ザイフ(Zaif)トークンのチャートや買い方を解説!発行量(枚数)は?

仮想通貨取引所ザイフが発行するザイフ(Zaif)トークンとは?

日本人投資家が熱いまなざしを向ける仮想通貨のひとつに「COSMA」があります。

※COSMAについては公式サイトを参照にして下さい。

COMSA

その「COSMA」の経営陣と、ザイフの運営会社が同じ「テックビューロ株式会社」であり、ザイフが発行する仮想通貨ザイフトークン「COSMAトークンセール」に参加できると発表があったため、謎の通貨ザイフトークンに注目が集まりました。

ザイフトークンとは、2016年7月29日に公開された仮想通貨で、ザイフでのみ購入できます

今回の記事では、ザイフトークンのチャートや買い方・発行量(枚数)について解説します。

チャートから見る価格の推移

2016年7月29日に1ZAIF=1円から取引をスタートさせたザイフトークンは、公開日に最高値5.2円をつけますが、その後は価格が下落し続けます。

価格が下落した理由は“利用目的がわからない”ことだと思われます。

2018年に入ると、ザイフトークンはほぼ1ZAIF=1円以下で推移します。
最安値が1ZAIF=0.07円にまで落ち込む日もあったほどです。

ところが2017年8月17日からザイフトークンは右肩上がりに価格が上昇します。
「COSMAトークンセール」にザイフトークンが使えると発表があったからです。

10日後の27日に一時大きく下落するも、間近のサポートライン(下値支持線)がしっかり機能して、下落を持ちこたえました。

これにより、ザイフトークンの価格はさらに上昇します。

2017年8月31日時点で、価格は1ZAIF=1.5円前後で推移してる状態です。

チャートから見る購入のタイミング

メインイベントである「COSMAトークンセール」は2017年10月2日なので、その期間はテクニカルを無視して価格は上昇し続けると思われます。

この間にザイフトークンを買う場合、「COSMAトークンセール」に必要な分だけ購入することをおススメします。
イベント終了後、価格が大きく下がる可能性もあるからです。

10月2日以降ですが、ザイフトークンに関するランキングやキャンペーンといったイベントがあるため、いきなり以前の価格にまで乱暴に下落することはないと思われます。

以上のことから考えて、10月2日以降にザイフトークンを購入する場合、価格が下がった所を押し目買いする方法が最もベターです。

価格が横ばいになるとなかなか押し目買いできず、気持ちが焦りますね。

長い期間価格が横ばいしていると、フラッグやペナントと呼ばれるチャートパターンを形成することが多く、価格がブレイクすると一気に上昇か下落に転じます。

価格が大きく跳ね上がった時に高値掴みをしないよう注意する必要があります。

ザイフトークンの買い方

ザイフトークンの購入方法は、まずザイフにログインした後、ページの左上にある「BTC/JYP」をクリックした後、「トークン」をクリックします。
※ザイフでは仮想通貨を「主要通貨」と「トークン」に分けています。

 

トークン一覧が表示されるので、円で買うなら「ZAIF/JPY」、ビットコインで買うなら「ZAIF/BTC」をクリックしましょう。

では、詳しい買い方を説明します。

成行で買う

1.ページの右側にある「ZAIFを買う」から「成行」を選びます。

2.欲しいザイフトークンの「買いたい量」を入力します。

※「使用残高」では保有している日本円(ビットコイン)の残高に応じて購入できる数量が選べます。
100%を選択すると、保有している日本円(ビットコイン)を全額使って購入するので注意して下さい。
日本円(ビットコイン)の残高が0になります!

3.「買い注文」をクリックすれば、即購入終了です。

指値で買う

1.ページの右側にある「ZAIFを買う」から「指値」を選びます。

2.欲しいザイフトークンの「買いたい量」を入力します。

3.「1ZAIFの価格」日本円かビットコインの価格を入力します。

自分で入力しても良いですし、ページ左下にある「売買注文」「気配値」の価格をクリックしても入力できます。

※「気配値」の数字は、上にある価格ほど買い注文が通りやすく、下に行くほど注文が通りにくくなります

4.「リミット売り」は、「この価格まで上昇したら売ってしまいたい」という場合に使います。
使う場合「今の価格よりも大きな金額」を入力しましょう。
売る気がない場合は空欄でOKです。

5.「買い注文」をクリックして、注文が通れば購入終了です。

ザイフトークンの発行量は?

ザイフトークンはザイフが発行する、いわゆる「発行者のいる仮想通貨」なので、今のところ発行枚数に制限はありません。

ただ、将来的にザイフが「これ以上ザイフトークンを発行しない」と発表する可能性もあります。

comsa(コムサ)仮想通貨の購入方法!プレセールや事前登録方法について!

さいごに

2017年8月30日にザイフから、登録者の急増により本人確認に時間がかかるというアナウンスがありました。

口座開設の申し込みに不備があると、本登録までにさらに時間がかかります

ザイフで口座を開きたい方は、今すぐ取引をする予定はなくても、余裕をもって早めに口座開設することをおススメします。

>>Zaifの無料登録はこちら<<

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です