イーサクラシック(ETC)を安全に管理しよう! おすすめのウォレット5選

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨を保存するのに便利なのが、ウォレット。

現金を入れる財布と同じ感覚で、仮想通貨を安全に管理するためのもの。
どの仮想通貨を所有するとしても、またどこで管理するにしても、取引所によってシステムが異なるように、ウォレットにも様々な種類があります。

今回は注目のアルトコイン、イーサクラシックに対応したおすすめウォレット5種類をご紹介。

また、また、「そもそもウォレットってなに?」「どんな種類があるの?」
といった素朴な疑問についてもお答えします。

イーサクラシックを預けるならこれ! おすすめのウォレット5選

イーサクラシック(ETC)の保管に適したおすすめウォレットは次の通り。
なお、使用される場合はご自身で調査した上で、自己責任でご利用ください。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)

オフラインで管理できて、セキュリティが高いハードウェアウォレット
ビットコイン、イーサリアムをはじめ数多くのコインを保有できるということで多くのユーザーから支持されています。

USB接続のデバイスなので、使用しないときはインターネットに完全に繋がっていない状態で、安全な場所に保管できます。
万が一端末自体が壊れてしまったとしても、設定時に書き留めておいた復元フレーズを用いて手順通りにすれば、仮想通貨の保有データをすべて復元することができます。

また、日本に販売代理店があるので、海外のサイトで購入するのが少し不安な方は日本の販売代理店から購入するといいでしょう。
Amazonでも購入は可能ですが、公式ページにて購入された方が価格が多少抑えられるのでお得です。

公式サイトはこちら

Trezor(トレザー)

充電不要、USB接続に対応した小型ハードウェアウォレット。

イーサクラシックの他、イーサリアム、ビットコイン、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)、一部の仮想通貨トークンなど数多くのコインを保管できる優れものです。

非常にシンプルなデザインであり、液晶画面とボタンが2個ついているのみ。
お手持ちのPCにUSB接続し、二つのボタンを操作して送金ができます。

新しくリリースされた仮想通貨や、システムのアップグレードにもしっかりと対応しています。

公式サイトはこちら

ClassicEtherWallet

イーサリアムクラシックに対応したWEBウォレット。

このウォレットの特徴は、オンライン上に秘密鍵を載せることなくイーサリアムクラシックを送付できること。
通常仮想通貨を送金する場合には、必ずネット上に秘密鍵の情報を入力しなければなりません。
秘密鍵とは、送金の際に使われるアドレスのパスワードのこと。

ClassicEtherWalletはオフライン環境でもイーサクラシックを送付できるため、ハッキングのリスクを抑えて送金することが可能です。

ただし、その秘密鍵を紛失したり盗まれたりした際には、自分の大切な資産を失うことになりますので、秘密鍵の管理には注意しましょう。

公式サイトはこちら

Jaxx

Jaxxはウェブ、モバイル両方に対応しているウォレット。

・iOS
・Android
・Windows
・Mac
・Linux

といった複数のOSに対応
ご自身のスマートフォンでも保管できるので非常に便利です。

イーサクラシック以外にも、ビットコインやイーサリアムなど9種類の仮想通貨を保管できます。

特別な機能がなく、シンプルかつ使いやすいのが特徴。
暗号通貨送受金や仮想通貨の単位の変換、ペーパーウォレット作成ができます。

また秘密鍵を表示できますので、管理には十分に注意しましょう。

公式サイトはこちら

ClassicMask

イーサクラシックに特化した、GoogleChromeアプリ型のウォレット。

アカウントを直感的な作業で作成でき、複数のアカウントを保有することができます。
様々な用途に合わせて、アドレスを使い分けたいときにはとても便利。

公式サイトはこちら

そもそもウォレットってなに?

ウォレットについて簡単に説明します。

仮想通貨を取り扱う際には必ずウォレットを用意しておくことが必要。

ウォレットというのは、日本語訳で財布のこと。
銀行からお金を下ろしたら自分の財布にしまうように、仮想通貨を取引所で交換したら自分のウォレットにしまいます。

仮想通貨はインターネット上にある通貨ですので、盗まれるリスクが高め
しっかりウォレットを使い、安全に管理するようにしましょう。

利用目的に応じて使い分けるのがおすすめ

ウォレットといっても様々な種類があり、目的によってウォレットは使い分けた方がいいでしょう。
日本円などの法定貨幣を考えるとわかりますが、日常では使いたい金額に応じてお金の保管場所を変えていると思います。

外に行くときはお財布で管理、大きなお金は金庫や銀行口座に保管など。
仮想通貨もそれと同じで、少額を持ち歩くときは、オンラインウォレットなど決済や送金に長けたウォレット。
大きな金額を長期間保管したいときは、ハードウェアウォレットのようなセキュリティに長けたウォレット。

このように、目的に合わせて複数のウォレットを持っておくことをおすすめします。

ウォレットの種類

仮想通貨を保管できるウォレットは4種類。
それぞれのウォレットの特徴について解説します。

オンラインウォレット

仮想通貨取引所などでも作成可能な、オンライン上で作成することができるウォレット。
最近ではコインチェックの事件がありましたが、オンラインで管理するのでハッキングにあう可能性も。

通常のパスワード管理の他に「2段階認証設定」や「秘密のパスワードの設定」等セキュリティ対策を万全にしておくことで、より安全性を高めることができます。

ハードウェアウォレット

USBでPCに接続してブラウザから利用するタイプのウォレット。
ウイルスに強く、PCがウイルス感染してもデバイスと暗証番号が揃わない限り送金は不可能。

またオフラインでの管理なのでハッキングに強かったりと、セキュリティが高いことも魅力。
ハードウェアによくありがちなリスクですが、破損や紛失などに気をつけなければなりません。

ただしリカバリーやファームウェアの更新も定期的にしなければならないので、管理の手間がかかることも。

クライアントウォレット

PC内にソフトウェアをダウンロードして、オフライン環境で使用するウォレット。
サービスによってはオンライン環境とオフライン環境の両方で利用できるものも。

クライアントウォレットは専用のソフトウェア以外に、既存のブロックチェーンも一緒にダウンロードされるので、PCの容量を開けておかなければなりません。

大きく分けて、全てのブロックチェーンをダウンロードする「完全型」と一部のチェーンをダウンロードする「簡易型」の2種類があります。

ペーパーウォレット

オフライン環境限定で使用するウォレット。

仮想通貨を保管するにあたっては、セキュリティで一番安全な資産管理方法とされています。
何と言っても秘密鍵の盗まれにくいことが、ペーパーウォレットの強み。

しかし、秘密鍵が盗まれてしまうと、保有している仮想通貨も盗まれる可能性があるので、秘密鍵の保管に注意をしなければなりません。

送金時の手数料にご注意!

イーサクラシックを送金する際、必ず手数料がかかります。
この手数料のことをガスといいます。

ガスは送金する際にご自身でいくら支払うか設定することが可能。
基本的に「ガス」を高く設定することで、送金時間が早くなります。
逆に安く設定しすぎると、送金処理が遅くなったり、失敗することもありますのでご注意ください。

設定金額がよく分からない場合は、ウォレットごとの初期設定値のままでも構いません。

まとめ

以上、イーサクラシックのウォレットについて紹介してきました。

仮想通貨取引所に保管している場合、倒産やトラブルに陥ると取引所に預けている資産が引き出せなくなったり、通貨そのものが消失してしまったりする可能性があります。

ウォレットは必須のセキュリティ対策手段であり、中でもハードウェアウォレットは堅牢性が高くおすすめ。

ご自身の利用目的に応じて、最適なウォレットを使用しましょう。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

tanamaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA