MyEtherWallet(マイイーサウォレット)登録と入金・送金方法を解説。

ウォレットとはその名の通り「財布」のことで、仮想通貨を取引所ではなく専用の財布に保管しておくことができます。

通常、取引所で買ったコインは取引所に保管されますが、取引所が倒産する、ハッキングなどにより消失・紛失のリスクがあり保有量が増えてきたらウォレットを作成しそちらに保管しておくというのが安全でしょう。

今回は、イーサリアム公式のウェブウォレット「MyEtherWallet(マイイーサウォレット)」の登録方法と入金・送金方法についてご紹介します。

MyEtherWallet(マイイーサウォレット)の登録方法

HPへアクセスしパスワードを設定

まずは、HPにアクセスしパスワードを作成・入力します。

9文字以上となっていますが、セキュリティ面を考慮すると30〜40文字ぐらいにしておきましょう。

ちなみに、右上から言語が選択できるので、日本語を選択しておきましょう。

Keystoreファイルと秘密鍵の保存

次にログイン時に必要なKeystoreファイルと秘密鍵を保存します。

先にKeystoreファイルを保存するのですが、紛失すると元に戻すことはできず、流出すれば保管しているコインが盗まれてしまうので厳重に保管しておきましょう。

保存が完了したら次に進み、次に秘密鍵の保存を行います。

画面に表示されている秘密鍵をコピーしてテキスト等で保存しておきましょう。

また、紙に印刷して厳重に保管しておくことを強くおすすめします。

保存と印刷が完了したらウォレットの作成は完了です。

マイイーサウォレットへのログイン方法

ウォレットの作成が完了したら、早速ログインしてみましょう。

基本的には画面上部にあるメニューをクリックする度に、ログインを求められます。

では、お財布情報を確認するためにログインしてみましょう。

Keystoreファイル・パスワードでログイン

「お財布情報を見る」ををクリックし、複数ある方法のなかから「キーストア/JSONファイル」を選択します。

「お財布ファイルを選択」をクリックし、保存したKeystoreファイルをアップロードするとパスワードが表示されるので、最初に作成したパスワードを入力します。

パスワードを入力したら表示される「アンロック」ボタンをクリックすればログイン完了です。

秘密鍵のコードでログインする

「お財布情報を見る」ををクリックし、「秘密鍵」を選択します。

「秘密鍵」の欄に前の手順で保存した秘密鍵を入力します。

秘密鍵を入力したら表示される「アンロック」ボタンをクリックしてログイン完了です。

MEW以外のウォレット情報でログイン

MEWでは、一部別のウォレット(JAXXなど)のログイン情報でログインするとそのウォレットからトークンを抽出することができ、ウォレットに不具合が発生してもMEWにログインすることでトークンを抽出することができます。

また、受け取ったトークンにウォレットが対応していない場合でも、MEWが対応していれば抽出でき保管しておくことができます。

方法はログイン方法で「ニーモニック文章」を選択します。

あとは他取引所のニーモニックとバックアップキーを入力し完了です。

MEWの入金・送金方法

MEWへの入金方法

MEWへの入金方法は簡単で、送金元の取引所の送金画面にてウォレットのアカウントアドレス宛に入金するだけで、受け取り側で作業を行うということはありません。

ウォレットのアカウントアドレスは「ウォレット情報」で確認することができます。

MEWからの送金方法

ウォレットから送金する方法はまず、「エーテルとトークンを送る」をクリックしログインします。

ログイン後各項目に情報を入力します。

住所:送金先のアドレスを入力(ここを間違えると受け取ることができず消失するので要注意!)

送信する金額:どのくらいETHを送金するかを入力

ガス制限:送金スピードを設定する数値。デフォルトは「21000」

◆ガスとは
数値が大きければその分速く入金処理が可能だが手数料が高くなる。ICOで送り先から指定ある場合は指定の数値を入力する。

安全性が高いのはハードウォレット

ウォレットには様々な種類があり、今回紹介したマイイーサウォレットはウェブウォレットと言われるものでウェブ上で動作するためハッキングやフィッシングサイトでのリスクがあります。

ウォレットの中でも一番堅牢なのは、USBメモリ形式で取引に使用される秘密鍵を保存しているハードウォレットです。

バージョンのアップデートにより機器のデータが消去されてしまい、パスフレーズからウォレットを復元しアプリケーションを再インストールする手間が必要ですが、ネットにも接続せず、PC上にも存在しないためハッキングや不正アクセス、ウィルス感染などの脅威はありません。

値段が1万円前後と高価ですが、資産を失うリスクを考えると必要経費でしょう。

ハードウォレットは必ず公式サイトから購入を!

ハードウォレットは必ず公式のサイトから購入するようにしましょう。

というのも、ハードウォレット内のデータを横取りする悪質なプログラムが仕込まれた詐欺ウォレットが販売されており、実際に通貨を盗まれた被害報告も少なくないのです。

詐欺ウォレットの多くは、イベントやECサイト(Amazonなど)で販売されている場合が多く、そういった詐欺ウォレットを避けるためにも公式サイトで購入しましょう。

実際にフリマサイトの「メルカリ」では、ユーザーの仮想通貨の盗難被害に配慮し、ハードウォレットの販売を禁止しました。

おすすめのハードウォレット

Ledger Nano S

最も有名なビットコインのセキュリティ会社の1社であるフランスのLedger社が、2016年8月にリリースした「Ledger Nano S」

数あるハードウォレットの中でも特に人気が高く、現在は品薄で次の入荷は2月中旬になるようです。

対応している通貨が多く、GoogleアプリケーションがインストールできるPC全てで動作するのが魅力ですね。

また、日本に販売代理店があるので、海外のサイトで購入するのが少し不安な方は日本の販売代理店から購入しましょう。

メールでのお問い合わせにも対応しているので、もしもの時も安心ですね。

・対応通貨
BTC
BCH
BTG
ETH
ETH系トークン
ETC
DASH
ZEC
XRP
STR
DGB
STRAT
QTUM
KMD
ARK
UBQ
VIA
HSR

公式サイトはこちら

TREZOR

TREZORはシンプルな見た目で親指ほどの大きさに、液晶画面とボタンが2個ついているのみです。

PCにUSBで接続し、二つのボタンを操作して送金ができます。

「Ledger Nano S」と比較すると対応コインは少ないですが、USBで繋いでウォレットにアクセスするだけで使用できたり利便性はTREZORのほうが高く、ビットコインやイーサリアムなどを保管しておきたい人におすすめです。

・対応通貨
BTC
BCH
BTG
ETH
ETH系トークン
ETC
DASH
ZEC

公式サイトはこちら

まとめ:ICOに参加するならウォレットは持っておこう。

コインは取引所に保管しているよりもウォレットで管理する方が安全です。

また、ICOに参加していく方にもMEWは必須になります。

ICOのトークン購入はほとんどがイーサリアムであり、購入できるトークンは取引所によっては受け取りが不可能な場合があります。

イーサリアムで購入したものの、取引所のウォレットでは受け取ることができず、どうにもできなくなる人が多いようなので、セキュリティ面やICOでの利便性を考慮するとMEWを登録しておくことをおすすめします。


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です