ETHを安全に保管! MetaMaskのウォレット作成や送金方法を解説

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

イーサリアムおよびイーサリアム系トークン(ERC20)のためのウォレット「MetaMask(メタマスク)」の使い方をご紹介。
ウォレットの作成方法から送金方法、復元方法などを一つひとつ丁寧に解説していきます。

MetaMaskはChromeの拡張機能として使用するウォレット。
拡張機能なので、MyEtherWalletなど他のオンラインウォレットと比べても、とてもサクサク動いて便利
見た目もわかりやすく、今まで取引所のウォレットを使用したことのない人でも使いこなせるでしょう。

またICOに参加する時やDAppsのオンラインゲームで遊ぶ時、DEXの取引所を使う時に必要になってくるので、ぜひ利用してみてください。

資産の安全性の向上を図る上でウォレットを分散して管理することは非常に有効ですので、他のウォレットを使用している方も作成しておくといいかと思います。

ウォレットの作成方法

MetaMaskはChrome用の拡張機能型ウォレット。
FireFoxやOpera用もあるようですが、Chromeが一番簡単に作成できます。

なので、今回はChromeを使ったMetaMaskの導入方法を解説します。

MetaMaskのインストール

まずは、公式サイトへアクセス。

画面赤枠のところをクリックしてください。
クリックするとダウンロードのページにいきますのでMetaMaskをダウンロードします。
ダウンロードが完了すると右上にキツネのアイコンが出現するのでクリックしましょう。

下へスクロールしていくと「Accept」というボタンが出てきますのでそれをクリック。

このような画面になりますので赤枠の中にパスワードを設定し入力し、完了したら「CREATE」をクリックします。

パスワードを紛失した際の復元ワードが出現します。
「I’VE COPIED IT SOMEWHERE SAFE」をクリックしてオフラインで管理しておくか、単語を紙にメモして保管しておきましょう。

ウォレット名を変更したい

MetaMaskは複数のウォレットを作成できますので、今回作ったウォレット名を変更してみてもいいでしょう。

まずはウォレット名(「Account1」)の上段にある空白部分にマウスカーソルを移動。

「edit」と表示されるので、それをクリック。
するとウォレット名の編集画面が表示されます。
ウォレット名を変更したら「Save」をクリックします。

MetaMaskの使い方(入出金方法)

ウォレットへの入金方法

METAMASKの画面から画像の枠内の「・・・」をクリック。

次のような画面が出てきますので、「Copy Address to clipboard」をクリックしていただければアドレスをコピーした状態になります。

このアドレスをビットフライヤーなどにペーストし、いつも通り送金することでウォレットに入金されます。

ウォレットからの送金方法

先ほどと同様、右上の小さいキツネを押すと出てくる画面より、「SEND」をクリック。

次のような画面が出てきますので、取引場やDappsのゲームのアカウントにてコピーしたアドレスをペーストし、「NEXT」をクリック。

以上で送金は完了です。

送金したコインの状況を確認したい

ウォレットを使っていて、ご自身で送金したコインが無事に送金されているのか心配になったことはありませんか?

そんなときに便利なのがEtherscan
イーサリアムのブロックチェーン上で、先ほど送金したコインのトランザクションがどうなっているのか、確認することができます。

まずウォレット名の右横にあるアイコン(「…」)をクリックして、「View account on Etherscan」を選択します。

すると、このウォレット(アドレス)の送金処理状況を確認することができます。

トークンの入出金について

ここではMetaMaskでのトークンの入出金について解説します。

トークンの入金方法

MetaMaskではイーサリアム以外にもイーサリアムベースのトークン(ERC20)を入金することも可能。

まずウォレット内にあるイーサリアムベースのトークンをMetaMask上でも見れるようにするために、MetaMaskにある「TOKENS」というタブから「ADD TOKEN」をクリック。

開くとこのような画面が出てきます。

「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」という3つの項目が出てきます。
今の時点だと何を意味するのか、分からない方も多いと思います。
これらの意味を調べるために、まずは「Etherscan」というサイトで確認してみましょう。

Etherscanを開いたら、画面右上の検索ボックスに入金したいトークン名を入力して検索。

検索していただくとトークンの詳細が表示されます。
ここで「Token Contract Address」「Token Symbol」「Decimals of Precision」の3項目を確認できます。

先ほどのMetaMaskのトークン追加画面にそれぞれの項目を入力し、「Add」をクリック。
すると追加したトークンをMetaMaskにて確認できます。

トークンの出金について

MetaMaskではトークンを入金することはできますが、出金はできません。
ウォレット内にあるトークンを送金したい場合は、「MyEtherWallet」を使用して送金しましょう。

MyEtherWalletについてはこちら
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)登録と入金・送金方法を解説!ICO参加者には必須!

設定や秘密鍵を確認する

こちらではMetaMaskの各種設定を確認する方法についてご紹介します。

設定の確認と変更

MetaMaskの設定を変更する際は、画面右上の三本線をクリックして「Settings」を選択。

設定画面が開くので、様々な設定が行えます。

秘密鍵の確認

ウォレットの秘密鍵を知りたいという場合は、アカウント名の右側にある「(…)」をクリックし、「Export Private Key」を選択します。

そして表示された画面でパスワードを入力し「Submit」をクリック。
これで秘密鍵が確認できます。

ウォレットを復元する

万が一、パスワードを忘れてしまってウォレットを復元しなければならないときは、ウォレット作成時にメモした12字の復元ワード(Seed Words)を利用します。

ログイン画面にて「Restore from seed phrase」をクリック。
出てきた画面にメモして保管しておいたSeed Wordsを入力し、今後使用する新しいパスワードを入力し、「OK」をクリック。

これでウォレットが復元します。

アカウントを追加したい

ウォレットのアカウントの追加ないし削除する方法についてもご紹介します。

新しいアカウントを作成する

ホーム画面上部の人のアイコンをクリック。
次に「Create Account」をクリックしましょう。

ここで新しいウォレットが作成されます。
必要に応じてウォレット名の変更などを行いましょう。

先ほどと同じように画面上部の人のアイコンをクリックすると、ウォレットの一覧が表示されます。
そこで表示するウォレットを切り替えることができます。

既存のウォレットを追加したい

MetaMaskではMyEtherWalletなど既存のオンラインウォレットのアカウントを追加できます。

ホーム画面上部の人のアイコンを選択し、「Import Account」をクリック。

「Private Key」(秘密鍵)、または「JSON File」を選択

「Private Key」を選択した場合、インポートするウォレットの秘密鍵を入力します。
そしたら「IMPORT」をクリック。

スマホでも利用できる?

2018年4月3日時点では、Android経由でFirefoxを利用すればスマホからでもMetaMaskが利用できる模様。
残念ながらiPhone(iOS)からは利用できません。

まとめ:ICOやDappsを利用するならMetaMaskをダウンロード!

以上、イーサリアムおよびイーサリアム系トークンのウォレット「MetaMask」を解説しました。

コインは取引所に保管しているよりもウォレットで管理する方が安全です。

また、ICOに参加していく方やDappsのゲームをプレイする予定の方は必須!
ICOの場合、トークン購入はほとんどがイーサリアム決済であり、購入できるトークンは取引所によっては受け取りが不可能。
Dappsについては、MetaMaskをダウンロードしていないとゲームを始めることすらできません。

イーサリアムで購入したものの、取引所のウォレットでは受け取ることができず、どうにもできなくなる人が多いようなので、セキュリティ面や利便性からMetaMaskを用意しておきましょう。

ICOの記事はこちらから

Dappsの記事はこちらから

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

tanamaru

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA