bitbank(ビットバンク)のアプリがリリース!インストール方法や登録・ログイン方法と使い方を紹介

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

国内仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)はアプリがないことが欠点とされていましたが、ついに取引所のスマホアプリをリリースしました。

ios版とAndoroid版両方で配信されています。bitbank(ビットバンク)のWebページはスマホ対応もしているのでスマホでも操作しやすいですがアプリ版も同じなので使いやすいです。

そこで今回はbitbank(ビットバンク)のアプリのインストール方法や使い方について紹介したいと思います。

また、bitbank(ビットバンク)で登録・口座開設されていない方は下記の記事でまとめていますので参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)の口座開設・登録方法!特徴についても紹介します!

ビットバンクの口座開設・登録はこちらから

bitbank(ビットバンク)アプリのインストール方法と登録・ログイン方法

早速インストール方法から紹介していきます。今回はios版でのインストールを行います。

アプリ自体はiPhone、Android版両方配信していますよ。

まず、Appstoreにて「ビットバンク」と検索します。

インストールします。

インストールが完了したらアプリを起動します。

bitbank(ビットバンク)で登録・口座開設をしている方は、「ログイン」をタップします。

まだ登録・口座開設を行っていない方は、PCと登録・口座開設方法は基本的には変わらないので下記の記事を参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)の口座開設・登録方法!特徴についても紹介します!

次にメールアドレスとパスワードを入力します。

二段階認証を設定している場合は二段階認証コードを入力し「ログイン」をタップします。

以上がインストールからログインするまでの手順です。次にメニューの見方を紹介します。

また、今回はストアから検索してインストールしましたが、インストールについては今後、偽アプリがリリースされる可能性もあるので公式サイトからインストールしたほうが安全です。

ios版はこちら
iPhoneアプリ配信開始のお知らせ

Andoroid版はこちら
Androidアプリ配信開始のお知らせ

bitbank(ビットバンク)アプリのメニューの見方と使い方

続いてbitbank(ビットバンク)アプリの見方を紹介していきます。

基本的には通貨ペアごとにメニューがあり、「チャート」「注文」「履歴」「歩み値」の中から選択します。

チャート

注文

履歴

歩み値

歩み値とはこれまでの約定された取引の時系列です。

以上がメニューそれぞれの画面になります。スマホでbitbank(ビットバンク)のサイトを扱ったことがある方にとってはそのままなので特に難しいことはなかったと思います。

また、各メニューからトップページに戻るにはメニュー下の「×」をタップすればよいです。

また通貨ペアの切り替えはトップページの上部をタップして切り替えが可能です。

操作したい通貨ペアをタップするだけなので簡単ですね。

セキュリティやその他の設定、入出金については右上をタップします。

以上が基本的なメニューの見方と使い方になります。

また、対応言語は現在は日本語のみです。英語、中国語には対応していないようなので日本語で使用しましょう。

次は実際にアプリで通貨を購入方法を紹介したいと思います。

bitbank(ビットバンク)アプリでの通貨購入方法

ここからはbitbank(ビットバンク)アプリでの通貨購入方法を紹介したいと思います。

手順はWebと変わりはないので簡単に通貨を購入することができます。PCでの通貨購入方法は下記の記事で解説していますので参考にしてみてください。

bitbank(ビットバンク)でのリップル(XRP)の買い方(購入方法)!送金・出金方法についてもご紹介

今回は上記記事と同様にリップル(XRP)を購入してみたいと思います。

まずはアプリにログインします。

デフォルトの通貨ペアは「BTC/JPY」となっているので通貨ペアの変更をします。

「XRP/JPY」に変更します。

通貨ペアが切り替わっていることを確認し、「注文」を選択します。

注文方法が「指値」と「成行」が選択できますが、今回は「成行」で取引を行います。

◆指値とは
指値注文のこと。指値注文とは売買通貨に対して「この値段になったら売買しますよ」という注文方法。例えばBTCが110万になったら数量分を売却するまたは、BTCが100万になったら数量分を購入するというように注文する。この時、通貨が指定した価格にならない限り成立しない。
◆成行とは
成行注文のこと。成行注文とは現在の通貨の価格で指定数量分を売買する注文方法。例えばBTCが100万円なら100万円の価格で売買したい数量を売買する。値段の指定をせず即時に売買するので注文したら即成立する。

「成行」を選択し、「買い」をタップします。そして購入数量を入力するのですが、bitbank(ビットバンク)では総資産の70%以上で購入することができません。

例えば、10万円を資産として持っている場合は、70%の7万円まででしか購入ができないということになりますので入金する際は余裕を持って入金しましょう。

資産の割合調整は数量を入力する項目の下のバーで調整可能です。最後に「注文」をタップします。

確認の画面が表示されるので問題なければ「実行」をタップします。

なお、「今後はこの画面を表示しない」にチェックを入れるとこの画面は今後表示されません。

注文が発注される、注文が約定すれば上部に表示され購入が完了となります。

以上がアプリでの通貨購入方法になります。売却も同じ要領なので非常に簡単ですね。

ただ、注文が約定した時の表示が少し見にくいので見逃す可能性がありそうです。

まとめ

今回はbitbank(ビットバンク)のアプリについて紹介しましたが、個人的に使いやすくて今のところ不満はありません。

個人的にもbitbank(ビットバンク)のアプリがないのが惜しいと感じていたので今回リリースされたことは嬉しいですね。

ただ、簡単に取引ができてしまう取引所のアプリと二段階認証アプリがスマホに存在しているため、スマホを紛失した時のリスクが大きくなったように思えます。

スマホにログイン情報などを残さず、取引が完了したらログアウトするなどの工夫が必要になってきますね。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

はじめての仮想通貨投資の管理人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA