コインチェックでペイジー・コンビニ入金の反映時間と手数料!

コインチェックでのクイック入金・コンビニ入金

コインチェックでは手数料を気にしないのであれば、クイック入金(※)やコンビニ入金を利用するとすぐに入金が反映されます。
※クイック入金はペイジー決済とも呼ばれる

安全面への配慮や不要なトレードを避けるために、取引所の口座に多額の日本円を入れておきたくない方もいるでしょう。

今回はコインチェックでのペイジー決済・コンビニ入金の反映時間と手数料について解説します。

ちょと待って!ペイジー決済って何?

「コンビニ入金はわかるけどペイジー決済って何?」と疑問に思う方もいるでしょう。
そんな方のために、ペイジー決済を簡単に説明します。

ペイジー決済が利用できる金融機関は、身近にある「ペイジー対応ATM」か、「ペイジー対応インターネットバンキング」の2つになります。

「ペイジー対応ATM」は、みずほ銀行・三菱東京UFJ銀行・三井住友銀行・りそな銀行といった都市銀行と、ごく一部の地方銀行のみとなるので、ATM利用を考えているなら確認する必要があるでしょう。

コインチェックでクイック入金の決済申請をすると「お支払い金額」「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」が表示されます。

これらをしっかりメモするか、スマホなどにメールで情報を送信しておきます。

「ペイジー対応ATM」や「ペイジー対応インターネットバンキング」のメニュー画面から「ペイジー」を選び先ほどの情報を入力すれば支払いは完了です。

とても便利なので、使い方を覚えておくと役に立つでしょう。

ペイジー決済の入金反映時間と手数料

手数料:756円~
反映時間:即時

※手数料は、3万円未満756円3万円以上50万円未満1,000円50万円以上は入金額×0.108%+486円
例:100万円入金の場合は手数料1,566円・500万円なら5,886円

※利用可能時間は、ATMならそれぞれ利用できる時間帯、インターネットバンキングなら24時間365日いつでもOK

※コンビニATMは利用不可

ペイジー決済の注意点

注意点としては、クイック入金を利用して入金すると、その分の金額は7日間移動できないことです。
100万円クイック入金したら、100万円分は資金を別の口座に移すことができません。

これはマネーロンダリング(資金洗浄)と呼ばれる違法行為を防止する目的の処置なので、その点は理解しておきましょう

ペイジー決済では、コインチェック側に利用した金融機関名が知らされないため、他人名義の口座からクイック入金することが可能になります。
つまり、ペイジー決済→別の口座に出金、を繰り返せば、犯罪行為によって集められたお金の出所をわからなくすることができるのです。

例えば、コインチェックにクイック入金をした後で、急にそのお金が別の場所で必要になった時など、出金することができなくなります。

多額のお金を入金するときには注意してください。

コンビニ入金の入金反映時間と手数料

手数料:756円~
反映時間:即時

※手数料は、3万円未満756円3万円以上50万円未満1,000円50万円以上は入金額×0.108%+486円
例:250万円入金の場合は手数料3,186円・600万円なら6,966円

※利用可能時間は24時間365日いつでもOK(コンビニが開いている時間に利用できるため)

※利用可能コンビニは、ローソン・ミニストップ・セイコーマート・ファミリーマート

※セブンイレブンは利用不可

コインチェック(coincheck)銀行振込入金の反映時間と手数料!

コインチェックでのビットコイン購入・送金方法や手数料!

スピード入金が魅力

「ペイジー対応インターネットバンキング」は、スピーディーに入金されるため、チャンスが来た時すぐにトレードができます。

「ペイジー対応ATM」や「コンビニ入金」は、店頭まで足を運ぶ必要があるため、平日の昼間であれば、銀行振り込みの方が安い手数料で素早く入金できる可能性もあります

※コインチェックの無料口座開設はこちら!↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です