仮想通貨で税金がかかるタイミング!ビット⇆アルトは非課税?

仮想通貨はどのタイミングで課税対象になる?

新しい投資を探している方たちにとって、仮想通貨は大きな利益を上げるだけでなく、上手くいけば億万長者になれるチャンスもある投資方法です。

ところが、比較的新しい投資方法であるため、税金の仕組みがまた広く理解されていません。

仮想通貨トレードで利益を上げた場合、どのタイミングで課税対象となるのでしょうか。

【パターン1】

ビットコインFXやビットコイン先物、あるいは信用取引やレバレッジ取引などと呼ばれる取引の場合、買いから入っても、売りから入っても、日本円で利益確定すればその時点で利益分が課税対象になります。

例えば、ビットコインFXでBTC/JPYのトレードをして、利益確定した時に10万円の利益なら、10万円が課税対象になります。

【パターン2】

海外でレバレッジ取引をした場合、買いから入っても、売りから入っても、利益確定すればその時点で利益分が課税対象になります。

例えば、ETH/BTCのトレードをして、利益確定した時に3BTCの利益なら、3BTCが課税対象になります。

【パターン3】

現物取引の場合ですが、まず日本円を仮想通貨に換金して保有します。

その仮想通貨の価格が上がった時に日本円に換金して売却益を出せば、その時点で売却益が課税対象になります。

例えば、1BTC=20万円の時にビットコインを100万円(5BTC分)購入して、1BTC=30万円の時にすべて売却すると、50万円の利益が課税対象になります。

【パターン4】

現物取引の場合ですが、まず日本円をビットコインに換金します。
そのビットコインをアルトコインに換金して保有します。

そのアルトコインの価格が上がった時にビットコインに換金して売却益をだせば、その時点で売却益が課税対象になります。

例えば、1BTC=30万円の時にビットコインを1BTC購入して、0.00005BTC=1XEMの時に20,000XEM(1BTC分)購入して、0.0001BTC=1XEMの時にすべて売却すると、1BTCの利益が課税対象になります。

【パターン5】

現物取引の場合ですが、まず日本円をビットコインに換金します。
そのビットコインを海外の仮想通貨取引所に送金します。

送金した先の海外の取引所で、ビットコインをアルトコインに換金して保有します。

そのアルトコインの価格が上がった時にビットコインに換金して売却益をだせば、その時点で売却益が課税対象になります。
(例は、国内と海外の取引所という違いだけなので省略)

税務署によって判断が変わる?

上記のパターン2・4・5に関しては、税務署によって判断が変わるかもしれません。

つまり「ビットコインを円に換金しなければ課税対象にならない」と考える税務署もあるかもしれないのです。

こればかりは自分が税金を納める税務署に問い合わせるしかありません。

「ビットコイン⇔アルトコインで利益が出たら、その年に申告するのか?」
「利益がビットコインで出た場合、翌年でも翌々年でも日本円に換金した時点で利益が出たと申告すれば良いのか?」

と訊いてみましょう。

ネット上では、ビットコイン⇔アルトコインで得た利益は日本円に換金しない限りは税金がかからないという意見があります。

ですが、現状では「仮想通貨で得た収入は個人であれば雑所得で総合課税の対象となる」という法律による決まりがあります。

このため、当記事では税金がかかるタイミングとして、より厳しい基準に焦点をあてました。

それというもの、もし「日本円に換金しなければ税金はかからない」と言い切ってしまったら、それを信じて申告しなかった方があとで追加課税させられる可能性もあるからです。

最悪の場合ですが、税務署が悪質と判断すると、重い罰則である「重加算税」が課せられるかもしれません。

 

追記(2017.11.11):税務署に問い合わせたところ、どのパターンでも間違いなく課税対象になることがわかりました。

 

ビットコインの儲け(売却益)にかかる税金!日本での計算方法!

ちなみに…

ビットコイン⇔アルトコインでの利益の他にも、

イーサリアム⇔アルトコイン
USDT⇔アルトコイン
WAVES⇔アルトコイン
ビットコイン(イーサリアム等)⇔ICO

といった取引でも、利益が出れば税金がかかると考えた方が無難です。

USDTもWAVESも仮想通貨です。
ICOとは、取引所にデビューする前の仮想通貨のプレセールです。

ICOで資金を集めて実際の発行にこぎつけるのです。

ビットコインの税金逃れは脱税!税金対策や節税方法まとめ!

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


6 件のコメント

  • はじめまして、非常に参考になりました。

    課税タイミングで質問なのですが、取引所内でJPYにした時点で課税なのでしょうか?

    それとも自身の口座へ出金し、実際銀行から引き出せる状態での事なのでしょうか?

    宜しくお願い致します。

  • ペコパパ様

    こんにちは。
    質問の件ですが、取引所内で売買して、利益が発生した時点で課金対象となります。
    取引所から銀行口座に出金しなくても、申告する必要があります。

    ペコパパさまは国内の取引所を利用しているようなので、購入した仮想通貨を日本円にして利益が出た瞬間、その利益が課税対象となります。

    そろそろ確定申告ですね。
    ペコパパ様が確定申告をする、そのお手伝いができたら嬉しく思います。

    今後とも当サイトをよろしくお願いします。

  • はじめまして。

    課税の件ですが、下記の場合どうなるのでしょうか?

    円(50万)→ビットコイン(50万)→アルトコイン(50万→100万)→円(100万)→ビットコイン(100万)→アルトコイン(100万→200万)
    この場合、円で利確した時点ですと100万ー50万=50万が課税対象
    アルトであれば200万-50万=150万が課税対象
    もし、アルトであればどの時点が利益と認識されるのでしょうか?
    (アルトは円と違い利確出来ないのではないかと考えます。)

    宜しくお願いいたします。

  • はやぶさ様

    こんばんは。

    質問の件ですが、
    円(50万)→ビットコイン(50万)→アルトコイン(50万→100万★ここで差益50万が課税対象となる)→円(100万)→ビットコイン(100万)→アルトコイン(100万→200万◆)
    となります。
    アルトコインも、売買して差益が出れば、申告します。

    最後の◆は、100万から200万に増えても、円(あるいはビットコインなど)に換金しなければ課税対象にはなりません。

    以上となります。
    今後とも当サイトをよろしくお願いします。

  • はやぶさ様

    すみません、上記の内容、一部間違いがあります。

    円(50万)→ビットコイン(50万)→アルトコイン(50万→100万)→円(100万★ここでアルトコインとの差益50万が課税対象になります)→以下略

    以上です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です