人気Dappsを調べるなら! 注目のランキングサイト「DappRadar」を解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

激しく変動する価格推移や、仮想通貨取引所のハッキング事件など、仮想通貨関連に関する話題が多くなってきました。

その中で、仮想通貨の根幹であるブロックチェーン技術には、今後大きな可能性が存在しています。
中でも、注目を集めているのが、「Dapps(DApps」と呼ばれる、ブロックチェーン技術を利用したアプリケーション。

「Dapps(DApps)」は別名、「非中央集権・分散型のアプリケーション」などとも呼ばれ、一般的な読み方は「ダップス」でほぼ定着しています。
現在はDAppsによるゲームなどが多数リリースされています。

今回はそんなDappsをランキング形式で紹介するサイト「DappRadar」を解説。
仮想通貨を稼げるDappsもあるので、儲けのチャンスが掴めるかもしれません。

DappRadarとは?

DappRadarとは、現在リリースしている人気のDappsをランキング形式で紹介しているサイト。

Dappsの種類や利用動向など、知りたい情報にアクセスできることがこのサイトの魅力。
特にオンラインゲームやカジノを利用して仮想通貨を稼いでみたいという方は、こちらのサイトを参考にしてみてください。

DappRadarの中で確認できる内容は次の通り。

  1. ・ETH建ての取引金額の合計
  2. ・1日あたりのアクティブユーザー数
  3. ・1日あたりの取引高
  4. ・1日~1週間の取引件数、手数料(GAS)発生額の推移

これからサイトの使い方について説明していきます。

サイトの見方

実際にサイトを見てみましょう。
こちらがサイト画面です。

項目は左から、

・Title(タイトル)
・Category(カテゴリー)
・Balance(ETHの取引金額の合計)
・DAU(1日あたりのアクティブユーザー数)
・Volume(ETHの1日の取引高)

の5つに分かれています。

2018年3月26日時点では、ForkDeltaという分散型の仮想通貨取引所が首位に位置しています。

また各アプリごとの詳細なデータがすぐに確認可能。
例として第7位のEtheremonを見てみましょう。

先ほどの項目はもちろん、チャートも見れるようになっているので、気になるアプリが人気があるのかどうかもこれで分かります。
通常のサービスでは、上場して株価がない限りユーザー側が実績を数字で確認することはできませんでしたが、分散型アプリケーションではそれが可能。

日々新しいDappsが開発されているので、気になるアプリをチェックしてみるといいでしょう。

注目のDapps5選

こちらではランキングにも登場する今後注目のDappsをご紹介します。
なお掲載されているデータは2018年3月26日時点のものです。

ETH.TOWN(イーサタウン)

取引高:387.75ETH
1日あたりの取引金額:49.99ETH
1週間の取引金額:1,186.75ETH
1日あたりの取引件数:107件
1週間の取引件数:1,015件
1日あたりのアクティブユーザー数:91名

仮想通貨を使用して仮想の不動産を売買するゲーム。
不動産取引以外にも様々なゲームが追加される予定であり、疑似ビジネスをオンライン上で味わえるので、非常にやりがいがあります。

ただいまプレセール中であり、使用できるキャラクターやフロアを格安で購入できます。

公式サイトはこちら

プレセール参加方法、登録方法についてはこちらの記事もどうぞ!
プレセール開始!ブロックチェーンゲーム「ETH.TOWN(イーサタウン)」のプレセール参加方法や登録方法を紹介

vDice

取引高:3,418.08ETH
1日あたりの取引金額:6.02ETH
1週間の取引金額:477.50ETH
1日あたりの取引件数:50件
1週間の取引件数:251件
1日あたりのアクティブユーザー数:10名

イーサリアムネットワーク上に構築される世界初の完全分散型ギャンブルゲーム。

非中央集権なのでブロックチェーン上のギャンブルではアカウントや、サーバーを持つ必要はありません。
イーサリアムブロックチェーンにより賭けは自動的に処理。
勝利すると、賭け金と配当はアドレスに自動的に送信されます。

誰にも恣意的にゲームをコントロールされる心配はありません。
分散型ギャンブルスマートコントラクトのプラットフォームを構築することにより、ブロックチェーンによりゲーム(賭け)を管理し、信頼できるギャンブルを実現しています。

公式サイトはこちら

Etheremon(イーサエモン)

取引高:144.77ETH
1日あたりの取引金額:12.03ETH
1週間の取引金額:48.96ETH
1日あたりの取引件数:2,282件
1週間の取引件数:11,830件
1日あたりのアクティブユーザー数:266名

イーサエモンはイーサリアムネットワークのブロックチェーン上に構築されたゲーム。
モンスターのイラストから、ポケモンを連想させるかもしれません。

疑似世界の中でイーサエモンを捕獲、育成し、戦闘させることが可能。
アプリ内ではイーサーモンスターのレンタル・販売のほか、トレーニングを積み重ねて自身のイーサーモンスターを強くすることで、トークンを稼ぐこともできます。

公式サイトはこちら

ETHERCRAFT(イーサクラフト)

取引高:177.18ETH
1日あたりの取引金額:0.52ETH
1週間の取引金額:18.70ETH
1日あたりの取引件数:3,249件
1週間の取引件数:19,132
1日あたりのアクティブユーザー数:416名

イーサリアムベースのブロックチェーン上の構築されたダンジョンRPG。
2018年3月26日の時点では、アイテムの売買しかできませんが、今後はクラフティングというアイテムの合成やダンジョン探索が実装されれる予定。

ブロックチェーンゲームですので、アイテムの売買・クラフティング・ダンジョン探索の際にはETHがかかります。

公式サイトはこちら

CryptoKitties

取引高:640.84ETH
1日あたりの取引金額:59.83ETH
1週間の取引金額:417.42ETH
1日あたりの取引件数:6,783件
1週間の取引件数:41,207件
1日あたりのアクティブユーザー数:938名

イーサリアムのプラットフォーム上で動く、仔猫育成ゲーム。
仔猫を購入し、交配を繰り返し、より自分好みにあった猫を探すのが目的です。

仔猫は親の遺伝子を受けつぐ仕組みになっていて、親同士のデータの一部を受け継ぐのが特徴。

育てた猫はオークションで売買することも可能であり、希少な猫ですと日本円で数百万円以で売れることも珍しくなく、ビッグマネーが動くこともあるそうです。

公式サイトはこちら

まとめ

以上、Dappsのランキングサイト「DappRadar」をご紹介しました。

ETH(イーセリアム)ベースのプラットフォームを中心にして開発されています。
魅力的なアプリが多く、今後ユーザーが増加する可能性は十分あるでしょう。

特に仮想通貨を使用したゲームやカジノに関心のある方は、ランキングをチェックされるといいでしょう。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

tanamaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA