仮想通貨EOS(イオス)とは?EOSの特徴や購入方法、今後の将来性などを解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

みなさんは、仮想通貨EOS(イオス)をご存じでしょうか?

EOSは、昨年6月下旬までICOのトークンとして発行されていた仮想通貨。
その後2017年7月に仮想通貨取引所Binanceに上場してから、価格が着実に上昇しています。

2018年1月18日の時点での時価総額ランキングは第11位。
数ある仮想通貨の中でも、一定の存在感があります。

今回はそんな仮想通貨EOSについて、特徴や購入できる取引所、将来性などを解説していきます。

ちなみにおすすめの取引所はBinanceです。

Binanceの登録はこちらから

登録方法はこちらを参考にしてください。
世界一の取引高「Binance(バイナンス)」の登録方法!おすすめな理由も紹介!

仮想通貨EOS(イオス)とは?

EOSとは、昨年取引所に上場したばかりの新しい仮想通貨。

元々は、ブロックチェーンベースの分散型データベースシステムを構築するプラットフォーム。

分散型データベースとは、データを複数のコンピューターに分散して管理する仕組み。
特定のデータベースが集中的に管理していないため、システム障害に強く、低コストで金融サービスが提供できるのが強み。

EOSでは、これにブロックチェーンの技術を追加。
仮想通貨の取引台帳のように、様々な取引記録を低コストかつ迅速に作成することが可能。

金融や不動産関係の業務において無駄な仕事を減らし、低価格で安全なサービスを提供できるかもしれません。

最初は2017年6月ICOの開始により発行されました。
その後わずか1ヶ月ほどで仮想通貨取引所に上場。
公開が開始されてから3日ほどで時価総額9位に浮上するという、大躍進を見せて注目を集めました。

ICOとは?

仮想通貨に関して触れていると、ICOという用語をよく目にするかもしれません。
ICOとは、企業やプロジェクトが資金調達のためにトークンと呼ばれる仮想通貨を発行し、資金調達を行う仕組み

仮想通貨は基本的に、仮想通貨の取引所と言われるWEBサイトにて、一般の人が取引できるように公開されています。
しかし、仮想通貨では一般向けに公開される前から資金集めとしてクラウドファンディング(クラウドセール)を行って資金集めを行うことがよくあります。

資金を集める際、その見返りがトークンで支払われるので、その時にもらえる仮想通貨は未公開の通貨という扱い。

こうした未公開仮想通貨の購入のプロセスプロセスを、株のIPO(Initial Public Offering)になぞらえてICO(Initial Coin Offering)、もしくはプレセールと呼ばれています。

トークンの発行者は企業や研究開発などの資金を手に入れることが可能。
一方、購入者の側は先行販売で注目のコインを安く手に入れることができます。
さらにそのプロジェクトが成功し、上場したコインが値上がりすればより多くの利益の獲得が約束されます。

EOSの特徴

EOSの特徴を簡単に説明すると、次のことが挙げられます。
・スマートコントラクトを搭載
・トランザクションが速い
・取引手数料がかからない

これからこの3点について解説します。

スマートコントラクトを搭載

EOSには、イーサリアムと同じくスマートコントラクトを搭載。

スマートコントラクトとは、あらゆる取引に関する契約をプログラム化し、自動的に実行してくれる仕組みのこと。

契約がプログラムによって自動的に認証を実行してくれるため、取引先から虚偽情報の申請を気にする必要がなくなります。
またブロックチェーンの技術も取り入れられているので、契約の実行履歴が全て記録されるため、透明性も高くなります。

これらのことから、スマートコントラクトは決済期間の短縮や不正防止、仲介者を介さないことによるコスト削減にも寄与すると期待されています。

様々な分野においてユーザー同士が仲介業者を通すことなく、直接取引をすることが可能。
今後は電力取引や不動産登記、シェアリングエコノミー、IoTなどで活用されることになるのではないでしょうか。

トランザクションの速さが魅力

EOSの大きな魅力は、トランザクション(取引処理)の迅速さ。

例えばAさんがビットコインをBさんに対して送金したとしましょう。
その時AさんのビットコインアドレスからBさんのビットコインアドレスに送金されますという指示が出ます。
この指示がトランザクションです。

ビットコインもそうですが、どの仮想通貨もトランザクションが重要視されています。

EOSの場合、1秒間に数百万件ものトランザクションに対応することが可能。
ビットコインが1秒間におよそ7~8件のトランザクションに対応しているとされているので、EOSの性能の高さがわかるでしょう。
取引処理が追い付かずにシステムダウンする可能性が低いと言えます。

トランザクションには手数料がかからない

EOS上で開発されたアプリケーションには、利用者に対する手数料がかかりません

仮想通貨には、通常トランザクションが発生するごとに一定の手数料がかかります。
ビットコインの場合は、通常の取引場合トランザクションの手数料は約0.0001BTC
また手数料は取引量や取引金額によっても変動します。

これがEOSの場合は、原則不要。

イーサリアムをベースとしたアプリケーションを利用される場合は、仮想通貨イーサを手数料として支払わなければなりません。
一方、EOSベースのアプリケーションを利用される場合は、わざわざEOSを支払う必要はありません。

つまり、EOSの保有者でなくてもEOSのシステムが利用できるのです。
ビジネス上で利用される場合、この点は非常に大きいのではないでしょうか。

そうなると、企業が業務上使用される場合、イーサリアムよりもEOSのアプリケーションを優先することも考えられるのしょう。

最近のチャート・価格推移

上記は、CoinMarketCapに掲載されているEOSのチャート(価格推移)。

2018年1月18日時点の価格は、1EOS=約1,150円
一時期調整に入って下落傾向にあった時期もありました1月に入ってから再び高騰してきました。

価格推移を見ても着実に価値を上げているコインであることがわかります。
時価総額ランキングで上位に入っていることからも有望な銘柄であるといえるでしょう。

しかし、仮想通貨は乱高下がよく起こるため油断は禁物。
投資される場合は、逐一チャートに目を通して今後の動向を見極めていくことが必要です。

購入できる取引所

それでは仮想通貨EOSの購入方法について解説していきます。
ビットコインやリップルなどとは方法が少し異なります。
普段コインチェックやビットフライヤーなどを利用されている方は、よく読んでおくことをおすすめします。

日本の取引所では取り扱いなし

現在、日本国内にはEOSを取り扱っている取引所はありません。
ですので、購入できるところは海外の取引所のみとなります。

おすすめはBinance

EOSを扱っている取引所でおすすめなのが、Binanceです。

Binanceは中国にある大手仮想通貨取引所。
EOSはもちろんのこと、多くのアルトコインを取り扱っています。
国内の取引所ではコインチェックの13銘柄が最多取り扱い数ですが、Binanceでは100種類以上に及ぶコインを取り扱っています。
EOsはもちろん、海外の取引所でしか買えないコインに触れてみたい方はこちらを利用されるといいでしょう。

また手数料が安いことでも知られていて、取引価格に関わらず通常の取引手数料が0.1%と非常にお得です。

EOSの買い方

それではBinanceを利用してEOSを購入する方法をご紹介します。

Binanceに登録

まずはBinanceの公式サイトにアクセス。
すると下記の画面が出てきますので、「Creat Account」もしくは「Register」をクリック。

アカウント登録画面に入ります。

上から次の項目を入力します。
・メールアドレス
・大小英数字8文字以上のパスワード
・パスワードの確認

「I agree to Binance’s」の横にあるボックスにチェックを入れたら、「Register」をクリックしましょう。
最後に「Please slide to verify」をクリックしながら画面のパズルをスライド。
以上でアカウント作成および口座開設は完了です。

日本円は使用できない

海外の取引所のため、Binanceで購入するときは日本円は使えません
はじめて利用される方は、BTC建てETH建て、USD建てのいずれかにで購入することになります。

今までに外国株の取引されたことのある方であれば、USD建てでも構いません。
ちなみに今回はビットコイン建てでの購入例を解説します。

ビットコインを送金する

それではお手持ちのビットコインを送金する準備をしましょう。
まず、BinanceのTOP画面にある「Funds」を選択し、「Deposits Withdrawals」をクリック。

次にBTCを検索したら、右側にある「Withdrawals」をクリック。

すると、このようにビットコイン受け取り用のアドレスが表示されます。

ビットフライヤーからの送金方法

国内の取引所からビットコインを送金する方法を、ビットフライヤーを例にご紹介します。

まずはビットフライヤーの画面左側にあるメニューから「入出金」という項目をクリックしてください。
すると、上部にさまざまな通貨の出金と預入という項目が出てきます。
項目内にある「BTCご送付」という項目をクリックしましょう。

そうすると下の画像のような項目が出てきます。

項目を入力しましょう。

ラベルは宛名のことなので、ご自身で分かりやすいように、「バイナンス」など命名しておくといいでしょう。
そして新しいビットコインアドレスのところにBinanceで発行したビットコイン受取アドレスを入力します。

ラベルとアドレスを追加したら、「追加する」のボタンをクリック。
追加するとラジオボタンで送金先を選択できるようになるので、ラジオボタンにチェックを入れて選択します。

あとはその下にある送金量を入れる箇所に送金したいBTCの金額を入力。

入力したら、「ビットコインを外部アドレスに送付する」というボタンをクリックして終了です。
ただし、Binanceに着金するまでに数時間、場合によっては3日間がかかることもあるので注意しましょう。

EOSを購入する

それではいよいよEOSの購入の仕方に移ります。
まずTop画面にあるBTC Marketを選択。
検索ボックスでEOSを検索し、表示されている「EOS/BTC」をクリック。

チャートが表示されている画面に移動するので、下に進むと購入画面が見えてきます。

こちらが購入画面です。

一番上に表示されているのは、1EOSあたりのビットコインの金額。
「Amount」で購入したい数量を入力。
その下にビットコインに換算した金額が表示されます。
「Buy EOS」をクリックすれば購入は完了です。

購入完了

お疲れ様でした。
以上で仮想通貨NEOの購入は完了しました。

購入履歴の確認は、画面情報の「Orders」を選択して、「Order History」をクリックしていただければ確認できます。

買い方の手順まとめ

EOS購入までの流れをまとめると次のようになります。
1.国内の取引所でビットコイン・イーサリアムのいずれかを用意
2.Binanceにて、いずれかのコインを送金
3.EOSを購入
4.購入完了

Binanceの登録はこちらから

登録方法はこちらを参考にしてください。
世界一の取引高「Binance(バイナンス)」の登録方法!おすすめな理由も紹介!

ウォレットを用意する

仮想通貨を保有されているのであれば、取引所以外にもウォレットを用意しておきましょう。
Binanceにあるウォレットに保管できますが、取引所のウォレットには盗難のリスクが存在。
大手の仮想通貨取引所では、ハッキングによる盗難の被害が報告されています。
そのため、ウォレットを作成しておいて、そこに保管することが一番安全と言えます。

EOSを保管するのにおすすめのウォレットは、EXODUS(エクソダス)です。
EXODUSはEOS以外にも、複数のコインを保管できます。

対応している通貨は次の通り。
・ビットコイン
・イーサリアム
・ライトコイン
・Augur
・Aragon
・BAT
・Civic
・Dash
・Decred
・EOS
・Gnosis
・Golem
・OmiseGo
・Qtum

ウォレット作成方法

まずは、以下のURLからウォレットの公式サイトへアクセス。
URL:https://www.exodus.io/

次にサイト右上の「DOWNLOAD」をクリック。

そうしましたら、ご自身のOSに合わせてダウンロードしましょう。

ダウンロードが完了すれば、ウォレットの使用が可能です。
Top画面の下方にはExodusに保管しているコインの金額が表示されています。

EOSを入金する

それではEOSを送金しましょう。
Top画面左にある「Wallet」をクリック。

EOSを選択し、「Recieve」をクリックしましょう。

すると、このように受信アドレスが表示されます。

EOSを送金する

Binanceから送金する場合、「Funds」を選択し、「Deposits Withdrawals」を選択。
EOSを検索し、右側の「Withdrawal」をクリック。

ラベルには送金先アドレスを管理するためのものなので、ウォレット名などを入力。
アドレスにはEXODUSの受信アドレスを入力しましょう。

Submit」を入力していただければウォレットへの送金は終了です。

今後の将来性

AIの予測

未来予測を行うAI「Web Bot」が注目している仮想通貨の一つ。

インターネット上に掲載されている情報やそこに込められた感情の度合いなどを分析。
そこから将来の値上がりを予測するそうです。
これまでも多くの仮想通貨に関する予測を当てているとのこと。

Web Botによると、2018年春から価格が上昇するそうです。
理由としては、EOSが既存の産業において活用されていくことを挙げています。

こうした予測は今後のEOSの価値に大きな影響を与えるでしょう。
もちろん予測が100%正しいとは言い切れませんが、市場にプラスの材料となるかもしれません。

まとめ

以上、仮想通貨EOSについて解説しました。

イーサリアム以上の可能性を秘めているEOS。
今後さらに時価総額を上げてくるかもしれません。

関心のある方は、余剰資金を活用して今のうちから投資してみてはいかがでしょうか。

仮想通貨の情報収集でお困りの方

本業の傍ら仮想通貨に取り組んでいる方の中には、情報収集で消耗している方も多いと思います。
管理人もその1人です。

そこで効率よく情報を収集するために管理人おすすめの無料メルマガを2つ紹介します。

Crypto Club Japan(初心者〜中級者)

Crypto Club Japan
仮想通貨投資のエキスパートたちが 日々情報を精査し、より質の高い情報提供を目指します。

メールアドレス登録後、メルマガでの情報を受け取ることができ、その他にもLINE追加で日々の情報を得ることができます。
情報共有セミナーもやってるので興味ある方は一度参加されてみてください。
メルマガやLINEの登録は無料ですので、登録しておくことをオススメします。

Crypto Club Japan

Bspeak!(中級者〜上級者)

Bspeak!

上記のようなメルマガの内容となっており、どちらかというと上級者向けの情報がメインとなっております。
Crypto Club Japanと同様で無料なのでこちらも登録しておくべきメルマガになります。

この記事を書いた人

tanamaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です