仮想通貨Sprouts(スプラウツ)とは 魅力や購入方法、将来性など

皆さん、仮想通貨Sprouts(スプラウツ)をご存知でしょうか?

知名度はまだまだ低いですが、少しずつ価値を高めており、今後高騰する見込みのあるコインとして注目を集めています。

今回はそんな仮想通貨Sprouts(スプラウツ)の買い方や今後の将来性などについて解説していきます。

仮想通貨Sproutとは?

そもそもSprouts(スプラウツ)は、なんらかの金融機能を持ったコインではありません。
Sprouts(スプラウツ)は、慈善活動を目的として開発されたアルトコインです。

社会貢献を重要視したコインは数多くありますが、慈善活動を主な用途としたコインはあまり多くありません。
ホワイトペーパーにある主張としては、既存の仮想通貨は金融の課題は解決できても、環境問題や社会課題の解決を目指すとしています。
Sprouts(スプラウツ)の普及を通じて、そのようなもっと大きな地球全体の課題を解決できる手助けをしたいとのこと。

Sprouts+(スプラウツプラス)へ移行予定

またSprouts(スプラウツ)はSprouts+(スプラウツプラス)という新しい仮想通貨としてバージョンアップする予定
新しいコインへの移行期間を数週間用意してユーザーに告知するとのことです。

最近新しくSprouts+(スプラウツプラス)へとアップデートされ、既にホワイトペーパーも発表されています。
Sprouts+(スプラウツプラス)のホワイトペーパーはコチラ

Sproutのチャート・価格推移

2018年1月12日現在、Sprouts(スプラウツ)の価格は1SPRTS=約0.0015円
他のアルトコインやトークンと比べると、まだまだ価格が低いコインです。

しかし、現在の時価総額は約28億円
また日本語コミュニティもあるので、ユーザーの増加が期待できます。

余剰資金を活用するのであれば、投資する価値は十分にあるでしょう。
まだまだマイナーなコインで時価総額も低いので、価値を失うリスクを考慮に入れる必要があります。

時価総額が低くても上昇する余地がある

Sprouts(スプラウツ)の時価総額はまだまだ低いのが現状。

しかし、それが逆にチャンスでもあります

時価総額が上位過ぎると、価格が上がる見込みはほとんどありません。
イーサリアムやNEM、リップルなどは1単位当たりの価格が3桁以上になってしまい、爆発的な差益を生み出しづらくなっています。
1単位当たりの価格が1円にも満たないSprouts(スプラウツ)が時価総額でランキング30位以上になるのは想像しにくいでしょう。

だからこそ、将来性を見据えて投資をする価値があると言えます。
仮想通貨ユーザー間でもあまり注目されていないコインだからこそ、爆発的な利益を狙える可能性があると言えます。

Sprouts(スプラウツ)に買いが発生する可能性がある理由

2018年1月12日現在、まだまだ時価総額が低いSprouts(スプラウツ)ですが、それでも仮想通貨ユーザーの買いが集中し始めてきています。
投機対象となっている理由としては次の通り。

他のコインで得た収益が流入する可能性がある

一般的にSprouts(スプラウツ)のような価値が非常に低いコイン(草コイン)は、少し価値が上のコインの収益が流入する傾向があります。
草コインに投資をして収益を確保した人は、また次に高騰しそうな草コインがあるかどうか探し始めます。

Sprouts(スプラウツ)と同じく低価格のコインに、XPというコインが存在。
仮想通貨取引雄coinexchangeのMARKETを見てみますと、XPの方がSproutよりも上位に来ています。

Sprouts(スプラウツ)の価格は、1SPRTS=約0.0015円。
価格が非常に低く、まさに余剰資金を投入するには最適なコイン。

またXPの価格高騰である程度収益を確保しているため、気軽に他のコインに投資をしやすいという事情もあります。
つまり、Sprouts(スプラウツ)はXPで一部利益を手に入れた人たちの資金が流入しやすいポジションにあると言えるでしょう。

かなりの低価格なので買われやすい

現在の仮想通貨市場では、とにかく価格が安い通貨ほど買われやすい傾向にあります。
安いコインの場合、発行枚数が極端に多いなどの気になるところはあるものの、現状に関係なく買いが集中しやすくなっています。

現在のところSprouts(スプラウツ)の価格は約0.0015円ほどなので、仮に10000円で購入したとしても15万Sprtsも保有することが可能。
実際のところはたくさんの枚数を保有していたところでたいした意味はありません。

ですが、仮想通貨バブルとなっている現状では少しでも多くのコインを保有できる草コインにお金が流れています。
これが、リップルなどのように1sprts230円であれば、そこまで買いが集中することもありません。

今日の仮想通貨市場では、「値段が安そうだから買ってみよう」というユーザーの心理状況で格安のコインが買われやすくなっています。
また安いので、少し多く買ったとしても大損する可能性はあまり高くありません。

チャートの変動が大きくなれば、ユーザーによる上昇期待から価格が高騰する可能性は大いにあります。

今後のアップデートで将来性が期待できる

前述の通り、Sprouts(スプラウツ)は新しくSprouts+(スプラウツプラス)へとアップデートされる予定。
最近まで開発が停止されている状態が続いていましたが、Sprout+へのアップデートに伴い開発が再開。

基本的に仮想通貨は開発が中止しているうちは、新たな市場に出てくることがありません。

開発が再開されたことによって、今後国内外で新たにSprouts(スプラウツ)を取り扱う取引所が増える可能性が出てきました
新たに仮想通貨取引所へ上場すれば、価値が大幅に上昇することが期待できます。

日本語コミュニティーの存在

Sprouts(スプラウツ)には、Discordというチャットアプリの非公式日本語コミュニティがあります。
ユーザーの数も増加傾向にあり、コミュニティの動きも活発化してきている模様。

登録はメールアドレスとご自由に決めたパスワードのみで完了。
他のユーザーとの情報のやり取りをしたい場合におすすめです。

twitterでの反応

日本国内でもSprouts(スプラウツ)への高い期待の声が見られるようになりました。
ここでは最近あったTwitterでの声をいくつかご紹介します。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

このようにSprouts(スプラウツ)への期待感が高まってきています。
特にTwitterは仮想通貨ユーザーの生の声を知ることができる貴重なコミュニティー。
Sprouts(スプラウツ)はもちろん、今後の仮想通貨の動向を知っておくためにも逐一チェックしてみましょう。

Sprouts(スプラウツ)を購入するには

現在、日本国内にはSprouts(スプラウツ)を取り扱っている取引所はありません。
ですので、購入できるところは海外の取引所のみとなります。

おすすめは、CoinExchange(コインエクスチェンジ)
登録はメールアドレスとユーザー名だけなので、簡単にできます。

Coin Exchangeで購入する方法

日本円では買えない

Coin Exchangeで購入するときは日本円は使えません
BTC建てLTC建てDOGE建てのいずれかによって購入することになります。
まずは国内の取引所でこれらのコインを購入しておきましょう。

Sprouts(スプラウツ)をBTCで購入しようとする場合、BTCの手数料がSprouts(スプラウツ)の最小単位より高くついてしまうので、DOGE建てでの購入が一番お得。
ちなみにCoin ExchangeにてDOGEへ交換することができるコインは「BTC」「LTC」「ETC」の3つです。

Coin Exchangeの口座を開設する

まずCoin Exchangeにアクセスしましょう。
次に画面にある「REGISTER NOW⇒」をクリック。

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、「Register」をクリック。
すぐに登録したメールアドレスからURLが届きます。
すぐにURLをクリックしましょう。

以上でアカウント作成、および口座開設は完了です。

ビットコインまたはライトコインを送金する

登録が終わったら、ビットコイン、もしくはライトコインを用意しましょう。
ここではビットコインを例に解説します。

Coin Exchangeのトップ画面から、右上の「My account」をBalanceに移動します。

仮想通貨の一覧が出るので、「Bitcoin(BTC)」を探して、右にある「Actions」を選択。
選択肢の一番上にある「Deposit BTC」をクリック。

クリックするとページ遷移するので、「Generate New Address」というボタンをクリック。
すると、送金アドレスが以下のように表示されています。

ビットフライヤーからの送金方法

それでは国内の取引所からビットコインを送金する方法を、ビットフライヤーを例にご紹介します。

まずはビットフライヤーの画面左側にあるメニューから入出金という項目をクリックしてください。
そうすると上部に色々な通貨の出金と預入という項目が出てきます。
項目内にあるBTCご送付という項目をクリックしましょう。

そうすると下の画像のような項目が出てきます。

項目を入力しましょう。

ラベルは宛名のことなので、ご自身で分かりやすいように、「コインエクスチェンジ」と命名しておくといいでしょう。
そして新しいビットコインアドレスのところにコインエクスチェンジで発行したビットコイン受取アドレスを入力します。

ラベルとアドレスを追加したら、「追加する」のボタンをクリック。
追加するとラジオボタンで送金先を選択できるようになるので、ラジオボタンにチェックを入れて選択します。

あとはその下にある送金量を入れる箇所に送金したいBTCの金額を入力。

入力したら、「ビットコインを外部アドレスに送付する」というボタンをクリックして終了です。
ただし、Coin Exchangeに着金するまでに数時間、長くて3日間がかかる場合があるので注意しましょう。

あらかじめDOGEを買っておく

それでは、あらかじめビットコインをDOGEに変えておきましょう。
Sprouts(スプラウツ)をBTCで購入しようとする場合、BTCの手数料がSprouts(スプラウツ)の最小単位より高くついてしまうので、DOGE建てでの購入がおすすめ。

またCoinMarketCapにもあるように、DOGE建ての方が取引量が多く、売買が成立しやすいです。

「Market」画面から「DOGE/BTC」を選ぶと、以下のような画面が出てきます。

チャートの下を見ると、このような画面が現れます。

上から順番に、
・購入枚数
・購入価格
・購入費用(枚数×価格)
・手数料
・合計金額
になります。

合計金額が送金した金額になるように調整しましょう。
「Submit Buy Order」をクリックすればDOGEの購入は完了です。

Sprouts(スプラウツ)の買い注文を行う

長くなりましたが、いよいよSprouts(スプラウツ)の購入開始です。
下記画像を参考に、「MARKETS」から、SPRTS/DOGEのトレード画面に移動します。

「MARKETS」画面からトレード一覧画面に移動し、Active Marketsの下にあるプルダウンから「SPRTS/DOGE」を選択し、クリック。

DOGE同様、下記のような購入画面がチャートの下に現れます。
後はDOGEと同じ手順で購入するだけです。

少し経てば売買が成立しますので、Sprouts(スプラウツ)の購入は以上で終了になります。

購入完了

お疲れ様でした。
以上で仮想通貨Sprouts(スプラウツ)の購入は完了しました。

購入方法のまとめ

購入までの流れをまとめると次のようになります。
1.ビットコイン・ライトコイン・イーサリアムのいずれかを用意する
2.Coin Exchangeという取引所でいずれかのコインでDOGEを購入しておく
3.DOGEでSproutを買う
4.購入完了

Sprouts(スプラウツ)専用ウォレットをダウンロードする

購入したSprouts(スプラウツ)は専用ウォレットに保管しておきましょう。
Coin Exchangeにあるウォレットに保管できますが、取引所のウォレットには盗難のリスクが存在
そのため、専用ウォレットを作成しておいて、そこに保管することが一番安全と言えます。

Sprouts(スプラウツ)には、Sprouts Walletという専用ウォレットが存在。
PC版のみであり、スマホではダウンロード出来ないのでご注意ください。

ダウンロードする方法

まず、Sprouts Communityから以下のURLをクリック。

すると、下記の通りに操作すればウォレットがダウンロードされます。

入金アドレスを作成する

ダウンロードしたファイルを解凍すると、ウォレットが作成されました。

ウォレットを開いていただくと、以下のような画面が表示されるので、「Recieve Coins」をクリック。
すると、以下のように受信アドレスが表示される画面が表示されます。
左下の「New Adress..」をクリックすると、新しく受信アドレスが作成できるようになります。

Sprouts(スプラウツ)を送金する

Sprouts(スプラウツ)を送金するには、まずCoin Exchangeの「My Account」を選択し、「Balances」を選択。

Sprouts(スプラウツ)の右側「Actions」のメニューを開き、「Withdraw」を選択。

送金に必要な項目を入力していきましょう。

まず「Amount to Withdraw」から送りたい枚数を入力。

次に「Withdrawal Address」から送信先アドレスである、Sprouts Walletのアドレスを入力。
「Confirm Password」にご自身で決めたログインパスワードを入れたら「Submit Withdrawal」をクリック。

登録時に指定したメールアドレスに送信確認のメールが届きます。
中にあるURLをクリックして認証が完了すれば送信作業は終了です。

ちなみに入金されるまでに時間がかかる場合があります。

今後の将来性

前述の通り、Sprouts(スプラウツ)は慈善活動での利用を目的とした仮想通貨。
具体的な活用事例はまだないものの、今後規模の大きい慈善団体クラウドファンディングなどで利用される可能性は十分考えられます。

また格安であり、買いあさりしやすいコインでもあります。
こうした背景から、将来的な価格高騰は見込めるでしょう。

まとめ

以上、仮想通貨Sproutについて解説しました。

まだまだ国内外でのコインの保有者が少ないのが現状。

しかし、こうした状況だからこそ知名度が上昇すれば価格は一気に高騰します。
保有金額によっては、一獲千金も夢ではないでしょう。

将来的な価値については未知数なコインですので、興味を持った方は余剰資金を利用して購入してみましょう。

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!