リップルの兄弟? 仮想通貨XLM(ステラ)の特徴や購入方法、将来性

最近リップルやXEMなど、あらゆる仮想通貨の価格が上昇してきました。
その中にXLM(ステラ)という仮想通貨が存在することをご存じでしょうか?

2018年1月の初めに4倍近く価格を上げた後、注目度が高まってきています。

また送金・決済システムに活用できる優れたシステムを搭載。
リップルとの類似点が多いことから、リップルの兄弟とも呼ばれています。

今回はそんな仮想通貨XLMについて、特徴や買い方、今後の将来性などを解説します。

ちなみにXLMを購入するなら、Binanceがおすすめ。

Binanceの登録はこちらから

登録方法はこちらを参考にしてください。
世界一の取引高「Binance(バイナンス)」の登録方法!おすすめな理由も紹介!

仮想通貨XLM(ステラ)とは?

ステラはリップルを元に開発された仮想通貨であり、2014年に公開されました。
コインの略称はXLM(ルーメン、Lumens)。

リップルはリップル社が運営していますが、ステラの運営元はStellar Development Foundationという非営利団体。
非営利団体なので、団体の透明性や安全性、ガバナンスを重視しています。

初期はStellar(STR)という名称でしたが、2015年にアップデートされたことを機にLumens(XLM)に名称を変更しました。
正確にはルーメンと呼ぶのが正しいのですが、インターネット上ではステラの名称が定着。
そのため現在でもステラ、もしくはステラルーメンと呼ばれています。

ステラには、個人・銀行・決済システムをつないでくれるプラットフォームとしての役割があります。
迅速なのはもちろんのこと、信頼性が高くなおかつ低コストでの国際間の送金・決済を実現しています。

米ドルや日本円、ユーロなどの法定通貨に両替をしたり、それらの法定通貨を海外へ送金される際のハブ通貨としての役割も果たしてくれます。

ステラの特徴

では、ステラが持つ特徴を似ているとされるリップルと比較しながら解説します。
ステラの大まかな特徴を表すと、次の3点になります。
・個人向けの決済システム
・ステラ独自のアルゴリズム
・発行枚数の増加

個人向けの決済システム

ステラもリップルも決済・送金システムという点では同じですが、目的が異なります。

リップルは銀行や証券会社といった金融機関など、企業での利用が目的。
一方ステラは個人での利用が目的
個人間における送金処理の簡素化・迅速化・低コスト化の実現を目指しています。

個人での利用なので、法人よりも扱う金額が少ないため、リップルよりも送金がスムーズになりやすくなります。
海外のECサイトでのお買い物、米国など海外に留学されているお子さんへの仕送りの送金、海外の金融機関への送金などさまざまな利用が期待されています。

送金者がパソコンやスマートフォンで送金の操作をして、「日本円→ステラ→米ドル」の順に瞬時に両替、送金されるシステムが確立される予定とのこと。

ステラ独自のアルゴリズム

ステラにはリップルの弱点を改善した独自のアルゴリズムを採用。

リップルにはのX Ledger Consensusというアルゴリズムがあります。
これはブロック(取引の情報)の承認者を限定し、その特定の承認者たちによってブロックを管理・記録する仕組み。
承認者たちの80%以上が合意した場合に、ブロックが承認され、分散型台帳に記録が書き込まれ取引が行われます。

しかし、80%以上の合意が得られない場合にはチェーンが分岐し、作業が行われなくなるというリスクが存在。

ステラならSCP(Stellar Consensus Protocol)というアルゴリズムを採用しています。
これは80%以下の合意しか得られなくとも、ブロックが承認される仕組み。

こうしたことから、ステラはリップルよりも優れているとの評価もあります。

発行枚数の増加

またステラとリップルの大きな違いに発行枚数があります。

リップルの場合、発行上限が1,000億XRPとあらかじめ設定。
そして、それ以上は発行されない予定になっています。
しかもリップルは取引を行うごとに、リップルの流通総量が減少していきます。

これに対してステラは、はじめに1,000億XLM発行されてからも、1年ごとに1%ずつ総量が増加していきます
発行量を1%ずつ増やすことによってコインの価値を下げ、通貨価格の安定を維持しているのです

また保有枚数の内訳については、リップルでは胴元のRipple社が全体の25%を保有。
対してステラは開発チームが全体の約5%しか保有していません。
これは、コインをなるべく多くを市場に流通させることで、通貨価格を安定させ、変動リスクを極力減らしていくためです。

個人利用に主眼を置いたコインであるため、通貨価値を安定させなければなりません。
なので、こうした発行量を増加させる仕組みが採用されているのです。

企業における採用実績

リップルはもちろん、ステラも大手企業を中心に多くの企業やプロジェクトですでに導入の動きが広がっています。

大手金融コンサルタントDeloitteとの提携

https://platform.twitter.com/widgets.js

世界的な大手会計事務所の一つであるDeloitteは、ステラネットワークと提携。
革新的な国境を越えた支払いネットワークの構築に着手しました。

送金のプロトタイプを作り、取引コストを約40%削減、わずか5秒での送金を実現したそうです。
これについて、DeloitteパートナーのEric氏は、「顧客が安さと速さに驚いていた」と発言しました。

IBMとの提携

https://platform.twitter.com/widgets.js

IBMは新たな送金システム構築のため、ステラネットワークと提携。
銀行が単一のネットワーク上で決済取引をほぼリアルタイムで決済をし、送金スピードを向上させることが目的としているとのこと。

ステラの共同設立者であるジェド・マケーレブ氏は「この新しいイノベーションとのコラボレーションは、ステラだけでなく金融技術業界全体にとっても重要なマイルストーンです 」と話しています。

フランスの免許送金業者TEMPOでの採用

フランスの免許送金業者TEMPOはステラの技術を採用。
ステラの送金ネットワークを使ったことで、60万以上の取引コストが0.1ドルに収まったという驚くべき報告がされています。

ナイジェリアの通信業者Parkwayでの採用

アフリカ諸国において、スマートフォンを利用した送金が一般化しつつあります。

この流れから、ナイジェリアの通信業者Parkwayはステラを採用。
ステラネットワークを利用して国内5社の通信業者に接続し、お互いに資金を送金しやすくなりました。

今後も他の地域に波及していくことが予想されています。

最近のチャート・価格推移

上記はCoinMerketCapにある最近のチャート(価格推移)。
2018年1月22日現在1XLM=約58円

ちなみに、同日の仮想通貨の時価総額ランキングは第8位
時価総額から考えて、少し割安なのではないかと思う人もいるかもしれません。

なぜ割安なのかと言いますと、それはコインの発行枚数が多いため。
仮想通貨は発行枚数が多いほど価格が安くなる傾向があります
発行枚数約100億XRPのリップルのように枚数が多いコインですと、1XRP=約153円(2018年1月22日)のようにコインの価格が安くなります。

ここ数か月間のチャートの値動きを見てみると高騰と多少の下落を繰り返していますが、全体的には上昇傾向
市場からは比較的有望な銘柄であると認識されていると思われます。

今後の将来性について

ここまでステラについての特徴を解説していきましたが、将来的には有望な銘柄なのでしょうか?

価格は上がる?

新規仮想通貨参入者は 低価格の通貨を購入する傾向があるといわれています。
またその中でも時価総額ランキングの上位銘柄は買われやすくなります。

以上のことから、ステラはまさしく有望銘柄といえるのではないでしょうか。
時価総額の割にはまだまだ価格が低く、資金の余裕のない若手のサラリーマンや学生を中心に人気が出るかもしれません。

そのため、需要が拡大して価値が高騰する可能性は十分あります。

個人での利用可能性

ステラはリップルと同様、お金がスムーズに利用できることをメリットとして登場した仮想通貨
できるだけコストをかけずに国境を越えた送金・決済の実現を目指しています。。

ステラは企業よりも個人を対象にして開発されているため、少額での取引スピードがメリット。
今後は個人の海外送金や海外サイトでの買い物には、ステラが積極的に利用されていく時代が来るかもしれません。

ステラを購入するには

それでは仮想通貨ステラの購入方法について解説していきます。
ビットコインやリップルなどとは方法が少し異なります。
普段コインチェックやビットフライヤーなどを利用されている方は、よく読んでおくことをおすすめします。

日本の取引所では取り扱いなし

現在、日本国内にはステラを取り扱っている取引所はありません。
そのため、購入できるところは海外の取引所のみとなります。

WTCを扱っている取引所はいくつか存在しますが、おすすめなのはBinanceです。

Binanceをおすすめする理由

Binanceをおすすめする理由は次の通り。
既に他の取引所を利用されている方も、便利ですので解説されてみるといいでしょう。

出来高が世界トップクラス

Binanceは24時間の出来高が約3000億円と、仮想通貨取引所の中でも世界トップクラス。
出来高が高いと注文が約定しやすくなるので、ユーザーにとってはうれしいところ。

取り扱うコインが豊富

2018年1月現在、Binanceでは100種類以上の仮想通貨をトレードすることが可能
イーサリアムやライトコインなど国内取引所で扱われているようなアルトコインはもちろん取引可能。
それに加えて、ステラのように高騰して話題になっているアルトコインも数多く取り扱っています。

よほどのマイナーなコインを購入する以外は、欲しいコインがトレードできるのではないでしょうか

手数料が安い

また手数料が安いことでも知られていて、取引価格に関わらず通常の取引手数料が0.1%と非常にお得。
アルトコインのトレードをするなら、国内取引所からビットコインを送金し、それを原資にして取引するのがおすすめです。

Binanceでの購入方法

それではBinanceを利用してステラを購入する方法をご紹介します。

Binanceに登録

まずはBinanceの公式サイトにアクセス。
すると下記の画面が出てきますので、「Creat Account」もしくは「Register」をクリック。

アカウント登録画面に入ります。

上から次の項目を入力します。
・メールアドレス
・大小英数字8文字以上のパスワード
・パスワードの確認

「I agree to Binance’s」の横にあるボックスにチェックを入れたら、「Register」をクリックしましょう。
最後に「Please slide to verify」をクリックしながら画面のパズルをスライド。
以上でアカウント作成および口座開設は完了です。

日本円では購入できない

海外の取引所のため、Binanceで購入するときは日本円は使えません
はじめて利用される方は、BTC建てETH建て、USD建てのいずれかにで購入することになります。

今までに外国株の取引されたことのある方であれば、USD建てでも構いません。
ちなみに今回はビットコイン建てでの購入例を解説します。

ビットコインを送金する

それではお手持ちのビットコインを送金する準備をしましょう。
まず、BinanceのTOP画面にある「Funds」を選択し、「Deposits Withdrawals」をクリック。

次にBTCを検索したら、右側にある「Withdrawals」をクリック。

すると、このようにビットコイン受け取り用のアドレスが表示されます。

ビットフライヤーからの送金方法

国内の取引所からビットコインを送金する方法を、ビットフライヤーを例にご紹介します。

まずはビットフライヤーの画面左側にあるメニューから「入出金」という項目をクリックしてください。
すると、上部にさまざまな通貨の出金と預入という項目が出てきます。
項目内にある「BTCご送付」という項目をクリックしましょう。

そうすると下の画像のような項目が出てきます。

項目を入力しましょう。

ラベルは宛名のことなので、ご自身で分かりやすいように、「バイナンス」など命名しておくといいでしょう。
そして新しいビットコインアドレスのところにBinanceで発行したビットコイン受取アドレスを入力します。

ラベルとアドレスを追加したら、「追加する」のボタンをクリック。
追加するとラジオボタンで送金先を選択できるようになるので、ラジオボタンにチェックを入れて選択します。

あとはその下にある送金量を入れる箇所に送金したいBTCの金額を入力。

入力したら、「ビットコインを外部アドレスに送付する」というボタンをクリックして終了です。
ただし、Binanceに着金するまでに数時間、場合によっては3日間がかかることもあるので注意しましょう。

XLMを購入する

それではいよいよXLMの購入の仕方に移ります。
まずTop画面にあるBTC Marketを選択。
検索ボックスでXLMを検索し、表示されている「XLM/BTC」をクリック。

チャートが表示されている画面に移動するので、下に進むと購入画面が見えてきます。

こちらが購入画面です。

一番上に表示されているのは、1XLMあたりのビットコインの金額。
「Amount」で購入したい数量を入力。
その下にビットコインに換算した金額が表示されます。
「Buy XLM」をクリックすれば購入は完了です。

購入完了

お疲れ様でした。
以上で仮想通貨ステラの購入は完了しました。

購入履歴の確認は、画面情報の「Orders」を選択して、「Order History」をクリックしていただければ確認できます。

買い方の手順のおさらい

ステラ購入までの流れをまとめると次のようになります。
1.国内の取引所でビットコイン・イーサリアムのいずれかを用意
2.Binanceにて、いずれかのコインを送金
3.XLMを購入
4.購入完了

Binanceの登録はこちらから

登録方法はこちらを参考にしてください。
世界一の取引高「Binance(バイナンス)」の登録方法!おすすめな理由も紹介!

まとめ

以上、仮想通貨XLMについて解説しました。

画期的な送金システムで注目を集め、これからもますます注目を集めるでしょう。
購入するなら今のうちかもしれません。

関心を持たれた方は、余剰資金を活用して投資をしてみてはいかがでしょうか。

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です