ビットレックスの評判・口コミや安全性(セキュリティ)を調査!

ビットレックスの評判?

世界最大規模の仮想通貨取引所ビットレックス(Bittrex)ですが、アメリカの取引所となれば、安心して取引できるのか・詐欺には合わないか・破産して資金を失わないか、などの心配が付きまといます。

自分の大切なお金を投資するのですから、ネットで色々調べると思いますが、まずひとつ注意したいことがあります。

Bittrex(ビットレックス)に似た名前で、Bitrex.io(ビットレックス)というサイトがあります。

いわゆるHYIP(ハイプ)と呼ばれる高配当投資を扱うサイトなのですが、商品には仮想通貨もあるので、Bitrex.ioの評判や口コミと間違えないようにして下さい。

仮想通貨のことをよく知らない方が書いた情報源によっては、Bittrexの画像を出してBitrex.ioのことを書いているケースもあります。

気になるビットレックスの口コミ

海外取引所の中で日本人が最も利用している取引所はビットレックスと言われていますが、その評判が良いのか悪いのか気になると思うので、実際にネットに投稿された口コミを紹介します。

$BCH $BCC の分裂で仮想通貨取引所の技術力&対応力&やる気みたいなのがわかった気がする。
☆☆☆bittrex bitflyer (分裂と同時対応)
☆☆ coincheck zaif poloniex
☆  coinbase zcom (まだ未対応)

確かに対応の速さ対応の良さは、取引所を利用するうえで選ぶポイントになります。

ビットレックスは銘柄多くて何かしら上がってるんで馬券買い方式で候補絞りつつも手堅くやれば寝てても儲かる仕組みがマイニングよりもお手軽に出来る余地があると思うんです
草コイン対象だから開始資金もたいしていらんし

少ない資金でも投資するアルトコインを厳選して投資すれば、ストレスなく利益が出せるということですね。

Bittrex見ていると1日で50%上昇が当たり前なのが暗号通貨だと思ってしまうし、それぐらい上がらないと物足りなさを感じる気がする。

200種類近くあるので、そのうちのどれかのアルトコインが、日々お祭り騒ぎのように価格上昇します。

ビットレックスは毎日なにかの通貨が倍以上になているんだよね()
イナゴにはお気をつけて…(・ω・;)=(;・ω・)

確かになにかしら大きく値上がるので、つい衝動買いしたくなりますが、高値掴みは避けたいものです。

100XRPをテスト送金かけました。
poloから送って、ビットレックスに3分くらいで着金を確認しました。

着金の確認は時間帯にもよりますが、早いと3分ほどで確認できるようです。

せっかく銘柄教えてもろてもビットレックス登録まではしたけど使い方分からなすぎてつらい

公式サイトで日本語表示できないと辛いかもしれませんね。

ビットレックス(Bittrex)の二段階認証(2重承認)設定・登録方法!

ビットレックスの安全性(セキュリティ)は?

ビットレックスの魅力は200種類近いアルトコインを取り扱っていることですが、アルトコイン取引の多くの場合、長期保有することになるので、預けている間の安全が気になります

そしてビットレックスには2016年8月にハッキングされ、12万BTCが盗まれた事実があります。

利用するうえで、危険性やリスクが気になりますが、対策としては2段階認証登録をしておくことをおススメします。

ハッカーはビットコインやイーサリアムといった高額な通貨を狙いますが、自分の保有しているものがマイナーアルトコインだからと言って油断はできません

ハッキングされたことが原因で、取引所自体がなくなる場合もあるのです。

2段階認証はビットレックス側のセキュリティですが、自分でできる対策としては…

1.パスワードは使いまわさない

2.パスワードは複雑なものにする

3.ビットレックスで購入した大量のアルトコインは、例えハッカーに狙われそうもないマイナーアルトコインだどしても、ウォレットに入れて保管する

4.取引用のビットコインやイーサリアムは、使う予定がないときにはウォレットに戻す癖をつける

…などが挙げられます。

仮想通貨は株やFXに比べると、比較的リスクの低い投資ですが、ビットコインやイーサリアムはハッカーに狙われ実際盗まれてしまう事が多いので、取引所が謳う安全性を鵜呑みにしないで、自衛できる対策はしっかり行っておきましょう

ビットレックス(Bittrex)の口座開設や使い方(送金・出金方法)!

登録すべき海外の仮想通貨取引所

国内取引所と海外取引所の違いはたくさんありますが、ご存じない方も多いと思います。
現在、仮想通貨をやられてる方の多くは国内取引所「bitflyer」「Zaif」「Coincheck」などの取引所を複数開設している方が多数だと思いますが、国内取引所のみを利用している方はチャンスを逃す原因になります。
海外取引所の選ぶポイントと合わせて違いについてご紹介していきます。

日本語対応

まず大前提として、日本語対応してるものがおすすめです。
ただ英語がわからないからという理由だけではなく、日本語対応しているということは日本人もターゲットとして考えているため、しっかりニーズに沿った通貨の取り扱いが今後増えてくるであろうと考えております。

海外の取引所は仮想通貨の種類

国内の取引所では取り扱いは数銘柄〜多くてもコインチェックの13銘柄となっているのに対して、海外最大手のビットレックスは200種類以上と圧倒的に取り扱い数が違います。
ただ数が多い分、選ぶのが大変というデメリットもありますが、
日本では取り扱いのない銘柄が購入でき、数日で価値が10倍になった話題の銘柄などのチャンスが広がります。

アルトコインの手数料が安い

国内の取引所ではマイナス手数料や手数料0.1%など見かけますが、それは基本的にビットコインに限った話でアルトコインの手数料は海外と比較すると3倍差くらいはあるように見受けられます。
国内で最も安いと言われているZaifで通過によっては0.3%に対して、世界トップの海外取引所Binanceは0.1%となっている。

アルトコインの指値注文をすることができる

仮想通貨の種類が多い分、指値注文は有効的に活用できるので指値注文が可能な取引所を選択しましょう。

セキュリティ対策がしっかりとされている

2017年1月26日のコインチェックの事件から皆さんもセキュリティは取引所を選ぶ基準にしているかと思います。
メールアドレスやパスワードだけでのログインができないように二段階認証を実施しているや24時間以内の引き出しは2BTCまでなどのセキュリティ対策がしっかりされているものを選びましょう。

おすすめ海外仮想通貨取引所ランキング

1位 Binance(バイナンス)

取扱銘柄数:80種類
取引手数料:すべての通貨に対し0.1%
日本語対応:している
指値注文:可
セキュリティ:◯
補足:取引所オープンからたった5ヶ月で世界トップになった取引所
登録方法を詳しく知りたい人はこちら
世界一の取引高「Binance(バイナンス)」の登録方法!おすすめな理由も紹介!
Binance(バイナンス)公式サイト

2位 BITTREX(ビットレックス)

取り扱い銘柄数:200種類以上
取引手数料:すべての通貨に対し0.25%
日本語対応:していない
指値注文:可
セキュリティ:◯
補足:圧倒的な取り扱い銘柄数
登録方法を詳しく知りたい人はこちら
BITTREX(ビットレックス)の口座開設や使い方(送金・出金方法)!
BITTREX(ビットレックス)公式サイト

3位 Kucoin(クーコイン)

取扱銘柄数:44種類
取引手数料:すべての通貨に対し0.1%
日本語対応:している
指値注文:可
セキュリティ:◯
補足:草コインと呼ばれるマイナーコインを多数扱っている
Kucoin(クー子印)公式サイト


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です