BLOCKCHAIN(ブロックチェーン)ウォレット登録やアプリ連結方法!

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ブロックチェーンウォレットBLOCKCHAIN info(ブロックチェーンインフォ)とも呼ばれ、最も歴史あるビットコインのウェブウォレットになります。

日本語対応しているため利用している日本人も多く、世界的に最も利用者の多い(700万人以上)人気のウォレットです。

そして2017年8月18日、ブロックチェーンウォレットにイーサリアムが加わりました。

そこで今回はブロックチェーンウォレットの登録方法についてご紹介します。

ブロックチェーンウォレットの登録方法は?

1.ブロックチェーンウォレットの登録方法は、まず以下のページを開いて下さい。

https://blockchain.info/ja/wallet/#/signup

2、「ウォレットを作成」というページが表示されます。
すでに日本語のページ表示になっているので、見やすいと思います。

「eメール」には、自分のメルアドを入力。

「新しいパスワード」には、他所で使っていないもので、なるべく複雑なパスワードを入力。

「パスワードの確認」では、↑のパスワードをもう一度入力。

「利用規約を読んで、同意します」では、利用規約を読んで同意できれば、チェックボックスをクリックしてチェックを入れます。

3.すべて記入して、問題なければ「続行」をクリックして下さい。

4.登録したメルアドに「ウォレットへようこそ」というタイトルのメールが届くので開きます。
このメールは登録したメルアドが正しいものかをチェックするためなので、メールの中にある「はい、これは私のメールです」をクリックして登録したメルアドを有効にします。

登録はこれで終了です。

注意点!

このメールの中に「ウォレットID」が記載されています。

メモを控えるか、プリントアウトして、ログイン用「パスワード」とともに大切に保管しておきましょう。

ブロックチェーンウォレットにログインする方法は?

先ほど届いたメールの中に「ウォレットID」があるので、これをコピーします。

以下のページを開いて下さい。

https://blockchain.info/ja/wallet/#/login

ログインすると下記画像ページになります。

「ウォレットID」に先ほどコピーしたものをペーストします。

先ほど設定したログイン用の「パスワード」を入力します。

「ログイン」をクリックすればOKです。

ブロックチェーンウォレットのアプリ連結方法は?

ブロックチェーンウォレットはアプリからも利用できます

1.以下からアプリをDLして下さい。

「Blockchain – Bitcoin Wallet」App Store
https://itunes.apple.com/jp/app/blockchain-bitcoin-wallet/id493253309?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

「Bitcoin Wallet」Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=piuk.blockchain.android

DLしただけでは利用できないので、利用できるようにしますが、これを連結(ペアリング)と呼びます。

2.アプリをDLしたら、まずはPCからブロックチェーンウォレットにログインします。

3.ページの左側にある「設定」をクリック。

4.右側に「ペアリングコードを表示する」とあるのでクリックすると、QRコードが表示されます。

5.スマホのアプリを起動させて「LOGIN」をクリック。

6.「財布をペアリング」というページが出るので、下の方にある「ペアリングコードをスキャン」をクリック。

7.PCのQRコードを読み取ります。

8.スマホの画面に「pinを作成してください」と表示されるので、4桁の数字を入力します。
この数字でアプリにログインします。

9.次の画面で「pinを確認してください」と表示されるので、先ほどの4桁の数字を入力します。
これでアプリにログインできましたので、連結は終了です。

利用する前にセキュリティ対策を!

ウォレットを利用する前に、セキュリティ対策をしておきましょう!

ログインしたページの左側に「セキュリティセンター」があるので、そこから「バックアップフレーズ」「パスワードヒントの作成」「携帯電話番号をリンクする」などの設定を行ってください。

ビットコインウォレット比較!おすすめアプリランキングベスト3!

ウェブウォレットはウォレットの中でも安全性が低い

ウェブウォレットは各種あるウォレットの中で最も安全性の低いものになります。

あくまでウェブウォレットは小銭入れ程度と考え、ハッキングされて盗まれても構わない金額だけを保管して下さい。

高い安全性を求めるならハードウェアウォレットがおすすめです。

安全性が高いハードウェアウォレット

今回紹介するブロックチェーンはウェブウォレットでウェブ上で動作するためハッキングやフィッシングサイトでのリスクがあります。

ウォレットの中でも一番堅牢なのは、USBメモリ形式で取引に使用される秘密鍵を保存しているハードウォレットです。

値段が1万円前後と高価ですが、資産を失うリスクを考えると必要経費でしょう。

ハードウェアウォレットは必ず公式サイトから購入を!

ハードウェアウォレットは必ず公式のサイトから購入するようにしましょう。

というのも、ハードウェアウォレット内のデータを横取りする悪質なプログラムが仕込まれた詐欺ウォレットが販売されており、実際に通貨を盗まれた被害報告も少なくないのです。

詐欺ウォレットの多くは、イベントやECサイト(Amazonなど)で販売されている場合が多く、そういった詐欺ウォレットを避けるためにも公式サイトで購入しましょう。

実際にフリマサイトの「メルカリ」では、ユーザーの仮想通貨の盗難被害に配慮し、ハードウェアウォレットの販売を禁止しました。

おすすめのハードウォレットは「Ledger Nano S」

最も有名なビットコインのセキュリティ会社の1社であるフランスのLedger社が、2016年8月にリリースした「Ledger Nano S」

数あるハードウェアウォレットの中でも特に評価が高くウォレットで、対応している通貨が多くGoogleアプリケーションがインストールできるPC全てで動作するのが魅力ですね。

日本に販売代理店があるので、海外のサイトで購入するのが少し不安な方は日本の販売代理店から購入しましょう。

メールでのお問い合わせにも対応しているので、もしもの時も安心ですね。

・対応通貨

BTC BCH BTG ETH ETH系トークン ETC DASH ZEC XRP STR DGB STRAT QTUM KMD ARK UBQ VIA HSR

公式サイトはこちら

ウェブウォレットより安全性を求める方はハードウェアウォレットの利用を検討してみてください。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

管理人

2 件のコメント

  • ブロックチェーンのウォレットを作成してパスワードを紛失しました。
    パスワードの再発行はできますか?
    ご教授頂ければ幸甚です。
    宜しくお願い致し舞うs。

  • 野中様

    こんばんは。
    ブロックチェーンインフォのパスワードを忘れてしまった場合、12単語の復元用パスフレーズを入力してウォレットを復元します。

    復元用パスフレーズが手元にない場合は…もう記憶にある限りの心当たりのあるパスワードを入力して、試してみるしかありません。

    復元できると良いですね。
    今後とも当サイトをよろしくお願いいたします。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA