徹底解説!安全性が高い取引所BITPOINT(ビットポイント)が登録方法と安全な理由について

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

あなたの登録しているその取引所はセキュリティレベルが低く、ハッキングなどによる盗難の危機に晒されているかもしれません。

仮想通貨は今や、一般にも広く浸透し、保有者や取引が多くなっていますが、2018年1月に発生したコインチェックのハッキングによる盗難事件など取引所のセキュリティ体制に不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

すでに取引を行なっている方も、これから取引を始めたいと思っている方もできるだけ安全な取引所に登録したいと思いますよね?

国内取引所の「BITPOINT(ビットポイント)」は、安全性に対する取り組みがなされており、初心者から上級者にまでおすすめできる取引所なんです。

今回は、ビットポイントの登録方法となぜ安全性が高いのか?その理由や特徴についてご紹介したいと思います。

BITPOINTへの登録はこちらから

簡単スピーディ!ビットポイントへの登録方法

ここからはビットポイントへの登録方法について紹介したいと思います。

特に難しい作業はなく、手続きもすぐに済むので興味のある方は登録してみてください。

まず、HPにアクセスし右上の「口座開設」ボタンをクリックします。

法人での登録の場合は、「法人のお客様はこちら」をクリックします。

今回は個人での登録方法で登録を行っていきます。

同意事項を確認しチェックします。

次に個人の情報を入力していくのですが、ここで入力する住所などの情報は後ほど提出する本人確認書類と同一でなければいけません。

また、登録後にビットポイントから郵送物が届くので、受け取ることができる現住所を入力しましょう。

入力した内容を確認し、問題なければ「次へ」をクリックします。

基本情報の入力が完了したら、次に本人確認書類の提出を行いましょう。

本人確認書類とは犯罪防止のため利用者本人であること、架空の人物ではないことを証明する手続きなので必須になります。

ビットポイントで認められている資料は以下の4つです。

・運転免許証
・運転経歴証明証
・パスポート
・住民基本台帳カード

表面と裏面をそれぞれアップロードし、「アップロード」をクリックして完了となります。

もし、写真付き身分証明証を持っていなくても本人確認は行うことができます。

ビットポイントが定めるAの資料を2点もしくは、Aの書類1点とBの書類1点を提出すれば良いのです。

Aの書類とは以下の6点。

・各種健康保険証
・介護保険証等健康保険証
・各種年金手帳
・母子健康手帳
・児童扶養手当証書
・各種福祉手帳

Bの書類とは以下の6点。

・公共料金の領収書
・国税、地方税の領収書
・社会保険料の領収証書
・納税証明書
・住民票の写し
・印鑑証明書

例としてAの書類の「各種健康保険証」と「各種年金手帳」を提出するか、Aの書類の「各種健康保険証」とBの書類の「公共料金の領収書」を提出することで本人確認ができるので、写真付き身分証明書を持っていない方はこのように対応しましょう。

外国籍の方は在留カードをアップロードして本人確認書類の提出を行いましょう。

以上でビットポイントの登録は完了となります。

この後ビットポイント側で審査があり、審査が完了すると登録している住所あてにログインパスワードなどが記載された書類が届くようになっていますのでしばらく待ちましょう。

3月1日追記:登録申し込みから3日後にビットポイントジャパンから簡易書留の郵便が届きました!

Zaifは3ヶ月以上かかっていたので今回のビットポイントはかなり早いな感じました。

書類には口座解説が完了した旨とログインに必要なログインパスワードが記載されていました!

早速、IDとパスワードを入力しログインします。

初回ログイン時にパスワードの変更を行います。

変更してログインした後、書面内容を確認しボタンをクリックします。

こちらがメインメニューになります。

ビットポイントの入金方法

口座解説が完了したら入金〜取引を行うことができるようになります。

入金方法は振込入金即時入金が利用できます。

振込入金

振込入金はビットポイントが指定した口座に振込し、入金します。

取り扱い銀行は以下の3つです。

・東京スター銀行
・住信SBIネット銀行
・ゆうちょ銀行

振込処理を行うときは、振込依頼人名の後に9桁のお客様番号を入力するようにしましょう。

入力しなくても振込は可能ですが、個人の特定に時間がかかってしまい入金反映に時間がかかってしまいます。

また、住信SBIネット銀行の口座を持っておけば、住信SBIネット銀行への振込手数料が無料になるので口座開設しておくと少しお得です。

入金方法

メニューから「入出金・振替」の「入金先口座情報」を選択します。

あとは表示されている口座に振込処理を行い振込完了となります。

即時入金

即時入金はその名の通り、すぐに入金が可能で反映も早いのが特徴の便利な入金方法です。

イオン銀行とジャパンネット銀行が選択できます。

入金方法

振込入金と同様にメニューから「入出金・振替」を選択し「即時入金」を選択します。

次にイオン銀行とジャパンネット銀行どちらかを選択して入金額を入力し、「確認画面」をクリックします。

金額に問題なければ「入金依頼」をクリックし、選択した銀行ごとに処理を行い入金完了となります。

ビットポイントの安全性が高い理由

では、冒頭でも述べたようになぜビットポイントの安全性が高いのか?

その理由を6つの要因から解説していきたいと思います。

親会社が東証第二部に上場している

国内仮想通貨取引所「ビットポイント」は株式会社ビットポイントジャパンが運営しています。

設立は2016年3月と若いですが、東証第二部に上場している株式会社リミックスポイントが親会社とあって信頼性が高いです。

なぜ上場企業が信用できるかというと、そもそも上場企業には様々な条件が求められておりその一部が

・事業の継続性と収益力
・経営の健全性
・事業内容の開示適正力

となっています。

つまり、廃業になりそうな事業形態を取り扱っていると判断される企業や、収益基盤のない企業は上場することができず、言い換えれば上場企業はこの条件をクリアしているため信頼性が高いと言えるのです。

金融庁から仮想通貨交換業者の認可を得ている

ビットポイントを運営している株式会社ビットポイントジャパンは、金融庁から仮想通貨交換業者として登録され認可を得ています。

金融庁から仮想通貨交換業者の認可を得ている取引所がなぜ安全性が高いかというと、仮想通貨交換業者には「利用者財産の分別管理」が義務付けられているからなんです。

利用者財産の分別管理

利用者財産の分別管理とは、利用者から預かった金銭・通貨と会社自身が保有している金銭・通貨を明確に区分して管理することです。

また、年1回以上は管理状況の外部監査を受ける義務があり、かつてのマウントゴックスのような事件は発生しにくくなっていると考えられますが、もし発生した時に資産が全額戻ってくるかは取引所の管理状況しだいとなってしまいます。

ですが、ビットポイントはそういった不測の自体にも対応できるような仕組みが存在しているんです。

コールドウォレット、マルチシグネチャが適用されている

コインチェック騒動で耳にした方は多いのではないでしょうか?

「コールドウォレット」「マルチシグネチャ」この二つは仮想通貨取引所のウォレットの管理における重要なものです。

ウォレットを簡単に説明すると、通貨や金銭を保管している名前の通り財布のようなもので、それを取引所が管理しています。

上記二つの仕組みが導入されているか否かは、取引所の安全性に大きくしていると考えて良いでしょう。

◆コールドウォレットとは
コールドウォレットとはウォレットの仕組みの一つ。ネットワークとは切り離されたウォレットのことで、ネットワークから切り離されていることにより、ハッキングや不正アクセスを回避することができ資産を外部の脅威から守ることができる。
◆マルチシグネチャとは
通称マルチシグ。暗号鍵方式の一つ。秘密鍵と公開鍵を一対で持つ通常の方式とは違い、秘密鍵を複数持ち複数の秘密鍵が揃わないとアクセスできないようになっている。この複数ある秘密鍵を分散して管理することで一つの秘密鍵が盗まれてしまったとしてもアクセスは不可能であり、堅牢性が保たれる。

2段階認証が設定できる

仮想通貨取引所を利用する際にもっとも気をつけなければならないのは、アカウントのログイン情報が流出してしまうことです。

これにより、第三者のアクセスを許してしまいウォレットに保有している資産を不正に送金されてしまうのです。

多くの取引所が設定できる2段段階認証は、IDやパスワードとは別の確認コードを入力しなければログインができないという仕組みなので、ログイン情報が流出してもログインは防ぐことができます。

取引所に登録したら必ず設定しておきましょう。

取引時に暗証番号入力を設定できる

ビットポイントは入出金の際に取引暗証番号を入力するように設定ができます。

極論、取引暗証番号さえ守ることができれば不正な入出金を防ぎ資産を守ることができるので、登録の際には必ず設定しておきましょう。

メールだけではなく電話サポートも対応

多くの仮想通貨取引所のお問い合わせはお問い合わせフォームまたは、メールでのお問い合わせしか対応していません。

今すぐ問題を解決したい場合でも、返答に2〜3日を要し場合によっては返答が返ってこないといったこともありかなり不便です。

そんな中ビットポイントは電話でのお問い合わせに対応しており、今すぐ問題解決したい場合に対応してもらえるのは取引所としての信用性は高いのではないでしょうか。

電話・フォームからのお問い合わせはこちらから
カスタマーセンター-BITPOINT(ビットポイント)-

以上がビットポイントが安全である理由6つでした。

「ビットポイント」他の特徴について


ビットポイントが安全性の高い取引所であることを説明してきましたが、その他にも他の取引所にはない特徴があるので紹介したいと思います。

高機能トレードシステム「MT4」を搭載

ビットポイントは仮想通貨取引所では唯一、FXツールの「MT4(MetaTrader4)」が利用できます。

MT4は世界で認められたインストール型の多機能トレーディングプラットフォームで、大きな特徴としては自動売買プログラム(EA)を設定できるという点です。

設定には少し知識が必要ですが、自動で相場や市場の動きを見て売買を行ってくれるので自分の時間を奪われることがなく取引ができるのは大きなメリットとなるでしょう。

外資を保有できる

ビットポイントではウォレットにJPY(日本円)の他にドルなどの外資を保有することができ、例えばビットコインを売却して金額をドルで受け取ることができるのです。

このメリットとしては、ビットコインを購入してよりビットコインの価値が高い通貨で売ることにより利益を得られるという点です。

しかし、外資での入金は不可能となっています。

取引手数料・送金手数料が無料

ビットポイントは取引手数料・送金手数料が無料となっています。

手数料については以下の通りです。

・取引手数料

項目 金額
現物取引 無料
レバレッジ取引 無料
ビットポイントFX取引 無料

・入出金手数料

項目 金額
日本円入金 振込手数料実費分
日本円出金 振込手数料実費分

・送金手数料

項目 金額
仮想通貨預入 無料
仮想通貨送金 無料

入出金の時だけ手数料は負担ですが、取引にかかる手数料は無料なのでお得ですね!

最大25倍のレバレッジ取引が可能

ビットポイントはレバレッジ取引が可能で、倍率は最大25倍と高めになっています。

レバレッジ取引とは証拠金にレバレッジをかけ、証拠金よりも大きな金額で取引ができる取引方法であり、例えば証拠金が4万円だとするとその25倍の100万円で取引が行えるというものです。

しかも追証なしなので、証拠金分以上の損失は発生することがなく、少ない資産で大きな取引が可能です。

ビットポイントの取引所としてのデメリット

ここまでビットポイントの良い点を述べてきましたが、実はビットポイントにもデメリットが存在します。

取り扱い通貨が少ない

ビットポイントは取り扱い通貨が2018年2月時点で以下の5つです。

・BTC(ビットコイン)
・BCC(ビットコインキャッシュ)
・ETH(イーサリアム)
・LTC(ライトコイン)
・XRP(リップル)

10以上の取り扱いがあるコインチェックと比べると少なく感じますが、主要なコインは取り揃えているので特に不自由を感じることはないかと思います。

また、取り扱い通貨は今後も増えていくかと思われますので、取り扱いの少なさは徐々に解決されていくでしょう。

販売所形式での売買がない

仮想通貨取引所では、主に販売所形式での購入と取引板での購入の二つの方法があります。

販売所形式は取引所から通貨を売買する形で、買いたい数量を入力するだけで購入することができ簡単ですが、取引所の取り分としてマージンが上乗せされるため市場の相場より少し高値になっています。

一方で取引板での購入は、通貨を持っている人同士が売買を行う形式で、購入や売却の方法は少し難しいですがマージンが上乗せされることはないので販売所形式より安く購入できることが多い購入方法です。

ビットポイントでの通貨の購入は全て取引板での売買となっており、初心者の方は慣れるまで大変ですが取引板での売買は販売所形式よりお得に取引できるため慣れてしまえば逆にメリットになります。

以上がビットポイントのデメリットですが正直、主なデメリットは上記のみで場合によってはメリットになる要素ばかりですね。

安全性を求めるならビットポイントは登録しておくべき!

ビットポイントはコールドウォレットでの資産管理やマルチシグの適用、二段階認証や入出金時に取引暗証番号が必要だったりとセキュリティに力を入れており安全性が高く、取引所のセキュリティや保証が気になる方にはかなりおすすめな取引所ですよ!

また、3月31日(土)までに口座開設申し込み、4月16日の16時までに入金を行うと、3000円分相当のBTCがもらえるお得なキャンペーンを実施中!

キャンペーンについては随時公式サイトに掲載されるので、確認しておくと良いです。
キャンペーン情報-BITPOINT(ビットポイント)-

まだ登録していない方は今すぐに登録しましょう!

BITPOINTへの登録はこちらから

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です