QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設方法と特徴や口コミ・評判について

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

現在、数多くの仮想通貨取引所が存在していますが、これから取引を始めようとする方は多すぎてどの取引所が良いのか迷いますよね?

仮想通貨取引所はそれぞれ特徴があり、用途に合わせて複数の取引所で口座開設をするほか、取引所が倒産やハッキングに遭った場合、資産の損失は取り戻すことがほぼ不可能なため手持ちの資産を分散するためといった理由もあります。

今回は国内取引所でも大規模の「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」について口座開設方法や特徴、評判や口コミについてご紹介したいと思います。

興味がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)への登録はこちらから

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴と口コミ・評判

まずはQUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴についてご紹介したいと思います。

特徴①:取引所の規模が大きい

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はアジアの取引所の中でも大きな規模を誇っており、資本金はビットフライヤーの40億に次いで20億と潤沢なようです。

ビットコイン取引高も国内取引所の中でも4番目に多く、有名どころに引けを取らない規模と言えますね。

明日にも倒産しそうな危うい取引所ではないので、信頼性は高いかと思います。

特徴②:取引手数料が無料

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は公式サイトでも推しているように、以下の各種取引手数料が無料です。

・取引手数料(BTCJPY以外の現物取引、レバレッジ取引、ETH取引以外)
・ロスカット手数料
・口座開設手数料
・口座維持手数料

しかし、国内の大手取引所も「ロスカット手数料」「口座開設手数料」「口座維持手数料」は無料なので、QUOINEX(コインエクスチェンジ)が特質安く済むといった訳ではないですが、ビットコインの現物取引手数料がかかる取引所もあるので多少お得といった感じですね。

特徴③:金融庁の認可を得た取引所

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は金融庁の認可を得た正式な「仮想通貨取引業者」です。

金融庁の認可を得るには、「顧客と取引所の資産を分けて保管する」といったセキュリティ面での条件もあり、認可を得ている取引所は少なくともセキュリティに関しては安心だと言えます。

また、QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、顧客の資産を100%コールドウォレットで管理している唯一の取引所で、マルチシグの適用も行なっています。

◆コールドウォレットとは
インターネットから完全に切り離されたウォレットのこと。ハッキングなどによる不正アクセスでの通貨の盗難・流出を防ぐことができるが、取引所の場合アクセスに少し時間がかかり、利便性は高くない。
◆マルチシグとは
公開鍵暗号方式において秘密鍵が2つ以上存在する状態のこと。複数の秘密鍵が存在し全てもしくは一定数の鍵が揃わないとアクセスできず、片方の鍵が盗難にあった場合でもアクセスされる心配はない。

特徴④:スプレッドが狭い

スプレッドとは、通貨の買値と売値の差のことであり、この差が大きいほど儲けを出すことは難しくなってしまいます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はそのスプレッド幅が狭いことが魅力としていますが、実際には状況により大きく拡大することもあるため最狭とは言えないですね。

特徴⑤:通貨ペアが多い

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は日本円の他にドルなど9種類の外資で通貨を購入することが可能です。

取り扱い通貨とのペアは合計で53種類と多いですが、日本円でしか購入しない方には特にメリットではありません。

特徴⑥:最大25倍のレバレッジ取引が可能

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は最大25倍のレバレッジ取引が可能です。

レバレッジ取引とは、証拠金と呼ばれるお金にレバレッジをかけてより大きな金額で取引できるという取引方法です。

つまり、5万円を証拠金とした場合に25倍のレバレッジをかけると、125万円で取引ができるということになります。

倍率25倍は国内取引所でも最大で、その分儲けも大きくなりますが損失も大きくなってしまう可能性があり見極めが必要なので初心者の方にはおすすめではありません。

特徴⑦:取り扱い銘柄が少ない

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は他の取引所と比較すると、取り扱い銘柄数が以下の5種類と少ないです。

・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・BCH(ビットコインキャッシュ)
・QASH(キャッシュ)
・XRP(リップル)

しかし、QASHトークンを購入できるのは国内取引所の中でもQUOINEX(コインエクスチェンジ)だけなので、そこは他の取引所より優れている点ですね。

口コミ・評判

ここまでQUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴を見てきましたが、口コミは評判はどうなのでしょうか?

いくつかTwitterでの口コミをご紹介したいと思います。

口コミは「入出金が遅い」「お問い合わせの返事が来ない」など悪い口コミが目立ちますが、「使いやすい」「スプレッド幅が狭い」など良い口コミも見られ、良いところはあるけど悪いところも目立つといった感じでしょうか。

ユーザービリティについては、今後の運営で改善されていくことを期待しましょう。

続いてコインエクスチェンジの口座開設方法をご紹介したいと思います。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)への登録はこちらから

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設方法

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設は難しい手続きや特殊なやり取りは一切なく、口座開設手続きはスムーズに行うことができれば10分程度で完了します。

手順も簡単なので下記を参考に口座開設手続きをしてみましょう。

手順①:公式HPにアクセスしメールアドレスを登録

まずは公式HPにアクセスし、赤い「口座開設は無料こちら」をクリックします。

表示された画面にて、居住地国(居住地)を選択し、「次へ」をクリックします。

次に詳細情報として口座種別(個人か法人)を選択し、登録するメールアドレスとパスワードを入力します。

パスワードはセキュリティの関係上、個人から特定できる簡単なものは避け、長く規則性のない英数文字を設定しておきましょう。

居住国が選択した国以外にないこと、Google翻訳により日本語が変ですが「アメリカ国籍ではないこと」もしくは「滞在日数が183日以上ではない」ことを確認しチェックします。

次に全ての項目の個人情報を入力します。

その下で住所・連絡先・職業を入力または選択します。

財務情報や投資経験を選択し、次へをクリックします。

入力内容を確認して問題なければ、同意事項を確認の上「同意する」にチェックし「次へ」をクリックします。

最後に人間であることを証明するポップアップを行い登録は完了となります。

登録が問題なく完了すると下記の画面から再度ログインしましょう。

先ほど設定したアドレスとパスワードを入力しログインします。

ログインすると登録したメールアドレス宛に、確認メールが届きます。

メールのリンクから再度アクセスします。

すると再度ログイン画面が表示されるので、ログイン情報を入力してログインするとメインメニューの画面に移動します。

これで基本的な登録は完了となります。次に本人確認書類の提出を行いましょう。

金融庁から認可を得ている取引所は、安全のため必ず本人確認を行わなければなりません。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)も該当しており、本人確認書類の提出を終えなければ取引を行うことができませんので必ず行いましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の本人確認書類の提出

では、本人確認書類の提出を行なっていきましょう。

登録してからログインしたメインメニューの右上に、赤表示されている項目をクリックするとウィンドウが表示されるので、「ステータス:書類未提出」をクリックします。

本人確認書類は2種類アップロードできますが、今回は「運転免許証」をアップロードしたいと思います。

私の場合、免許証の住所を変更しているので、表面と裏面をそれぞれアップロードしました。

表面

裏面

本人確認書類は免許証の他に、マイナンバーカード、パスポートが利用可能です。

また、ここで必ず反射やピンボケなど、アップロードした本人確認書類の記載事項がはっきりと判別できない状態ではないか確認しておきましょう。

記載内容がはっきりと判別できない場合は再度提出を行う必要があり手間になってしまいます。

アップロードが完了するとQUOINEX(コインエクスチェンジ)で書類の審査が行われますのでしばらく待ちましょう。

以上がQUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設方法になります。

次に取引所を利用する上で必ず設定しておくべき、二段階認証の設定を行いましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の二段階認証設定

二段階認証とはほとんどの取引所で行われているセキュリティ方法で、登録時に設定したログイン情報とは別の認証コードで認証を行いログイン情報が漏れても不正アクセスを防ぐことができるので必ず設定しておきましょう。

設定方法は本人確認書類の提出と同じようにメインメニューのウィンドウから行います。

二段階認証はスマホのアプリで行うことができ、今回は普段から利用している「Google Authenticator」を利用した二段階認証を行います。

まず、スマホのアプリをインストールして起動し「設定を開始」をタップします。

「バーコードをスキャン」か「手動で入力」かを選択できますが、今回は「バーコードをスキャン」で認証を行いましょう。

バーコードスキャンでQUOINEX(コインエクスチェンジ)のQRコードをスキャンします。

QRコードをスキャンすると6桁の認証コードが表示されるので、QUOINEX(コインエクスチェンジ)に入力して認証は完了です。

他にもQUOINEX(コインエクスチェンジ)の画面に表示されているコードを手動で入力する方法もあります。

これで二段階認証の設定は完了です。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の口座開設は最優先ではないが登録しておいて損はなし

今回はQUOINEX(コインエクスチェンジ)の特徴や口座開設方法をご紹介しましたが、正直国内の大手取引所(ビットフライヤー)より口座開設しておくべきではなく、ビットフライヤーなどのサブとしてレバレッジ取引用に開設しておくのがおすすめです。

口座開設は無料で手続きも簡単なので、興味のある方は開設してみてはいかがでしょうか。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)への登録はこちらから

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA