bitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)の買い方(購入方法)!入金・出金方法についてもご紹介

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

2018年大きな値動きが期待されているアルトコイン「リップル(XRP)」

世界的に銀行などの金融機関で実用化が進められているだけでなく、アメックスとの提携など今後値上がりが期待されるコインです。

国内取引所ではコインチェックで売買できるとして有名でしたが、コインチェックは2018年1月に発生したハッキング事件により現在新規口座開設やその他の機能を制限しています。

同じ国内取引所のbitbank(ビットバンク)は現在取引手数料が無料で、セキュリティレベルも高いおすすめの取引所です。そこで今回はbitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)の購入方法を実際に購入して解説したいと思います。

なお、bitbank(ビットバンク)への登録・口座開設を行っていない方は下記の記事を参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)の口座開設・登録方法!特徴についても紹介します!

bitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)買い方(購入方法)と入金方法

早速bitbank(ビットバンク)でのリップル購入方法について解説していきますが、bitbank(ビットバンク)にまだ入金ができていない方のためにまずはbitbank(ビットバンク)への入金方法についてご紹介したいと思います。

すでに入金が済んでいるという方はこちらをクリックしてリップルの購入方法へ飛んでください。

bitbank(ビットバンク)への入金方法

まずは、bitbank(ビットバンク)にアクセスしログインします。

メールアドレスとパスワードを入力します。

二段階認証を設定している場合は二段階認証コードを入力します。

ログイン後右上にある人型マークから「入出金」を選択します。

複数ある通貨の中から「日本円(JPY)」の「入出金」をクリックします。

あとは表示されている入金先口座に振込を行えば入金は完了します。

SBI住信ネット銀行からの振込であればすぐに入金が反映され、他の銀行から振込を行った場合も銀行の営業時間内であれば入金が反映されます。

しかし、営業時間外に振込を行うと翌日に対応となり、週末であれば月曜日までは入金が反映されないので注意しましょう。

入金の際は必ず振込人名義の前に入金番号(アカウントID)をつけて振込を行いましょう。なお、入金番号(アカウントID)をつけずに入金してしまった場合は入金が反映されないので注意してください。

また、この機会ににSBI住信ネット銀行の口座開設を行っておくことをおすすめします。口座開設方法については下記の記事で解説されていますので参考にしてみてください。
住信SBIネット銀行の口座開設のやり方と流れを徹底解説。お得な口座開設方法も紹介

今回著者はビットフライヤーに残っているビットコインをbitbank(ビットバンク)に送金して入金したのでその方法も紹介します。

bitbank(ビットバンク)へ他の取引所からの送金で入金する方法

bitbank(ビットバンク)は銀行振込以外にも他の取引所から日本円以外の通貨を送金して入金する方法があります。

その際にbitbank(ビットバンク)で行うことはアドレスの確認くらいなのですが、ビットフライヤーからビットコインを送金して入金する方法も紹介したいと思います。

まず、送金元の取引所にアクセスします。今回はビットフライヤーから送金するのでビットフライヤーにアクセスします。

現在の資産が「0.00201BTC(執筆時のレートで1700円ほど)」残っているのでこれをbitbank(ビットバンク)に送金したいと思います。

資産を送金するには送金先のアドレスが必要になります。つまりは受け取るbitbank(ビットバンク)側のウォレットアドレス必要であり、このウォレットアドレスを送金先アドレスとします。

bitbank(ビットバンク)のアドレスを確認するにはログイン後人型マークから「入出金」を選択します。

通貨の中から受け取りたい通貨(送金したい通貨)を選択します。今回の場合ビットフライヤーからbitbank(ビットバンク)へビットコインを送金するので「ビットコイン(BTC)」の「入出金」をクリックします。

表示されているアドレスがbitbank(ビットバンク)のビットコイン(BTC)専用のウォレットアドレスになります。

そして、このアドレスを送金元の取引所の送金画面にて送金先として入力します。今回の場合はビットフライヤーの送金先アドレスに入力し送金する量を入力しました。

ここで送金先アドレスを間違えてしまうと、送金した通貨が消失してしまう可能性がありますので手動での入力は絶対に避け必ずコピペなどで入力しましょう。

ビットフライヤーは送金に一律で「0.0004BTC」がかかるので実際に送金できるのは「0.0016BTC」となります。

無事送金できました。

送金はすぐに反映されず、少し経ってから反映されます。今回も数分経ってからbitbank(ビットバンク)側で入金されたことが確認できました。

また、資産の移動については送金先の取引所も通貨を取り扱っていなければなりません。

つまり、ビットコインの送金には送金先の取引所もビットコインを取り扱っていなければならず、別の通貨のウォレットに送金してしまうと通貨が取り出せなくなる可能性があるので注意しましょう。

bitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)買い方(購入方法)

では、リップルの購入方法についてご紹介していきます。

まず、bitbank(ビットバンク)にアクセスしログインします。

メールアドレスとパスワードを入力します。

二段階認証を設定している場合は二段階認証コードを入力しログインします。

現在のbitbank(ビットバンク)の資産は「0.0016BTC」なのですが、今のところリップル(XRP)をビットコイン(BTC)で売買する「XRP/BTC」の通貨ペアがないので一度ビットコイン(BTC)を売却してJPYにします。

ちなみにbitbank(ビットバンク)は6月30日まで全通貨ペアの取引手数料が無料になるキャンペーンを開催中です。なので今回のような場合でも無駄に手数料がかかることがありません!お得ですね。

ログイン後、画面の左上の通貨ペアを選択します。「BTC/JPY」を選択。

次に画面右で売買や注文方法・数量を指定します。

注文方法に「指値」と「成行」がありますが今回は「成行」で行います。

◆指値注文とは
指値注文とは売買通貨に対して「この値段になったら売買しますよ」という注文方法。例えばBTCが110万になったら数量分を売却するまたは、BTCが100万になったら数量分を購入するというように注文する。この時、通貨が指定した価格にならない限り成立しない。
◆成行注文とは
成行注文とは現在の通貨の価格で指定数量分を売買する注文方法。例えばBTCが100万円なら100万円の価格で売買したい数量を売買する。値段の指定をせず即時に売買するので注文したら即成立する。

「成行」を選択し、「売り」を選択します。そして売りたい数量を指定します。売却したい数量「0.0016」と入力し「注文」をクリックします。

注文の確認が表示されるので問題なければ「実行」をクリックしましょう。また、「今後はこの画面を表示しない」にチェックを入れると以後この確認の画面は表示されなくなります。

筆者は注文を確認したいのでチェックは入れません。数量間違えてたら面倒なので。

売却が完了しました。BTCが減りJPYが増えています。

次にリップル(XRP)の購入を行います。先ほどと同じように左上で通貨ペア「XRP/JPY」を選択します。

そして右で数量を指定します。

この時注意ですがbitbank(ビットバンク)では買い注文の際は総資産の70%まででしか購入できませんので、入金する際は余裕を持って入金するようにしましょう。

ちなみに割合は赤枠のバーで調整が可能です。数量を指定したら「注文」をクリックします。

注文を確認して問題なければ「実行」をクリックして買い注文は完了です。

無事取引が完了しました。JPYが減りXRPが増えていますね。

以上がbitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)購入方法になります。bitbank(ビットバンク)は画面も見やすく売買も簡単ですね。

リップル(XRP)の手数料について

bitbank(ビットバンク)でのリップル購入時に発生する手数料についてですが、bitbank(ビットバンク)は現在全通貨ペアの取引手数料が無料になるキャンペーンを6月30日まで行なっています。

そのため、リップル(XRP)の売買時に別途手数料が発生することがなく、お得に取引することが可能です。

しかし、取引手数料は無料ですが、bitbank(ビットバンク)から他の取引所またはウォレットへ送金・出金する場合は別途「0.15XRP」を負担しなければいけません。

リップル(XRP)の手数料については下記の記事で解説していますので、参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)は手数料無料?内容やキャンペーン・リップルの手数料についても解説

ちなみに手数料に関係してくるのが「スプレッド」ですがスプレッドとは、買値と売値との差でこれが大きいほど損しているのです。

例えば、1XRPの購入価格が90円だとして、販売価格が81円だと購入した段階で差額の9円が含み損となるわけですね。

購入数量が大きいほど差額も大きくなり損になり、スプレッド幅は動的なの売買時は気にかけておく必要があります。

スプレッド幅は手数料にも大きく影響されるのですが、bitbank(ビットバンク)は手数料が無料なのでスプレッド幅が広くて1円ほどなのでスプレッド幅は狭いです。

bitbank(ビットバンク)のリップル(XRP)送金・出金方法

次にbitbank(ビットバンク)のリップル(XRP)を他の取引所に送金・出金する方法について解説したいと思います。

まず、メニュー右上にある人型のマークを選択し、「入手金」をクリックします。

リップル(XRP)の入出金をクリックします。

上部に「預入」と「引出」とありますが、「引出」をクリックします。

初めて送金する宛先の場合はアドレスを追加しなければならないので、「アドレスを追加」をクリックします。

「新規追加」をクリックします。

ラベルは登録するウォレットの名前を設定し、隣の「リップルアドレス」に送金先のアドレスを入力します。このときアドレスを間違えると送った通貨が取り出し不可能になる可能性があるので間違いのないように注意しましょう。

下の方では、二段階認証コードの入力とSMS認証コードの入力を行います。二段階認証コードは時間が経つと使えなくなってしまうので、先にSMS認証コードの取得を行いましょう。

二つの認証コードを入力したら「追加する」をクリックします。

リップルアドレスに間違いがないか確認し、問題がなければ「送信」をクリックします。

これでアドレスの登録が完了したので次回以降は登録したアドレスを選択すればオッケーです。

先ほど登録したアドレスを選択し、数量を入力して「引出内容を確認」をクリックします。

内容に問題がなければ「この内容で出金する」をクリックします。

以上で送金・出金は完了です。少し複雑ですが、アドレスを間違えると送った通貨が取り出せなくなる可能性があるので十分に注意しましょう。

まとめ

今回はbitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)の購入方法についてご紹介しましたが、売買自体はそこまで難しくはなかったと思います。

ただ、他の取引所から送金して入金する場合はウォレットのアドレスを必ずチェックし間違いがないように注意しましょう。アドレスに間違っているまたは、異なる通貨のウォレットに送金してしまうと通貨が取り出せなくなる可能性があるので十分に気をつけてください。

bitbank(ビットバンク)は6月30日まで全通貨ペアの取引手数料が無料になるキャンペーンを行っているので、リップル(XRP)の売買はbitbank(ビットバンク)がお得なのでおすすめですよ!

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA