バイナンスにネム(XEM)が上場!価格暴騰なるか?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

コインチェックハッキングにより不正流出したネム(XEM)ですが、本日3月20日(火)に大手取引所Binance(バイナンス)に上場しました!

前々から上場する予定ではあったようですが、コインチェックのハッキング事件から停滞していたようです。

・インタビューから一部抜粋

実は私たちはネム(XEM)を上場させることになっています!
現在はコインチェックのハッキングによって一時的にこの動きは止まっていますが
NEM(ネム/XEM)は世界で、アジアで、特に日本で利用されており、すぐにでも上場をする予定があります。

・インタビュー動画


※13分ごろにネムの上場についてコメントしています。

バイナンスに上場した通貨「ネム」とは

今回バイナンスに上場したネム(XEM)は、2015年3月31日に誕生した仮想通貨で実用的なデジタルコインによる経済圏を実現するという理念を持っています。

開発チームに日本人がいたことでも話題になりましたね。総発行量は決まっており、資産家に均等に分配されているためネムのマイニングでは報酬として取引手数料が支払われます。

ネムは中国圏や欧米圏では知名度が低く、人気の高い通貨ではありませんが時価総額ランキングから見たら主要のアルトコインと言えます。

ネムはプルーフオブインポータンス(Proof of Importance)を採用している

プルーフオブインポータンスは、「所有数」「利用回数」「過去の取引額」からネムにどれだけ貢献したかを総合的に判断する仕組みです。

この貢献度が高ければ高いほど手数料を支払われる権利が獲得しやすくなります。

ネムが上場した取引所バイナンスとは

今回ネムが上場した取引所のバイナンスとは、2017年に取引を開始して2017年12月には取引高が世界1位となりました。

バイナンスは取り扱い通貨通貨が多く、ビットコインやイーサリアムなどのメジャーなものから知る人ぞ知る草コインまで取り扱っており、3月20日現在で151種類と取引所の中でも抜群の銘柄数を誇っています。

また、バイナンスはBNBトークンというバイナンスのトークンを所持していると手数料0.1%が0.05%になり、同じ海外の取引所である「ビットレックス」の0.25%と比較するとかなりお得に取引ができます。

他にもバイナンスはユーザーの投票により、上場する通貨が決定するというイベントもやっており上場する通貨を自分たちで決めることができるんです。

バイナンスの詳しい特徴や口座解説方法については下記の記事を参考にしてみてください。
「Binance(バイナンス)」は危険?登録方法や特徴を徹底調査!

バイナンスのネム購入は国内の取引所から

バイナンスは海外取引所のため通貨のJPY購入ができません。

そのため国内の取引所でビットコイン(BTC)を購入し、バイナンスに送金してネムを購入する必要があります。

そこでおすすめの取引所をご紹介したいと思います。

おすすめの取引所:ビットバンク


国内取引所なら「ビットバンク」がおすすめです。

ビットバンクは国内取引所ではセキュリティに優れており、コインチェックのハッキング流出事件後にすぐにセキュリティの対応状況について公表するなど透明性の高い運営も魅力の取引所です。

参考URL:仮想通貨取引所ビットバンクのコールドウォレット・マルチシグ運用体制について

また、ビットバンクは現在、取引手数料が無料になるキャンペーンを実施中で、メインの取引所としても優秀なのでまだ口座開設していない人はすぐに口座開設することをおすすめします。

ビットバンクの特徴や口座解説方法については下記の記事を参考にしてみてください。
Bitbank(ビットバンク)の特徴とは!国内取引所との比較と登録方法解説!

ビットバンクからの送金方法

次にビットバンクからバイナンスへの送金方法についてご紹介したいと思います。

まず、ビットバンクにアクセスしログインし、人型のマークをクリックします。

メニューから「入出金」をクリックします。

入出金メニューからビットコインの「入出金」をクリックします。

あとは「引出」タブをクリックし、アドレスを選択し送金する数量を入力して「引出内容を確認」をクリックして送金は完了です。

アドレスを登録していない場合は「アドレスを登録する」から追加しましょう。

また、送金先のアドレスを間違えたまま送金してしまうと、送金した資産が消失してしまうので絶対に間違いの無いようにしっかりと確認しましょう。

まとめ:バイナンスに上場したネム、価格暴騰となるか?

今回バイナンスにネムが上場したことで、気になるのは今後の価格の推移ですがビットフライヤーにリスク(LISK)が上場した時のように価格は上昇していくと思われます。

ただ、コインチェックでの事件があったことで、ライト層が手を出しあぐねているということも有り得ると思うので驚くほどの価格高騰にはならないのではとも感じてしまいますが

もちろんネム自体に問題があったわけではなく、時価総額ランキングや日本を含むアジアで人気のを考えるとそこまで影響はないのではないかと考えられます。

ここから徐々に価格は上昇していくと思いますので、すでに所有している人は買い増し、所有していない人は購入をしてみてはいかがでしょうか?

ただ、購入については自己責任で行なってください!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA