プレセール中!ブロックチェーンゲーム「ETH.TOWN(イーサタウン)」のプレセール参加方法や登録方法を紹介

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーションのDAppsは昨今の仮想通貨の復旧に伴い開発が進んでいます。

仮想通貨トークンでプレイすることができ、そのまま投資にもなるという非常に魅力的なDAppsですが、その一つ「ETH.TOWN(イーサタウン)」のプレセールが3月15日に開始されました。

今回はETH.TOWN(イーサタウン)についてプレセールの内容や登録方法についてご紹介したいと思います。

イーサタウンのプレセール参加はこちらから!

ETH.TOWN(イーサタウン)とは

ETH.TOWN(イーサタウン)とはブロックチェーン技術を用いた非中央集権的なアプリケーション(DApps)であり、大まかな内容はバーチャル空間でタワーの中のフロアを売買する不動産投資ゲームです。

キャラクター育成要素もあり、プレイヤーはキャラクターを購入アップデードしていき、他のユーザーに販売することができます。もちろん所持しアバターとして利用することも可能です。

レベルの高いキャラクターほど高い値段で売れる仕組みになっているようですが、それにしてもキャラクターのデザインが可愛らしくて良いですね!

映画スター?

北のお偉いさん

プレイヤーはこのキャラクターたちを使って、ミニゲームができたりイベントが開催されたりする特徴あるフロアを売買していくほかに、現在もさらなる利用方法を開発中とのこと。

キャラクターはゲームスタート時はレベルが低く能力も低いですが、投資を行なっていきアップデートさせていくことができ能力も伸びていきます。

中にはスターヒーローと呼ばれるキャラクターが存在し、スターヒーローはレベル15での王様として誕生し能力値も高いレアキャラクターで、デザインもそれぞれ異なるためコレクションとして集めるのも面白いかもしれませんね!

ETH.TOWN(イーサタウン)での通貨はETH系トークン

ゲーム内では主にETH系のトークン(IT)を使うのですが、このITを所持していると取引の利益をシェアしてもらうことができるようになります。

例えば資産の取引が行われたときに関わったETHの額によってシェアされ、所持するITの数量に応じてETHが貰えるわけです。

また、ITはETH.TOWN(イーサタウン)でのゲーム通貨になり、道具を購入したりキャラクターを育成したりすることができ、価格はイーサリアムの1/1000となり、今ならAirDropで5米ドルほどが貰えるので興味がある方やETH.TOWN(イーサタウン)で遊ぶ予定の方は必ずもらっておきましょう。

ETH.TOWN(イーサタウン)のプレセール内容

ETH.TOWN(イーサタウン)は3月15日よりプレセールを開始しました。

後述しますが、プレセールで販売されるものをリリース後に入手するには、プレセールの販売価格より高いトークンを消費する構造になっているので今のうちに購入しておくと必然的に儲けることができますので興味がある方は早めに購入しておく方が良いです!

レベル15のスターヒーローのオークション

上記で触れましたが、プレセールでは特別な能力を持った高ステータスのスターヒーローがオークション形式で販売されています。

このスーパーヒーローは世界に1体しか存在せず、希少なキャラクターのため今後かなり価値が上がることが予想されます。続々とヒーローが販売されていますがすぐに落札されてしまいます。

現在はあの「Satoshi Nakamoto」が販売中!フルスペックで今までのヒーローより断然能力が高いです。

これは今まで以上の額で落札されそうですね。

スーパーヒーローは大変貴重で今後入手困難が予想されますので、余裕のある方は挑戦してみてはいかがでしょうか?

レベル6ヒーローの販売

もともとは、レベル9ヒーローの販売でしたが販売は終了し、現在はレベル6ヒーローの販売となっています。

とはいえ価格はゲームで手に入れるよりお得に入手できる価格で、レベル9ヒーローほど貴重ではありませんが所持しているとある程度有利な状態でゲームをスタートできるようになります。

このヒーローはプレセールで売れるほど購入価格も上がっていく仕組みになっており、現在は初期販売価格の倍になっていますのでまだ購入していない方は早めに購入しておきましょう!

エリアの限定販売

プレセールでは、ゲーム開始後にフロアに応じた恩恵が得られるフロアの部分的な販売も行っていましたが、現在は販売を終了しています。

筆者は100ETH限定の一人最大0.5ETHまでで、それ以下の細かい単位で購入することができた初期の段階で0.5ETHで購入しました!

フロアは今後、ミニゲームやそれぞれ特徴が実装されていく予定であり、お気に入りのフロアを所持するといったことが可能になるわけですね。

ETH.TOWN(イーサタウン)のプレセールへの参加方法

プレセールの内容についてご紹介してきましたが、ここから実際にETH.TOWN(イーサタウン)のプレセールへの参加方法についてご紹介したいと思います。

まず、ETH.TOWN(イーサタウン)のプレセールへ参加するには、イーサリアム(ETH)が必要になります。

ゲーム内通貨となるトークンITもイーサリアムから購入することになるので、取引所を開設していない方はこの機会に開設しておきましょう。

また、もう一つ必要になるのはイーサリアムウォレットウォレットの「MetaMask」です。

導入や設定方法については下記の記事で解説されていますので参考にしてみてください。

METAMASK(メタマスク)の使い方!登録~送金方法まで超簡単に解説!

まず、ETH.TOWN(イーサタウン)のHPにアクセスし、メールアドレスを入力し「てっぺんまで!」をクリックし下の「I want to join Alpha testing」をクリックします。

表示された項目に「名前」「イーサリアムのアドレス(メタマスクのアドレス)」「メールアドレス」を入力し「Sign me up!」をクリックします。

届いたメールのリンクからETH.TOWN(イーサタウン)のHPに再度アクセスして登録自体は完了となります。

ヒーローの購入

次にプレセールでのヒーローの購入方法についてご紹介します。

ETH.TOWN(イーサタウン)のHPにアクセスし、「ヒーロープレセール」で「購入」をクリックします。

ポップアップで購入数をクリックするとメタマスクの決済画面が表示されるので「submit」をクリックして購入完了です。

今回のプレセールでは通常よりお得に入手できるので購入できるのであれば購入しておくことをおすすめします。

また、ヒーローの購入がされると金額が上がる仕組みになっているので、まとめて購入できるなら購入した方がお得です。

著者は初期の段階でレベル9ヒーローを5体購入しました!

購入できたヒーローはこちら

ヒーロー…

…。

レベル9ヒーローを3体以上を購入するとダイス遺伝子を1体が持つことができるのですが、この1体はETH.TOWN(イーサタウン)内のダイスミニゲームでボーナスを得ることができます。

また、初期のプレセールでは、5体購入すると「face@eth.town」宛てに写真を送信することでオリジナルキャラクターを作成してもらうことができたので、5体購入し、オリジナルヒーローを作ってもらうために開発チームへ写真を送信しました。

著者はあまりビジュアルに自身がない+手持ちのヒーローが男性3体と女性2体だったこともあり、友人の容姿の優れた女性で作成してもらいました!

こちらがオリジナルヒーローです。

再現度は結構高く、今後ETH.TOWN(イーサタウン)で活躍する姿が楽しみです!

ちなみに、今販売されているレベル6ヒーローの購入では残念ながらオリジナルヒーローの作成はできず、注文には10ETHの費用がかかってしまいます。

フロアの購入

フロアの購入についてですが、現在はすでにフロアの購入は終了しています。

今後も”Back to the future”フロアのようなエリアは高額で売買されそうですね。

ミニゲームの追加

3月30日に待望のミニゲームが追加されました。

ゲームの内容はイーサリアムまたはトークンを賭け、賭けたユーザーの中からランダムに選ばれた3人が勝者となり総取りするというシンプルなものです。

配当はそれぞれ賭け額の50%35%15%で、規定の人数が賭けるとカウントダウンが始まる仕組みとなっているようです。

リリース後はこういったミニゲームが追加されていく予定ですが、ヒーローのステータスが重要になってきそうですね!

ETH.TOWN(イーサタウン)の今後

3月末に予定されていたα版のリリースは延期されており、細かい日程については現在協議中とのことです。

フルローンチは当初の予定ですと4月で、リリース初日から100,000ETH(約80億円)の取引高を目指しているようですが、数字だけ見ると無謀感が拭えないですね。

しかし、Cryptocountriesがローンチ後の初週、総売上45,000ETHを突破したことを考えると無謀とは一概には言えず、開発側も大きな自身と目標を達成するための仕込みがあると語っています。

今の段階ではα版を確かめてみないと投資すべき否か判断がつきにくいところですが、個人的にはこういったDAppsには少額ながら投資したいと思っていますし、うまく活用できれば楽しみながら利益を出せると感じたので今後もこういったDAppsは増えていって欲しいです。

ETH.TOWN(イーサタウン)もそうですが、重課金(投資)すればキャラクターの価値が上がり、投資した額以上の利益になる可能性を考えるとこういったゲーム性と仮想通貨は相性が良いのかもしれませんね!

ETH.TOWN(イーサタウン)の今後にますます期待がもてますね!

ETH.TOWN(イーサタウン)のプレセール参加はこちらから!

【期間限定!無料】これから仮想通貨を始める方へ

「世界一やさしい仮想通貨の教科書」が無料で配布されてます!
管理人も一通り目を通しましたが、仮想通貨の基礎について非常にわかりやすく紹介されているので仮想通貨を始める方におすすめです。

2017年1月、10万円だったビットコインの価格は、12月には200万円という価格にまで成長しました。

なぜビットコインは20倍以上の成長を見せ、他の仮想通貨(アルトコイン)も価格が上がり続けるのでしょうか?

今回は、仮想通貨が上がり続ける理由、そして仮想通貨の本質が理解できる、2冊の電子書籍を無料でプレゼントいたします。
引用:世界一やさしい仮想通貨の教科書

ダウンロード版には池上彰さんの動画リンクなどもあり、ブロックチェーンやビットコインの今後について、有識者の見解を知ることもできます。

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です