlyer(ビットフライヤー)で認められている本人確認書類は以下の通りです。

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・住民基本台帳カード
・各種保険証・共済組合会員証
・各種健康保険証
・各種年金手帳
・各種福祉手帳
・印鑑登録証明書
・住民票の写し
・在留カード
・特別永住者証明書

今回は運転免許証での本人確認書類提出を行いたいと思います。

提出する書類を選択し、写真をアップロードします。

この時、光の反射などで書類の内容が不明瞭であると、本人確認書類の提出として認められません。

アップロードした際は、しっかりと書類の内容が確認できるかチェックしておきましょう。

また、重複になりますが基本情報と本人確認書類の情報に違いがあると本人確認書類の提出が認められらません。

さらに最終的に本人受け取り必須の書き留め郵便でハガキが届くので、登録する住所と本人確認書類の住所は今自身が住んでいる住所にしておきましょう。

※著者は本人確認書類の運転免許証の住所が旧住所のままになっており、本人確認不可になったので免許証の住所変更にいきました!

次に本人確認書類の提出が完了したら次に取引目的の設定を行います。

ちなみに、本人確認が完了できない場合は本人確認書類に不備があると考えられます。

登録している住所と本人確認書類が一致しているかアップロードした写真の内容が見えないなどがないか確認しましょう。

各本人確認書類については公式サイトでも説明されているのでそちらも確認しておきましょう。
ご本人確認資料 bitFlyer(ビットフライヤー)

利用目的の設定

続いてbitFlyer(ビットフライヤー)で取引をする目的を設定しましょう。

志望動機のような難しいものではなく、選択肢の中から選択するだけなので簡単ですよ。

選択して入力したら、最後に銀行口座に登録をしましょう。

銀行口座の登録

最後に銀行口座を登録します。

基本的に登録した口座から入金することになるので、銀行口座は登録しておきましょう。

ちなみにここで登録する口座とは別の口座からbitFlyer(ビットフライヤー)へ入金すると、入金情報に反映されず日本円の資産が増えませんので要注意です。

もし、別の口座から入金してしまっても、入金した口座情報に登録しなおせば入金情報に反映されるので別の口座から入金してしまった場合は口座情報の再登録をしましょう。

主要銀行から選択し、支店名を選択します。

口座番号と口座名義を入力したら確認ボタンをクリックします。

確認画面にて入力情報に不備がないか確認し、問題がなければ登録ボタンをクリックし口座情報の登録は完了です。

以上でbitFlyer(ビットフライヤー)でのアカウント登録は完了です。

あとは登録した住所宛に転送不可の書留郵便が届き、受け取り後にトレードクラスとなります。

実際に届いたのはこんな感じのハガキです。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設はこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設したらやっておくべき二段階認証設定

口座の開設が完了したら二段階認証設定を必ず行いましょう。

二段階認証は登録メールアドレスとパスワードの他に確認コードによる認証を行いログインを2重にするセキュリティ方法です。

bitFlyer(ビットフライヤー)での認証方法は電子メール、携帯電話でのSMS認証、認証アプリと3種類あります。

二段階認証を設定できるのは、以下の状況です。

・ログイン時
・外部アドレス登録時
・日本円出金時
・仮想通貨の外部送付・bitWire時(必須)

設定はログインメニューの設定から行うことができます。

取引所のセキュリティレベル向上には必須の設定なので、これから取引を行う方は必ず設定しておきましょう。

電子メールでの認証方法

二段階認証の設定はログインメニューの設定から行うためログインし、メニューの「設定」をクリックします。

メニューの「セキュリティ設定」をクリックします。

セキュリティ設定のメニューでは、現在のセキュリティの適用状況が確認できます。

設定するには下の「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

暗証番号を入力し「次へ」をクリックします。

登録したメールアドレスあてに確認コードが届くので入力し「次へ」をクリックします。

認証方法といつ認証するかを選択し、「次へ」を入力します。

登録したメールアドレスあてに再度確認コードが届くので入力し「二段階認証を設定する」をクリックします。

「設定画面に戻る」をクリックして設定完了となります。

携帯電話でのSMS認証方法

続いては携帯電話でのSMS認証設定ですが、途中までは同じやり方になります。

ログインメニューの「設定」をクリックします。

メニューの「セキュリティ設定」をクリックします。

「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

暗証番号を入力し、「次へ」をクリックします。

認証方法といつ認証するかを設定し、「次へ」をクリックします。

携帯電話にSMSで届いた確認コードを入力し、「二段階認証を設定する」をクリックします。

「設定画面に戻る」をクリックし設定は完了となります。

認証アプリでの認証方法

ログインしメニューから「設定」をクリックします。

メニューの「セキュリティ設定」をクリックします。

「二段階認証設定を変更する」をクリックします。

携帯電話にSMSで届いた確認コードを入力し、「次へ」をクリックします。

認証方法といつ認証するかを設定し、「次へ」をクリックします。

・Google Authenticator
・Authy
・Duo Mobile

上記3つのアプリのうち、いずれかをインストールするのですが、今回は実際にしようしている「Google Authenticator」での認証方法を紹介します。

アプリをインストールし起動し「設定を開始」をタップします。

QRコードで設定する場合は「バーコードをスキャン」を選択してbitFlyer(ビットフライヤー)の画面に表示されているQRコードをスキャンします。

手動で設定する場合は「手動で入力」を選択してbitFlyer(ビットフライヤー)の画面に表示されているアカウントキーを入力して設定します。

設定後表示される認証コードを先ほどのbitFlyer(ビットフライヤー)の画面に入力し、「二段階認証を設定する」をクリックします。

「設定画面に戻る」をクリックし設定は完了となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設はこちらから

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法

bitFlyer(ビットフライヤー)でのアカウント登録が完了したら、実際に入金して仮想通貨を購入してみましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)では入金方法として「クイック入金」と「銀行振込」があり、いずれもメニューの入出金から行うことができます。

クイック入金

クイック入金ではネットワーク上で日本円を入金できますが、手数料が324円発生してしまいます。

例えば10,000円を入金する場合は手数料込みの「10,324円」を入金しなくてはいけません。

口座情報登録後の画面もしくは入出金メニューから入金を行いますが、クイック入金の場合は入金額相当の資産の移転が7日間制限されます。

これは例えば、100,000円でビットコインを購入したとして、7日以内に価格が上がり売却して130,000円になったとしたら出金できるのは余剰分の30,000円しか出金できないということです。

さらに書留郵便を受け取っていない場合、仮想通貨の送付、bitWire、ビットコイン使用のPayサービスが利用できないので注意しましょう。

クイック入金の方法は以下の3つになります。

インターネットバンキングでの入金

・ペイジー
・住信SBIネット銀行
・自分銀行
・イオン銀行

銀行 ATMから入金する場合

・ペイジー

コンビニから入金する場合

・ローソン
・ファミリーマート
・サークルKサンクス
・ミニストップ
・デイリーヤマザキ
・スリーエフ
・セイコーマート

入金する場合は金額を指定し、希望する入金方法を選択しそれぞれ手順にしたがって入金します。

あとは入金されるのを待つだけです。

時間はそこまでかからないので、あまりにも遅い場合は問い合わせましょう。

また、クイック入金についてはbitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金や手数料!反映時間は?でも解説していますので読んでみてください。

銀行振込

銀行の営業時間内であるなら銀行振込がもっとも簡単でわかりやすいです。

振込先は三井住友銀行もしくは住信SBIネット銀行が選択できます。

・三井住友銀行

・住信SBIネット銀行

入金確認にかかる時間も、当日に行われるので感覚的にはクイック入金とそれほど違いはありません。

重複になりますが、銀行振込を行う場合はbitFlyer(ビットフライヤー)に登録している口座からの入金以外は入金情報に反映されませんので要注意です。

もし、別の口座から振込を行ってしまった場合は、口座情報を入金した口座に登録しなおせば入金情報が反映されるので落ち着いて対処しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設はこちらから

実際に取引所と販売所でそれぞれ購入してみた。


bitFlyer(ビットフライヤー)での購入方法には、bitFlyer(ビットフライヤー)から直接通貨を購入する販売所での購入と、通貨を所持している個人から購入する取引所の二つがあります。

取引板での取引対象はビットコインのみとなっており、アルトコインの取引はできません。

では実際に二つの方法で購入してみたいと思います。

販売所での購入

販売所での購入はお店で購入する感覚なので、簡単かつ確実に購入することができますが取引板での最低金額より高い金額で売られています。

そのため、販売所での購入金額と取引板での購入金額には開き(スプレッド)があり、取引板で購入するより損してしまう可能性があります。

ビットコインの購入

まずはメニューのビットコイン販売所をクリック。

画面中央の数量を入力し、問題なければ購入をクリックして購入の完了です。

購入後、画面上部のBTCの資産が増えていれば無事購入完了となります。

また、売却する時は売却したい数量を入力し、売るをクリックすれば売却可能です。

アルトコインの購入

アルトコインの購入もビットコインと同じ手順で行うことができます。

まず、メニューのアルトコイン販売所をクリックします。

買いたいアルトコインを選択して、ビットコインと同様に購入したい数量を入力し買うをクリックして購入完了です。

取引所での購入

取引板での購入はビットコインのみとなっており、アルトコインは取引板で売買はできません。

メニューの取引所を選択し、取引の画面に移動します。

取引メニュー緑色が売り注文でビットコインを売りたい人、赤色が買い注文でビットコインを買いたい人となります。

購入するには、買い注文を出さなければならず、画面中央の数量と金額を入力するのですが、この時入力する金額は1BTCの金額を入力します。

つまりは、「1BTCがこの金額の時、そのうちのこの数量分を買いたいですよ」という買い注文になるのです。

この1BTCの金額が売り注文とマッチした場合は取引が行われ手数料を引いた分が資産となりますが、そのまま取引が流れるまたはキャンセルした場合は手数料が引かれることはありません。

取引の履歴は画面下部から確認する事ができ、注文のキャンセルは履歴から×をクリックすると注文をキャンセルすることができます。

また、取引が完了するとステータスが完了となります。

まとめ:仮想通貨を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)に登録・口座開設しておこう!

登録は手順こそ多いものの簡単な作業しかないので、登録・口座開設しておくことをおすすめします。

bitFlyer(ビットフライヤー)はビットコイン取引量が国内取引所で一番多く画面も見やすく初心者の方にも扱いやすい作りになっています。

また、サポートのお問い合わせにも早めの対応なので、これから仮想通貨投資を行う方はまずbitFlyer(ビットフライヤー)で口座開設してみましょう!

ちなみにbitFlyer(ビットフライヤー)では、様々な会員特典を開催しています。
 会員特典 bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットコインをもらえるお得な特典もあるので、登録・口座開設をしてチャレンジしましょう!

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録・口座開設はこちらから

仮想通貨の情報収集でお困りの方

本業の傍ら仮想通貨に取り組んでいる方の中には、情報収集で消耗している方も多いと思います。
管理人もその1人です。

そこで効率よく情報を収集するために管理人おすすめの無料メルマガを2つ紹介します。

Crypto Club Japan(初心者〜中級者)

Crypto Club Japan
仮想通貨投資のエキスパートたちが 日々情報を精査し、より質の高い情報提供を目指します。

メールアドレス登録後、メルマガでの情報を受け取ることができ、その他にもLINE追加で日々の情報を得ることができます。
情報共有セミナーもやってるので興味ある方は一度参加されてみてください。
メルマガやLINEの登録は無料ですので、登録しておくことをオススメします。

Crypto Club Japan

Bspeak!(中級者〜上級者)

Bspeak!

上記のようなメルマガの内容となっており、どちらかというと上級者向けの情報がメインとなっております。
Crypto Club Japanと同様で無料なのでこちらも登録しておくべきメルマガになります。

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です