仮想通貨を守るウォレットとは?それぞれの特徴とおすすめハードウェアウォレットを紹介。 

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

連日のようにニュースに取り上げられ、参入者も激増し一般にも広く浸透してきた仮想通貨。

その反面、2018年1月に発生したコインチェックで取り扱っていた通貨「NEM」が当時の相場にして580億円相当が不正に送金され、多くのユーザーが資産を失うという現象が起きたように仮想通貨に対するセキュリティ意識に関してはまだまだ広まっていないと言えるでしょう。

コインチェックの騒動を受けて取引所に資産を保管しておくことに不安を覚えた方は多いはずです。

そこで今回は仮想通貨を自分で管理することができるウォレットについてそれぞれの種類の特徴とおすすめのウォレットについてご紹介したいと思います。

ウォレットの種類とおすすめのウォレット

そもそもウォレットというのは簡単に、仮想通貨を保管しておく場所です。

様々な形態のウォレットがあり、使い勝手やセキュリティの高さは様々なので自分の資産状態に合わせてどのウォレットを利用するか判断しましょう。

取引所のウォレット

取引所でコインを購入すると、資産として取引所のウォレットに保管されます。

取引したい時に資産を移動する作業がないため利便性は高いですが、コインチェックのように盗難やハッキングによる資産消失のリスクがあります。

コインチェックでは一つのホットウォレットで全ての通貨を管理しており、コールドウォレットとマルチシグが適用されていなかったためセキュリティがずさんだったと批判されています。

◆ホットウォレットとは
コールドウォレットとは逆にインターネット接続されたウォレットのこと。デスクトップウォレットやウェブウォレット、スマホなどが該当する。取引所のウォレットもコールドウォレットとホットウォレットを併用し、すぐに取引できるよう資産の一部をホットウォレットで保管しています。
◆コールドウォレットとは
インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。オフラインのスマホやPCはコールドウォレットとは言わず、ペーパーウォレットやハードウェアウォレットがなどがコールドウォレットに分類する。
◆マルチシグとは
公開鍵暗号方式において秘密鍵が2つ以上存在する状態のこと。複数の秘密鍵が存在し全てもしくは一定数の鍵が揃わないとアクセスできず、片方の鍵が盗難にあった場合でもアクセスされる心配はない。

しかし、取引所の中にはセキュリティファーストを理念にセキュリティに関して徹底している所もあります。

Bitbankは仮想通貨ごとのコールドウォレット、マルチシグの適用状況を発表しており評価を得ています。

・ビットバンクの運用管理:マルチシグ適用状況

仮想通貨の種類 コールドウォレット ホットウォレット
マルチシグ 非マルチシグ マルチシグ 非マルチシグ
ビットコイン
ライトコイン
リップル
モナコイン
ビットコインキャッシュ
イーサリアム

参考記事:仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

また、国内のメジャーな取引所は可能性が低いですが、取引所の倒産によって預けていた資産が引き出せなくなることもありうるので注意が必要です。

ウェブウォレット

ウェブウォレットは取引所とは別に資産を保管できるウェブ上のサービスです。

IDとPASSを設定すれば簡単に利用ができ、有名なイーサリアムの公式ウォレット「MyEtherWallet」は思った以上にすぐ作れます。

下記記事にてMyEtherWalletの作り方を紹介していますので、参考にしてみてください。

2018年4月25日追記:現在、MyEtherWallet(マイイーサウォレット)がハッキング被害に遭っているようです。

正しいURLからアクセスしても偽物のフィッシングサイトのリダイレクトされるようになっているので、新規登録はしないようにしてください。

https://xn--78j2ayab5g683tvm0atzcx31l5iau63a.com/2631.html

しかし、ビットコインはビットコインのウォレット、イーサリアムはイーサリアムのウォレットと通貨ごとに専用となっており、取り扱い通貨が増えるごとにウォレットが増え管理が煩雑になってしまいます。

また、ウェブ上のサービスのため、ハッキングやそっくりの偽サイトで情報を騙し取るフィッシングサイトの被害に合いやすいのでリスキーではあります。

長期保有する予定がなく頻繁に取引する通貨を保有しておく用に利用すると良いでしょう。

ソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットは自分のPCやスマホにダウンロードして使用するウォレットです。

送金時にのみネットに接続するため、ウェブウォレットに比べハッキングやフィッシングのリスクは低いですがPC自体をハッキングされたりウィルスによって通貨を勝手に送金されるリスクがあります。

先日、大阪の高校生が「モナコイン」を対象に勝手に送金処理をするウィルスを作成したとして逮捕されました。

実際に被害にあった男性は、当時の価格で約15000円分のモナコインを送金されていたようで、モナコインを保有している方向けの掲示板にアップされたものから感染したそうです。

参考記事:高校生逮捕、仮想通貨「モナコイン」のウォレットを盗む不正プログラムを解析

ソフトウェアウォレットを利用する際は、セキュリティソフトの導入・最新化を行い、不明なリンクにはアクセスしない用にしましょう。

また、スマホにインストールするタイプのモバイルウォレットもありますが、偽物のウォレットアプリが出回っていることがあり危険です。

最近では仮想通貨「ADA」を扱う「Daedalus」の公式ウォレットを偽ったアプリがGoogle Playに配信されました。

このアプリは、ビットコイン等をADAコインに変換できると謳っており、アプリに記載されているアドレスにコインを送るとそのまま消えてしまうという恐ろしいものです。

ウォレットは必ず公式サイトからインストールしましょう。

参考:仮想通貨を盗む詐欺アプリ、Google Playに出現

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットはPCとUSB等で接続して通貨自体ではなく通貨にアクセスするために必要な秘密鍵を暗号化してを保管します。

ネットに接続せず、PC上にも存在しないためウォレットの中では一番の堅牢性を誇ります。

物体で管理するためウォレット自体を保管する必要がありますが、もし紛失しても最初に表示されたパスコードを用いて復元ができるためパスコードさえ紛失しなければ安心です。

また、動作させるには「PINコード」の入力が必須なので、端末自体が盗まれたとしてもPINコードが盗まれなければ問題ありません。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットはそのまま紙で資産管理する方法です。

秘密鍵とコインをアドレスを紙に印刷して保管しておくため、ハードウェアウォレット同様ネットに接続せず秘密鍵が見られることがなければ安全です。

しかし、紙での保存になるためインクや紙の劣化、紛失や破砕などで秘密鍵が確認できなくなる危険性があります。

また、頻繁に取引する通貨においては取引のたびに印刷する手間がかかるので、取引に使用しない長期保有用の通貨を保管する用に作成すると良いでしょう。

おすすめはハードウェアウォレットかペーパーウォレット

様々なウォレットについて紹介しましたが、一番堅牢性が高くリスクが少ないのはハードウェアウォレットかペーパーウォレットの二つになります。

中でもハードウェアウォレットは堅牢性が高く、USBに接続するだけなので簡単に仮想通貨を保管することができます。

ハードウェアウォレット自体を紛失しても、パスフレーズがあれば復元が可能でPINコードを設定しておけば他人にログインされる心配もありません。

少々お値段は高いですが、資産を失うリスクと安全性にお金をかけていると考えればそこまで高い金額とは感じないはずです。

仮想通貨のセキュリティをお考えの方はハードウェアウォレットを導入することをおすすめします!

ハードウェアウォレットの仕組みを理解しておこう

ハードウェアウォレットを導入するにあたり、ハードウェアウォレットの仕組みを理解しておきましょう。

仕組みを理解しておくことでトラブルにあった時も冷静に対処することができますよ。

ハードウェアウォレットに通貨そのものが保管されているわけではない

ハードウォレットはその端末内に通貨自体が画像や動画の用に保存されているイメージですが実は違います。

端末の中に保管されているのは通貨そのものではなく、通貨を引き出すために必要な秘密鍵でそれを暗号化して保存しているのです。

ハードウェアウォレットは、通貨を引き出すために必要な鍵を仮想通貨ごとに保管している鍵束のようなものと考えればイメージがつきますね。

ハードウェアウォレットは公式サイトで購入しよう

ハードウェアウォレットは必ず新品を購入しましょう。

また、ECサイトなどで個人出品されているものは、改造され不正なプログラムが仕込まれている可能性が高いため、必ず公式サイトから購入するようにしてください!

フリマアプリの「メルカリ」では、出品者と購入者の仮想通貨によるトラブルを考慮し、ハードウェアウォレットの販売を禁止しました。

多少値段が高くなっても、公式サイトで正規品を正規の値段で購入しましょう!

おすすめのハードウォレット2選

Ledger Nano S(レジャーナノエス)

ビットコインのセキュリティ会社の1社であるフランスのLedger社が、2016年8月にリリースした「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」

数あるハードウォレットの中でも特に人気が高いウォレットで対応している通貨が多く、GoogleアプリケーションがインストールできるPC全てで動作するのが魅力ですね。

人気が高いアルトコインのリップル(XRP)に対応していることも大きな特徴です。

また、日本に販売代理店があるので、海外のサイトで購入するのが少し不安な方は日本の販売代理店から購入しましょう。

メールでのお問い合わせにも対応しているので、もしもの時も安心ですね。

公式ページにもAmazonのリンクはありますが、公式ページで購入した方が価格が多少抑えられるのでお得です。

・対応通貨

BTC BCH BTG ETH ETH系トークン ETC DASH ZEC XRP STR DGB STRAT QTUM KMD ARK UBQ VIA HSR

公式サイトでは使い方まで動画で丁寧に解説されており、初めて使う方にも安心です。

→使い方はこちら

Ledger Nano S(レジャーナノエス)正規代理店はこちらから

TREZOR(トレザー)

TREZORはシンプルな見た目で親指ほどの大きさに、液晶画面とボタンが2個ついているのみです。

PCにUSBで接続し、二つのボタンを操作して送金ができます。

「Ledger Nano S(レジャーナノエス)」と比較すると対応コインは少ないですが、USBで繋いでウォレットにアクセスするだけで使用できたりトレザーは簡単に操作ができるのが魅力ですね。

また、国産通貨のMONAコインに対応しているのも特徴です。

・対応通貨

BTC BCH BTG ETH ETC DASH ZEC LTC MONA

TREZOR(トレザー)公式サイトはこちら

KeepKey

KeepKeyは大きな液晶にボタンが一つと非常にシンプルな形をしており、液晶の画面が大きく文字が見えやすくまた、操作方法も単純なので初心者の方にもおすすめです。

対応通貨は上の二つよりは少ないですが、DOGEコインが対応しているのでサブウォレットとして持っておくと良いでしょう。

ハードウォレット内に乱数精製機が備わっていたり、セキュリティでの強みが魅力です。

・対応通貨

BTC ETH LTC DOGE DASH NMC

公式サイトはこちら

まとめ:多額の資産を保有している人は今すぐ導入するべき

仮想通貨取引所が倒産やトラブルに陥ると取引所に預けている資産が引き出せなくなったり、通貨そのものが消失してしまったりする可能性が高いです。

ウォレットは仮想通貨を守るために必須のセキュリティ対策で、中でもハードウェアウォレットは堅牢性が高くおすすめです。

取引に使用しない長期保有用の資産はハードウェアウォレットで管理し、不測の自体に備えましょう!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA