DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

ゲーム・動画・電子書籍・FX・英会話などなど、多岐にわたるジャンルに取り組むDMMグループ

そんなDMMがついに仮想通貨市場にも参入してきました!

2018年の1月18日から口座開設が可能となりましたが、すでにある国内仮想通貨取引所との違いはあるのでしょうか?

そこで今回はDMMが運営する仮想通貨取引所「DMM Bitcoin(ビットコイン)」の特徴と口座開設方法について紹介したいと思います。

DMM Bitcoinへの登録はこちらから

DMM Bitcoinの基本情報

DMMが運営する仮想通貨取引所DMMビットコイン。

イメージキャラクターはモデルのローラさんが務め、最近テレビCMが放送開始されました。

元は東京ビットコイン取引所

DMMビットコインは元々、金融庁から仮想通貨交換業の認可を受けている「東京ビットコイン取引所」という取引所でしたが、2017年12月12日に社名変更し現在の形となりました。

取り扱い銘柄

DMMビットコイン現在の取り扱い銘柄は以下の通りです。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・ネム(XEM)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LIC)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)

現物取引はビットコイン、イーサリアムのみで、後のアルトコインについてはレバレッジ取引のみとなっています。

ビットコインはもちろんのこと、有名なアルトコインはあらかた揃えているといった印象ですね。

もちろん今後も取り扱い銘柄は増えていくと思われるので、期待は大きいです。

毎週水曜日はメンテナンス

DMMビットコインは毎週水曜日の12:00〜18:00がメンテナンスとなっており、その間取引はもちろん口座開設も行うことができません。

DMMビットコインの特徴

取引画面やアプリが見やすく使いやすい

仮想通貨取引所の操作画面はごちゃごちゃしていて見づらかったりするのですが、DMMビットコインは直感的なインターフェースでシンプルで見やすく扱いやすいです。

・PCでの画面

・スマホアプリ

スマホアプリでもワンタッチで取引が可能で、空いた時間にサクサクっと売買ができてしまいます!

出先や移動中などパソコンが操作できない状態でも売り時、買い時を逃すことがないので便利ですね。

万全なサポート体制!

DMMビットコインはサポート体制も充実しており、24時間365日お問い合わせフォームからのお問い合わせに対応しています。

また、LINEでもお問い合わせが可能で、いつでも気軽にお問い合わせができるのもDMMビットコインの魅力です。

実際にLINEでお問い合わせしてみました。

LINEでのお問い合わせがどんな感じか確認も含めて、DMMビットコインのセキュリティ体制について質問してみたいと思います。

すぐ既読がつき、オペーレータを呼び出しているため待つように返事がきました。

しかし、現在混雑しているため回答はいただけませんでした。

結果として回答はいただけなかったものの、こんなに気軽にお問い合わせができるのは革新的だなと感じました。

素早く問題を解決したいときにこのLINEお問い合わせは重宝すると思います。

あらゆる手数料が無料!

DMMビットコインの大きな魅力の一つがこれ。

取引にかかるあらゆる手数料が無料で、他の取引所では300〜400円ほどかかるクイック入金の手数料も無料なんです。

手数料については以下の通りです。

・DMMビットコインの取引手数料

現物取引 無料
レバレッジ取引手数料 無料
レバレッジ手数料 日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算
入出金手数料 無料
仮想通貨の入出庫 無料

レバレッジ手数料は「日歩0.04%相当の日本円をロールオーバー時に減算」とありますが、これはポジションを保有している状態で未決済分の0.04%がロールオーバー時に減算されるということです。

ここでポジションとは、売らずに保有している状態を維持していることで、ロールオーバーとは日を跨ぐことを言います。

つまり、レバレッジ取引で購入したコインを売らずにいる状態で、日を跨ぐとそのタイミングで保有しているコインの0.04%の日本円が減算されるということです。

アルトコインのレバレッジ取引が可能

ビットフライヤーやGMOコインなどでもレバレッジ取引は可能ですが、それはビットコインだけの話。

DMMビットコインではイーサリアムやリップルなどの取り扱いアルトコインもレバレッジ取引の対象となっています。

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、証拠金と言われるお金を担保にして、その金額に倍率をかけて取引を行うことDMMビットコインのレバレッジ倍率は5倍までとなっています。

また、レバレッジ取引の決済方法は差金決済で、買った時の値段と売却した時の値段の差額が利益または損失ということになります。

例えば、1BTCが100万円の時に20万円を証拠金に5倍のレバレッジをかけた100万円で1BTCを購入します。

この時必要なお金は購入額の100万円ではなく証拠金の20万円のみです。

そしてBTCが値上がりし、1BTCあたり150万円となった時に売却すると50万円の差額利益が発生しこれを受け取ることができるので、最終的な利益は30万円となります。

しかし、逆に1BTCあたり50万円と価値が下がった場合は、差額が-50万円となり最終的には30万円の損失が出てしまうのです。

レバレッジ取引は利益も損失も大きくなるというハイリスク、ハイリターンな取引方法なんです。

証拠金維持率とロスカット

利益も損失も大きいレバレッジ取引にはロスカットという仕組みが存在します。

ロスカットとは強制決済のことで、今の価値で決済し取引を終了させる仕組みです。

そしてロスカットが行われる基準として証拠金維持率というものがあり、これは損失額を証拠金から引いた額が全体の証拠金の何%を占めるかで算出されます。

例えば、20万円の証拠金に5倍のレバレッジをかけた100万円で、1BTCあたり100万円のビットコインを購入します。

そして、ビットコインの価値が下がり1BTCあたり90万円となったら、10万円の損失が発生することになります。

この時の証拠金維持率は、20万円 – 10万円(含み損) = 10万円 = 全体の証拠金の50% = 証拠金維持率 = 50% となります。

ロスカットが行われる基準はDMMビットコインの場合、証拠金維持率80%なので上記例の場合、1BTCあたり96万円になったらロスカットが行われることになります。

DMMビットコインは倍率は低く、証拠金維持率は高いので初心者向け

レバレッジ取引について長々と解説しましたが、DMMビットコインはレバレッジ倍率が5倍までと、ビットフライヤーやGMOコインの25倍に比べるとかなり低いです。

また、ロスカットが行われる証拠金維持率が80%と損失を最小限に抑えられる設定になっているため、利益も損失も他の取引所と比較すると少なく初心者向きと言えますね。

DMM Bitcoinへの登録はこちらから

DMM Bitcoinの口座開設方法

DMM Bitcoinの口座開設方法は、他の取引所とあまり手順に違いはなく、簡単に口座を開設することができますよ。

メールアドレスとパスワードの設定

まずは公式サイトにアクセスし、「口座開設」のボタンをクリックします。

お使いのメールアドレスを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れ「送信する」ボタンをクリックします。

入力したメールアドレス宛にメールが届くのでメールにあるURLから再度アクセスしてください。

8〜20文字半角英数字記号を組み合わせたパスワードを入力し、送信ボタンをクリックします。

パスワードに問題なければパスワードの設定は完了です。

ログイン画面に登録したメールアドレスと設定したパスワードを入力し送信ボタンをクリックしてログインします。

個人情報の登録

ログイン後の画面上部に表示されているをクリックし、個人情報の登録をします。

まずは個人での登録か法人での登録かを選択します。

今回は個人での登録で進めていきます。

まずはPDFの各種規約資料を確認し、チェック項目にチェックします。

個人情報を各項目に入力していきます。

次に住所を入力するのですが、この時入力する住所は後ほど提出する本人確認書類に記載されている住所と同様でなければいけないため注意しましょう。

次に職業や今の資産状況について、該当する選択肢から選択します。

ここの内容によって登録が拒否されるということはないので、正直に選択してください。

最後に取引の動機や情報をメールで受け取るかの有無を選択し、確認ボタンをクリックします。

入力した情報に誤りがないか確認し、問題なければ登録ボタンをクリックして個人情報の登録は完了です。

本人確認書類の提出

次に必要になるのは本人確認書類の提出。

DMM Bitcoinで本人確認書類として有効なのは

・運転免許証
・パスポート
・住民台帳基本カード
・在留カード
・各種保険証及び住民票の写し、印鑑証明書、年金手帳

となりますが、各種保険証及び住民票の写し、印鑑証明書、年金手帳の顔写真がついていない書類については2種類アップロードしなければいけませんので注意してください。

今回は運転免許証で提出したいと思います。

提出書類を選択し、画像のように表面と裏面の写真をそれぞれアップロードします。

この時、書類の記載内容が読み取れないような写真は審査に通らないため、記載内容が確認できるかチェックして提出しましょう。

問題なければ提出し、本に確認書類の提出は完了になります。

あとは運営の審査待ちとなり、審査が通れば登録している住所宛に書留郵便でハガキが届くので書かれている認証コードを入力し口座開設は完了となります。

口座開設が完了しないと取引はもちろん入出金もできないので、ハガキが来るまで気長に待ちましょう。

携帯番号認証と二段階認証の設定

次にセキュリティのため、携帯番号の認証二段階認証を行っておきましょう。

やることは特に難しくないので、できるときに設定しておくことをおすすめします。

携帯番号認証

上記本人確認書類の提出が完了すると続いて携帯番号認証を行うのですが、個人情報の入力で電話番号を入力しているので再度入力する必要はありません。

「コードを発行する」のボタンをクリックすると、表示されている電話番号宛にSMSで届いた認証コードを入力して「認証する」をクリックすると携帯番号認証完了です。

二段階認証の設定

次に二段階認証の設定ですが、マイメニューの各種設定から二段階認証を選択します。

二段階認証は、スマホアプリ・メール・SMSで行います。

SMSでの二段階認証はすでに実施しているので、ここではスマホアプリでの認証について解説します。

「アプリ認証」のボタンをクリックすると、おすすめの2段階認証アプリが選択できます。

今回は他の取引所でも使用できるGoogleの二段階認証アプリを選択します。

GoogleをクリックするとApp StoreとGooglePlayそれぞれにアクセスできるQRコードが表示されるので、QRコードリーダーアプリで読み取りインストールしましょう。

起動して「設定を開始」をクリックするとQRコードで認証か手動入力での認証か選択できるので、QRコードでの認証を選択してQRコードリーダーを起動します。

DMM Bitcoinの画面にアプリの使用方法とQRコードが表示されているので読み取ります。

読み取りが成功するとアプリ側では6ケタの数字が表示されている画面に切り替わるので、表示されている6ケタの数字をDMM Bitcoin側で入力し認証ボタンをクリックしてアプリでの二段階認証は完了です。

DMM Bitcoinへの入金方法

DMM Bitcoinは本人確認書類の提出後に届くハガキを確認しなければ、入金及び出金を行うことができずメニューにも制限されている旨が記載されます。

入金

出金

まだ本人確認書類の提出が完了していない方は先に提出を完了しておきましょう。

入金方法①日本円入金(クイック入金)

メニューの「入金・入庫」から「日本円入金(クイック入金)」を選択します。

銀行検索画面からクイック入金を行う銀行を選択し、入金額を入力して「入金手続きを開始する」をクリックします。

銀行名と金額を確認し、相違な場合は「金融期間にログインする」ボタンをクリックし各銀行のページに手続きを行い入金完了となります。

入金方法②日本円入金(銀行振込)

メニューの「入金・入庫」から「日本円入金(銀行振込)」を選択します。

入金を行う口座が表示されるので、その口座宛に入金するだけで完了です。

なお銀行の振込手数料は自腹なのでご注意ください。

入金方法③BTC入庫

メニューの「入金・入庫」から「BTC入庫」を選択します。

入庫用のQRコードとアドレスが表示されるので、そのアドレス宛にウォレットや取引所から入庫して完了です。

入金方法④ETH入庫

メニューの「入金・入庫」から「ETH入庫」を選択します。

あとは「BTC入庫」と同じく、表示されたアドレス宛にウォレットや取引所から入庫して完了です。

DMM Bitcoinからの出金方法

出金方法①日本円出金

メニューの「出金・出庫」から「日本円出金」を選択します。

出金申請に出金先に口座情報が表示されるのですが、出金先の口座を登録していない方は「登録/変更はこちら」のリンクから登録及び変更を行いましょう。

出金額、二段階認証コードを入力して「出金申請する」をクリックして出金は完了となります。

出金方法②BTC出庫

メニューの「出金・出庫」から「BTC出庫」を選択します。

出庫の画面にて出庫アドレスと出庫数、出庫の目的を入力・選択し「出庫する」をクリックして出庫完了となります。

出金方法③ETH出庫

メニューの「出金・出庫」から「ETC出庫」を選択します。

あとはBTCの出庫と同様に、出庫アドレスと出庫数、出庫の目的を入力・選択し「出庫する」をクリックして出庫完了となります。

まとめ:DMM Bitcoinは初心者トレーダーにおすすめ!

DMM Bitcoinはビットコインとイーサリアムやリップルなど主要なアルトコインを取り扱っており、売買が簡単な販売所形式と初めて仮想通貨取引を行う方におすすめだと思います。

DMM Bitcoinはまだ運用を開始したばかりなので、これから取引高、取り扱い銘柄共に増加していくと思われるため登録しておきましょう。

ちなみに2018年3月31までに口座開設を行うと1,000円が口座にプレゼントされるお得なキャンペーンを実施中ですよ!

DMM Bitcoinへの登録はこちらから


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


2 件のコメント

    • 大統領様
      コメントありがとうございます。

      出庫アドレスとは、わかりやすく言いますと「通貨を送る宛先」になります。
      例えば、DMMビットコインのウォレットから、ビットフライヤーのウォレットに
      出庫する場合の出庫アドレスは「ビットフライヤーのウォレットのBTC(ビットコイン)アドレス」となります。

      ちなみに、出庫依頼は取り消すことができないため、アドレスは必ず間違いの無いように確認してください!

      また、出庫から着金までには3営業日くらいは時間がかかりますので、余裕を持って出庫手続きを行うようにしてください。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です