仮想通貨SHND(筋肉コイン)とは 特徴や購入方法、将来性について

皆さんはStrongHands(SHND)という仮想通貨をご存じでしょうか?

SHNDはコインのイラストから、通称筋肉コインと呼ばれています。

異色なイラストであるからか、インターネット上ではある程度注目されている模様。

今回はそんなSHND(筋肉コイン)の特徴や買い方、今後の将来性などを解説。

仮想通貨SHND(StrongHands)とは?

StrongHands(SHND)はいわゆるアルトコインの一種。
仮想通貨取引所における通貨の単位は、SHND
コインのイラストから、筋肉コインと呼ばれています。

開発者が不明であり、実態についてはまだよくわかっていないコインです。

けれども話題性があり、最近では一定数の保有者数が存在しているそうです。
Twitter上でもユーザーの声を見かけるようになってきました。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

ただ、いわゆるネタコインであるため、興味本位で注目されているにすぎません
投機対象としては、おすすめできるかどうかは疑問がつきます。

SHNDの特徴

前述の通り、SHNDは仮想通貨であるものの、これといった金融機能は持っていません。
また現状では、モナコインなどのような投げ銭制度も存在しない模様。

他の仮想通貨に比べるとこれといった特徴はありませんが、話題性はある模様。
コアなユーザーの間では一定の支持率を集めているそうです。

またSHNDはいわゆる草コインの一種として分類されています。

草コインとは?

草コインとはインターネットサイトでは様々な定義が散見されますが、概ね次のような特徴を持つコインです。

・開発者や開発目的などががよくわからない
・今後発展するのかどうか、未知数である

似たような特徴を持つコインとしては、SproutsやHTMLコインなどが挙げられます。

こうした草コインは1単位当たりの価格が非常に安いのが特徴。
ほとんどは1円未満と非常に低い価格になっています。

どのコインも信用性や実用性に関して疑問が残るところが問題点として存在。
そのために、価格が非常に低くなっています。

日本語コミュニティーの存在

現在SHNDには、Discordというチャットアプリに非公式日本語コミュニティがあります。
ユーザーの数も増加傾向にあり、コミュニティの動きも活発になっている模様。

登録はメールアドレスとご自由に決めたパスワードのみで完了。
他のユーザーとの情報のやり取りをしたい場合におすすめです。

現在のチャート・価格推移

2018年1月中旬頃に急激な伸びを見せたSHND。
CoinMarketCapによると、1月16日時点で1SHND=約0.00036円あたりで落ち着いてきています。

また先月にも20倍以上の伸びを見せていた時期がありました。

なぜ価格が高騰したのかという理由はまだ判明していません。

おそらくは、インターネット上で草コインが話題になっており、どれを買っていいのかわからないユーザーから買われたと考えられます。
1単位当たりの価格が0.1未満であり、かつ奇抜なデザインのコインということも影響しているでしょう。

今後の動向には目を見張っておきましょう

SHNDはもちろん、草コインは非常に不安定なコイン
一度当たれば価格が一気に高騰しますが、不安要素が強まればそのまま下落していきます。
場合によっては、取引所から撤退を余儀なくされることもあるでしょう。

逆にそうしたギャンブル的な不安定要素を持っていることも草コインの特徴と言えるかもしれません。
投資をするのであれば、常にチャートの動きに目を配り、慎重に動向を見極めることが大切です

保有金額を計算したい

SHNDには、単位当たりの金額を日本円に換算してくれるサイトが存在。
そのページがコチラ。
http://stronghands.tokyo/

例えば1,000万SHNDを購入したい場合、日本円でいくらくらい必要かどうかをすぐに計算してくれます。
1単位の価格が非常に低いので、こうしたサイトの存在はうれしいところ。

SHNDの購入を検討している方は参考になるでしょう。

SHNDを購入するには

現在、日本国内にはSHNDを取り扱っている取引所はありません。
ですので、購入できるところは海外の取引所のみとなります。

おすすめは、CoinExchange(コインエクスチェンジ)
ほかにもSHNDを取り扱っている取引所はありますが、CoinMarketCapにあるようにCoinExchangeが一番取引が多いです。

CoinExchangeは取り扱っている草コインの種類が多いことで有名な取引所。
取引可能なコインの種類は実に400以上は存在します。

登録は非常に簡単
日本の取引所と違い本人確認書類の提出は不要で、アカウントを作成次第すぐに開設されます。

Coin Exchangeで購入する方法

それでは、これからCoinExchangeを利用してSHNDを購入する方法をご紹介します。

日本円では買えない

海外の取引所のため、Coin Exchangeで購入するときは日本円は使えません
BTC建てDOGE建てのいずれかによって購入することになります。

国内の取引所を利用されている方はBTC建てを利用されるかもしれません。
しかしBTC建てでの取引量は少なく、SHNDを無事に購入できない可能性があります。
そのため、DOGE建てで購入されるのが一番でしょう。

ちなみにCoin ExchangeにてDOGEへ交換することができるコインは「BTC」「LTC」「ETC」の3つです。

Coin Exchangeの口座を開設する

まずは、Coin Exchangeにアクセスしましょう。
次に画面にある「REGISTER NOW⇒」をクリック。

メールアドレス、ユーザー名、パスワードを入力し、「Register」をクリック。
*パスワードは大小英数字8文字以上。

すぐに登録したメールアドレスからURLが届きます。
すぐにURLをクリックしましょう。
これでアカウント作成および口座開設は完了です。

以上でアカウント作成、および口座開設は完了です。

ビットコインを送金する

登録が終わったら、DOGE購入する準備を行います。
購入資金として、ビットコイン、ライトコイン、イーサのいずれかを用意しましょう。
ここではビットコインを例に解説します。

Coin Exchangeのトップ画面から、右上の「My account」をBalanceに移動します。

仮想通貨の一覧が出るので、「Bitcoin(BTC)」を探して、右にある「Actions」を選択。
選択肢の一番上にある「Deposit BTC」をクリック。

クリックするとページ遷移するので、「Generate New Address」というボタンをクリック。
すると、送金アドレスが以下のように表示されています。

ビットフライヤーからの送金方法

国内の取引所からビットコインを送金する方法を、ビットフライヤーを例にご紹介します。

まずはビットフライヤーの画面左側にあるメニューから「入出金」という項目をクリックしてください。
すると、上部にさまざまな通貨の出金と預入という項目が出てきます。
項目内にある「BTCご送付」という項目をクリックしましょう。

そうすると下の画像のような項目が出てきます。

項目を入力しましょう。

ラベルは宛名のことなので、ご自身で分かりやすいように、「コインエクスチェンジ」など命名しておくといいでしょう。
そして新しいビットコインアドレスのところにコインエクスチェンジで発行したビットコイン受取アドレスを入力します。

ラベルとアドレスを追加したら、「追加する」のボタンをクリック。
追加するとラジオボタンで送金先を選択できるようになるので、ラジオボタンにチェックを入れて選択します。

あとはその下にある送金量を入れる箇所に送金したいBTCの金額を入力。

入力したら、「ビットコインを外部アドレスに送付する」というボタンをクリックして終了です。
ただし、Coin Exchangeに着金するまでに数時間、場合によっては3日間がかかることもあるので注意しましょう。

あらかじめDOGEを購入しておく

それでは、あらかじめビットコインをDOGEに変えておきましょう。
前述の通り、取引量の多さからDOGE建てで購入するのが望ましいでしょう。

「Market」画面から「DOGE/BTC」を選ぶと、以下のような画面が出てきます。

チャートの下を見ると、このような画面が現れます。

上から順番に、
・購入枚数
・購入価格
・購入費用(枚数×価格)
・手数料
・合計金額
になります。

合計金額が送金した金額になるように調整しましょう。
「Submit Buy Order」をクリックすればDOGEの購入は完了です。

SHNDの買い注文を行う

いよいよSHNDの購入を開始します。
下記画像を参考に、「MARKETS」から、SHND/DOGEのトレード画面に移動します。

「MARKETS」画面からトレード一覧画面に移動し、Active Marketsの下にあるプルダウンから「SHND/DOGE」を選択し、クリック。

DOGE同様、下記のような購入画面がチャートの下に現れます。
後はDOGEと同じ手順で購入するだけです。

SHNDの購入は以上で終了になります。

購入完了

お疲れ様でした。
以上で仮想通貨SHNDの購入は完了しました。

購入方法のまとめ

SHND購入までの流れをまとめると次のようになります。
1.国内の取引所でビットコイン・ライトコイン・イーサリアムのいずれかを用意
2.Coin Exchangeにて、いずれかのコインでDOGEを購入
3.DOGEでSHNDを購入
4.購入完了

SHND専用ウォレットをダウンロードする

SHNDには、安全に保管しておくための専用ウォレットがあります。
Coin Exchangeにあるウォレットに保管できますが、取引所のウォレットには盗難のリスクが存在。
そのため、専用ウォレットを作成しておいて、そこに保管することが一番安全と言えます。

ウォレットを作成する方法

まずは以下のリンクからウォレットをダウンロード。
https://github.com/bumbacoin/stronghands/releases/download/v0141/stronghands-v0141.zip

ダウンロードしたら、ファイルを解凍。
exeファイルを実行すればウォレットの作成は完了です。

入金アドレスを作成する

ウォレットを開いていただいたら、画面上方にある「Recieve Coins」をクリック。
すると、以下のように受信アドレスが掲載される画面が表示されます。

左下の「New Adress..」をクリックすると、新しく受信アドレスが作成できるようになります。
わかりやすいように、ラベル名は「コインエクスチェンジ」などにしておきましょう。

SHNDを預ける

SHNDを送金するには、まずCoin Exchangeの「My Account」を選択し、「Balances」を選択。

SHNDの右側「Actions」のメニューを開き、「Withdraw SHND」を選択。

送金に必要な項目を入力していきましょう。

「Amount to Withdraw」から送りたい枚数を入力。

次に「Withdrawal Address」から送信先アドレスである、ウォレットのアドレスを入力。
「Confirm Password」にご自身で決めたログインパスワードを入れたら「Submit Withdrawal」をクリック。

登録時に指定したメールアドレスに送信確認のメールが届きます。
中にあるURLをクリックして認証が完了すれば送信作業は終了。

ちなみに入金されるまでに時間がかかる場合があります。

SHNDを送金する

ちなみにウォレットから送金したい場合は、メニューにある「Send Coins」をクリック。
すると、以下のように受信アドレスが掲載される画面が表示されます。

「Pay To」に送金先のアドレスを入力。
下のラベルには分かりやすいように送金先の名称を入力しておきましょう。
「Amount」には送金するSHNDの金額を入力します。

あとは「Send」をクリックして送金完了。

ちなみに「Add recipient..」をクリックしていただくと、送金先を追加することができます。

今後の将来性

草コインの一種ということで、将来性についてはまだまだ不確実な点があります
ネタコインなので、価値がなくなることも考えられるでしょう。

はっきりとしたことは言えませんが、現状でわかって動きをご紹介します。

2018年の平昌オリンピックにて、2014年スケートの金メダリストヤン・フロクハイゼン選手(オランダ)が競技中にSHNDのロゴを入れるかもしれません。

これを機にSHNDの知名度が高まることも考えられます。

もしユーザーが増えてくる場合、SHNDが何かしらの用途で使用されることもあるでしょう。
例えば、スポーツ関係のイベントの賞金やクラウドファンディングでの活用なども考えられないわけでもありません。

今後のコミュニティーの動き次第でネタコインのまま終わるか、注目度を高めるかは決まるでしょう。

まとめ

以上、仮想通貨SHNDについて解説しました。

独特なイラストから存在感のあるSHND。

将来性に関してはそこまで期待できるコインではないでしょう。
あくまでネタコインの一種として考えていいかもしれません。

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です