BTCの取引手数料は無料! みんなのビットコインの特徴、評判、口座開設方法

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

現在、数多くの仮想通貨取引所が存在していますが、これだけあると、取引を始めようとする方はどの取引所がいいのか迷ってしまいますよね?

そこで今回は、国内の仮想通貨取引所「みんなのビットコイン」をご紹介。

みんなのビットコインは2016年に設立された仮想通貨取引所。(みなし仮想通貨交換業者)
各種サービス・口座登録は2017年3月30日に開始しました。

各種サービスの特徴やインターネット上の評判、具体的な口座開設方法について解説します。

すでに他の取引所で取引を行なっている方も、ぜひ参考にしてみてください。

みんなのビットコインの特徴

みんなのビットコインは、みんなのFXでおなじみのトレイダーズ証券を有するトレイダーズインベストメントの子会社。
アジア圏で仮想通貨取引所を展開しているQUOINE社と業務提携し、2016年12月15日に設立されました。

社名にビットコインとあるものの、イーサリアムやビットコインキャッシュといった他のコインも取り扱っています。
現物取引と最大25倍のレバレッジ取引による仮想通貨トレードができます。

各種取引手数料

みんなのビットコインを利用する上でかかる手数料は次の通り。

取引手数料

仮想通貨の取引手数料ですが、BTC/JPYは無料
それ以外の通貨ペア(ETH/JPY、BCH/JPY)については、約定金額の0.25%が手数料として発生します。

日本円の入出金手数料

入出金手数料は現物取引・レバレッジ取引共通で以下の通りです。

入金

日本円入金にかかる手数料は本人負担ですが、仮想通貨入金については手数料無料。

出金

日本円出金は500円+出金にかかる手数料を本人負担ですが、仮想通貨出金の場合は手数料無料。

スプレッド

スプレッドとは取引価格における、売却価格と購入価格の差のこと。
ビットコイン取引の場合、他社が8,000円近くまで差が広がるときでも、700~3,000円までと比較的安定しています。

ポジション手数料

レバレッジ取引の場合、上記の手数料以外にポジション料として約定金額の0.05%が徴収されます。

みんなのビットコインでレバレッジ取引をすると、一日ごとにスワップ手数料が発生。
買い注文の場合は割合は変動、売り注文の場合ですと、0.05%で固定されます。

みんなのビットコインのメリット

こちらではみんなのビットコインを利用するメリットをご紹介します。

安心安全なセキュリティ

みんなのビットコインでは、次のようなセキュリティ対策を実施。
仮想通貨業界では、マウントゴックス事件やコインチェックなどのハッキング被害により、ユーザーの資産が盗まれるということが起きています。

こうした中みんなのビットコインでは、堅固なセキュリティを敷いて、不正アクセスに対する防御態勢を整えています。

コールドストレージによる資産管理

みんなのビットコインでは、ユーザーが保有する資産をコールドストレージで管理。
コールドストレージとは、コールドウォレットともいわれておりオフライン上で資産を管理すること。

仮想通貨は、電子上のお金なので、ハッカーからの攻撃を受ける可能性があります。
しかし、オフライン上で保管することで、ハッカーからのハッキングを受けるリスクを軽減しています。

またみんなのビットコインでは、1日1回すべてのアカウントに自動検証チェックを実施。
口座残高に誤りがあった場合はすぐに検知できるため、悪質な帳簿改ざんを防いでくれます。

不正アクセスの検知・二段階認証

不正アクセスを検知するため、普段利用されていないIPからアクセスがあった際にはメールで通知されます。

また出金に関しては登録のメールアドレスを用いた2段階認証を採用。
アカウント登録者なら誰でも利用することができ、悪意のある第三者からの不正アクセスを検知。
万が一の事態に備えた対策も万全です。

SSL暗号化通信

ユーザーとの通信にSSL暗号化通信を利用しており、第三者から情報を見られることはありません。
SSLとは、Secure Socket Layer の略で、データを暗号化してやり取りする手順の決まりのこと。

みんなのビットコインでは口座の安全性を確認するために、最低1日1回、取引を処理する前に、すべてのアカウントに対してSSL暗号化通信を利用しています。

BTトレーダーが使いやすい

みんなのビットコインでは、高性能取引ツールである「BTトレーダー」による取引ができます。
仮想通貨FXでは、様々な注文方法が可能で、FX上級者が行う「トレール注文」なども可能。

BTトレーダーは毎秒100万件もの約定処理に対応しており、取引注文が込み合っていても待たされる心配はありません。

さらに、17種類ものテクニカル分析が可能であり、状況に応じた取引が可能。
まさに仮想通貨トレーダーうってつけと言えるでしょう。

レバレッジは最大25倍

みんなのビットコインでは、国内の仮想通貨取引所の中で最高レバレッジとなる25倍での取引ができます。

レバレッジは、2倍、4倍、5倍、10倍、25倍から選択。
ご自身のリスク許容度に応じて使い分けることができます。

最大レバレッジ25倍で取引をする場合、リターンが大きい分リスクも高くなりますので、気をつけてください。

ロスカットは証拠金維持率が110%以下で発動。
アラート通知レベルは120%になります。

みんなのビットコインのデメリット

みんなのビットコインを利用する上で、いくつかデメリットが存在します。

アプリがない

みんなのビットコインでは、現在のところアプリはリリースされていません。

ビットフライヤーやGMOコインなどの大手取引所では専用アプリがあり、スマホで操作でき、大変使い勝手がいいです。
それに比べると、毎回ブラウザーからログインする必要がある、みんなのビットコインは多少使いにくいでしょう。

取り扱う銘柄が少ない

みんなのビットコインで取り扱っているのは、ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュの3種類。
アルトコイン取引をメインにやりたいという方にとっては物足りないところです。

利用者の口コミ

ここまでみんなのビットコインの特徴を見てきましたが、口コミや評判はどうなのでしょうか?
いくつかTwitterでの口コミをご紹介したいと思います。

「送金が遅い」といったマイナス点を言及する口コミがある一方、無駄な機能がない点に好感を持っている口コミも見受けられます。

ユーザービリティについては、今後の運営において改善の余地がありそうです。

みんなのビットコインの口座開設方法

みんなのビットコインの口座開設は難しい手続きや特殊なやり取りは一切なく、口座開設手続きはスムーズに行うことができます。
手順も簡単なので下記を参考に口座開設手続きをしてみましょう。

新規登録をする

まずは新規登録の手続きを行っていきます。
ページ右上の方にある「口座開設」と書かれたボタンをクリック。

新規登録画面に移動しますので、最初に口座の種類を選択します。
個人で登録する場合には個人を、法人で登録する場合は法人での申し込みを選びましょう。

アカウント(個人情報)を登録

続いて、メールアドレスやパスワードなどご自身のアカウント情報を登録します。

パスワードは忘れないように、どこかにメモを残しておくといいでしょう。

居住地国を選択すると、

「私は、日本以外に居住地国が無いことを確約します。」、「私は、米国納税義務が無いことを確約します。」
と書かれた項目が出現。
注意書きをよく読み、チェックを入れましょう。

全ての項目にチェックを入れたら「次」をクリック。

個人情報を登録

続いて、個人情報を入力していきましょう。

まずは指名や生年月日、性別、住所などの情報を入力します。
後に手続きする本人確認書類の提出で、内容に相違が無いかどうか確認が入るので、入力する内容に間違いがないように気を付けましょう。
郵便番号と電話番号を入力する際はハイフン「-」が不要なのでご注意してください。

職業欄では「会社名」を入れる際、自営業の場合は屋号、学生で所得がない場合は学校名を入力しましょう。
「学生」の場合で収入源に「給与所得」「事業所得」がある時、職業は「パート・アルバイト・派遣・契約」もしくは「自営業」を選択するしてください。

必要事項を最後まで入力したら「次」をクリック。

入力内容を確認して登録

入力した内容を確認する画面に移動しますので、最後にもう一度間違いないがないかどうか確認します。

最後に利用規約の内容を確認し、チェックボックスをいれ、「次」をクリックします。

管理画面にログイン

個人情報の登録まで終わったら、登録したメールアドレスにメールが届いていると思いますのでそちらをチェックしましょう。

上記のメールが届きますので、こちらと書かれたリンクをクリック。
この手続きを行わないと登録が完了されたことになりませんので、ご注意してください。

リンク先に飛びましたら、「Sign In」をクリック。

管理画面にログイン

先ほどまでの手順通りに進むと、管理画面に移動します。

アカウント登録時に入力したメールアドレス、パスワードを入れ管理画面にログイン。

ログインすると、このようにみんなのビットコインの管理画面が出てきます。
仮想通貨を取引される際は、本人確認書類提出後になります。

本人確認書類を提出

本人確認書類の提出をするには、管理画面の左上にあるメニュー「」のバーを押し、その中の「設定」を選択。

設定画面に移動したら、左側にある「プロフィール」を選択。
すると、先ほど登録した個人情報などが表示されるページに移動します。

口座開設状況を見ると、まだ書類提出前になっていると思います。
下記に該当する必要書類のいずれかを選んで、ファイルをアップロードしましょう。

ちなみに各種保険証及び住民票の写し、印鑑証明書、年金手帳の顔写真がついていない書類については2種類アップロードしなければいけません。

アップロードが終わると、先ほどのステータスが書類審査中に変更されます。
審査結果がわかるまでに2~3週間はかかるので注意しましょう。

以上がみんなのビットコインの口座開設方法になります。

まとめ:登録しておいて損はなし!

以上、みんなのビットコインの特徴や口座開設方法をご紹介しました。

仮想通貨に興味がある方は、まずは国内取引所で口座を開設しておきましょう。

どんな仮想通貨取引所でも、盗難や倒産のリスクは存在します。
すでに他の取引所を利用されている方でも、みんなのビットコインなど複数の取引所の口を開設しておくことをおすすめします。

ご自身の投機・投資スタイルに合った取引所を見つけてみましょう。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

tanamaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA