【ICO】Lattice(ラティス)は量子コンピュータと仮想通貨を融合させるエストニア発のプロジェクト?!

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

量子コンピュータをブロックチェーン技術に応用することに注力するエストニアのIT企業「Lattice(ラティス)社」が、2018年4月下旬からICOを実施中です。この「Lattice(ラティス)社」は、10名ほどの物理学者、数学者、ITエンジニアが所属しているITベンチャーですが、元来は金融工学を応用したヘッジファンドビジネスに従事していました。

ところが、同社では数年前より仮想通貨、特にブロックチェーン技術の大いなる可能性に気付き、量子コンピュータのブロックチェーン技術への応用を研究しています。今回、Lattice(ラティス)プロジェクトでは、ICOを実施して1億~11億円ほどの資金調達を見込んでいるようで、この調達資金を利用して、「Lattice(ラティス)社」は量子コンピュータのブロックチェーン技術への応用における追加実験を行いたい考えです。

量子コンピュータに関連するICOプロジェクトは、これまでもNEOやIOTAなどいくつか存在していましたが、全て科学的な根拠に乏しい、技術的に確立されていないものでした。反面、Lattice(ラティス)プロジェクトでは、開発済みソースコードをWEB上でも公開するなど、現時点で実装可能な技術が確立されていることが魅力です。

今日は、Lattice(ラティス)プロジェクトの概要と、ICO案件としての強味・留意点などを押さえておきましょう。加えて、ICO参加(トークン購入)の方法についても、画面遷移を交えて具体的に解説してゆきます。

ICOへの参加はこちらのLattice(ラティス)プロジェクト公式サイトから。
Lattice公式サイト

※ICO参加(LTIトークン購入)方法のみを知りたい方は、以下の目次から直接「9 Lattice(ラティス)プロジェクトの具体的なICO参加(トークン購入)方法は?」へと飛んでください!

Lattice(ラティス)プロジェクトとは何だろう?どこを目指しているの?

最初に、今回のLattice(ラティス)プロジェクトがどこを目指し、何を目的としているのかを理解しておきましょう。仮想通貨投資家は、ここに共感できないICO案件には参加してはいけないのです。

量子コンピュータが活躍する時代が迫っている

現在、Google, Microsoft、Facebookなどの名立たるIT関連企業や、NSA(米国国家安全保障局)などが量子コンピュータの研究開発に注力していることは比較的知られるようになってきました。この量子コンピュータは、AIの次なるテクノロジーとも言われていて、その圧倒的な計算能力が注目を集めています。

量子コンピュータを悪意を持って利用すれば、現在使用されているRSA暗号(大きい桁の合成数の素因数分解は困難であることを安全性担保の根拠としている公開鍵暗号)や楕円曲線暗号(楕円曲線上の離散対数問題の困難性を安全性担保の根拠とする公開鍵暗号はが即時に解読されてしまう可能性が極めて高く、既存のセキュリティ体系を崩壊させてしまうという重大なリスクがあるとされています。

なお、量子コンピュータ自体はまだ実現していませんが、近い将来に最も実現可能性が高いのが、「D-waveコンピュータ」と言われるものです。Latticeプロジェクトでは、このD-wave量子コンピュータの方式に則り、ブロックチェーン技術を実装することを研究しており、既に実装プログラムの開発を完了しています。

※量子コンピュータ(quantum computer)とは
量子コンピュータとは、量子力学の原理を情報処理に応用するコンピュータのことです。現在のコンピュータの計算能力では対処不可能な問題でも、量子力学的な兼ね合わせ方式を用いて、超並列性を実現することにより計算可能としてしまいます。因みに、量子コンピュータの計算速度は、現在のスーパーコンピュータ(いわゆるスパコン)の3600万倍にもなります。

Latticeプロジェクトのコンセプト

Latticeプロジェクトが目指すところには、大きく2つのコンセプトがあります。

コンセプトその1:量子コンピュータに破られない軽量なブロックチェーン技術の実用化

現代社会を支える公開鍵暗号技術として、先に触れたようにRSA暗号と楕円曲線暗号とが使われています。しかし、これら2種類の暗号は量子コンピュータを使うと簡単に破られてしまうことが、おおよそ20年ほど前に数学的に証明されてしまいました。

それ故、量子コンピュータが実用化されるより前に、量子コンピュータ耐性を持つ「格子暗号」を用いたブロックチェーン技術を確立し、実用化しておく意義があるのですね。

※格子暗号(lattice cipher)とは
格子暗号は、全てのデータを行列やベクトルで表現します。暗号化処理においては、まず平文ベクトルをスクランブルします。その後、平文への復元に必要な付加情報を組み合わせて、暗号文ベクトルとします。復元時には、秘密鍵と付加情報とを用いて暗号文のスクランブル解除に必要な情報を復元、平文を計算して算出します。

コンセプトその2:量子コンピュターを利用した世界最速のブロックチェーン技術の実用化

加えて、Latticeプロジェクトでは、「量子アニーリング」を活用することで、ブロックチェーン技術での送金速度の劇的な向上に、既に理論上成功しています。実証実験を経てこの技術を実用化すれば、仮想通貨の広範な普及に大いに寄与できます。

※量子アニーリング(quantum annealing)とは
量子アニーリングは、「組合せ最適化処理」を高速、かつ高精度に実行すると期待されている計算技術です。組合せ最適化処理は、数多ある選択肢の中から、ベストな選択肢を選ぶ処理のことです。この処理を高速に実行すると期待されている技術になります。

Latticeプロジェクトが最終的に目指すもの

世界中の仮想通貨取引所において、安全性・即時決済性を担保する技術の基盤として、量子コンピュータ耐性を持つLatticeプロジェクトが開発したブロックチェーン技術が利用されるようにすることです。

量子コンピュータが実用化された暁には、既存の仮想通貨取引所のセキュリティ技術は悉く(ことごとく)陳腐化されてしまいます。須くLatticeプロジェクトが開発したブロックチェーン技術を採用することになるでしょう。

Latticeプロジェクトの公式YouTube動画がある

1分半ほどの短いLatticeプロジェクト公式動画があります。イメージ動画ですので、気楽に見てみてください。

Lattice(ラティス)プロジェクトがICO(トークン販売)を実施する2つの理由とは?

次に、LatticeプロジェクトがICO(トークン販売)を実施する2つの理由を理解しておきましょう。

プロジェクト事業体がICOを実施する目的は、言わずもがな、IPO(Initial Public Offering:新規株式上場)よりも手っ取り早く、手軽に資金集めができるからに他なりません。それ故、仮想通貨投資家は、そのプロジェクトがICOを実施する理由をシッカリ見極め、理解しておく必要がありますね。

理由その1:Latticeブロックチェーンの実証実験のための資金調達

Latticeプロジェクトでは、既に格子暗号を用いたブロックチェーン技術を開発済みであり、ソースコードをWEB上でも公開しています。このLatticeブロックチェーンの実用化実験として、1000ノードを建てたブロックチェーンを稼働させる予定です。

この実用化のための実験コストを、ICOで集めた資金で賄いたいという意向なのです。

理由その2:量子アニーリングによる高速送金の実験のための資金調達

上でも触れたように、Latticeプロジェクトでは、既に量子アニーリングを利用して、ブロックチェーンによる送金速度を劇的に向上させる技術を理論上確立しています。この量子アニーリングを活用したブロックチェーン技術による送金を、実際に量子コンピュータ上で実験をするため、ICOで集めた資金を充当したい意向です。

Lattice(ラティス)トークンの注目すべき特徴とは?

ここで、ICOに参加して購入することになるLatticeトークンについて、その特徴を押さえておいてください。

Proof-of-Steak(POS)の仕組みを採用

Latticeトークンは、初期段階ではETH(イーセリアム)ネットワークに基づいて発行されます。BTC(ビットコイン)やETH(イーセリアム)など既存の仮想通貨との決定的な違いは、旧来のPOW(プルーフオブワーク)方式ではなく、POS(プルーフオブステーク)方式というコンセンサスの仕組みに基づいて発行されることです。

Latticeトークン保有量に比例して新規発行のトークンが付与される

このLatticeトークンが採用するPOS方式においては、POW方式のようにMinerが取引の検証作業を手伝った量(PCの計算量)に応じて新規発行トークンが付与されるのではなく、そのトークン保有量に比例して新規発行トークンが付与されるのが特徴となります。

また、Minerが使う消費電力が膨大となるBTCなどのPOW方式よりも、POS方式は環境に優しく、現在主流となりつつあるものです。

Lattice(ラティス)プロジェクトのICO評価サイトでの評判は?

ICO評価サイトは現在いくつか知られていますが、Latticeプロジェクトの評価はどうなのでしょうか。プロフェッショナルはどのように眺めているかを知ると、投資家は詐欺ICO案件に引っ掛かるリスクを減らすことができます。

ただし、Latticeプロジェクトを採り上げた評価サイトは、現在あまりないのが実態です。

icobenchにおける評価

icobenchにおいては、3.1/5.0ポイントであり、中位評価のICO案件とされていますね。ホワイトペーパーに実際のプロジェクトメンバーの構成や、CEO(最高経営責任者)が明記されていないこと、マーケティング・プロモーション活動や市場浸透戦略について触れられていないことなどが、主なマイナスポイントになっています。

反面、テクニカル面の記述が充実していることは評価されているようです。確かに、ホワイトペーパーを読んでみると、恰も(あたかも)格子暗号についての技術仕様書のような雰囲気すらあります。ただし、icobenchでの評価者は、僅か2名のみであることには留意してください。

ICO案件として見た際のLattice(ラティス)プロジェクトの4つの強味・魅力とは?

ここは仮想通貨投資家としては、一番興味がある箇所ですね。Lattice(ラティス)プロジェクトの4つの強味・魅力を以下に整理しておきます。

Latticeプロジェクトの4つの強味・魅力

  1. ICOプロジェクトとしてのコンセプトが広く共感されやすい
  2. 量子コンピュータ耐性を持つ暗号技術と、仮想通貨の送金を高速化する量子アルゴリズムは既に完成
  3. Latticeトークンを保有すれば、新規発行トークンが自動的に付与される
  4. ICO実施(トークン販売)の理由が合理的で説得力がある

強味その1:ICOプロジェクトとしてのコンセプトが広く共感されやすい

Latticeプロジェクトが目指す量子コンピュータに破られない軽量なブロックチェーン技術の実用化も、提供する量子コンピュタを利用した世界最速のブロックチェーン技術も、広く一般にも受け容れられやすいコンセプトです。仮想通貨の世界だけではなく、既存金融業界でも活用可能な技術であるため、Latticeプロジェクトに対する抵抗感は少ないと考えられますね。

強味その2:量子コンピュータ耐性を持つ暗号技術と、仮想通貨の送金を高速化する量子アルゴリズムは既に完成

Latticeプロジェクトにおいては、既に格子暗号を用いた量子コンピュータに破られないブロックチェーン技術を開発済みです。加えて、仮想通貨での送金を劇的に高速化する量子アルゴリズムも理論的に完成させています。Latticeプロジェクトで実装する予定の技術は、全て現時点で実装可能の段階に達している訳です。

しかも、開発済みのプログラムコードは、現時点でWEB上で公開されており、専門知識を有する第三者が検証可能な状態となっています。世にあるICO案件を見ますと、ICO(トークン販売)による資金集め終了後に、初めて技術開発をスタートするようなプロジェクトも多くあります。この点で、Latticeプロジェクトは非常に優秀だと言えます。

強味その3:Latticeトークンを保有すれば、新規発行トークンが自動的に付与される

Latticeトークンは、POS(プルーフオブステーク)方式というコンセンサスの仕組みに基づいて発行されることは、前述の通りです。仮想通貨投資家は、そのトークン保有量に比例して、新規発行のLatticeトークンが付与されることになります。

つまり、Latticeトークンを大量保有するほどに、資産運用の観点からは有利となるのです。トークンホルダーに対する一種の配当とも受け取れますね。

強味その4:ICO実施(トークン販売)の理由が合理的で説得力がある

上でも触れたように、Latticeプロジェクトでは、既に量子コンピューターに破られない暗号技術と、仮想通貨の送金を高速化する量子アルゴリズムは完成させています。それでも、実用化に先立って、プログラムを実装して検証を行う必要がある訳です。

その実地検証のためのコストを、ICOで集めた資金でカバーしたい、というのがLatticeプロジェクト事業体の考えです。今回のICO実施で集める資金も、最大限で11億円程度となっていますので、金額的にも理に適っており、無理がないところです。

ICO案件として見た際のLattice(ラティス)プロジェクトの4つの弱味・懸念点とは?

他方、Latticeプロジェクトが現在抱えるの4つの弱味・懸念点についても、以下に整理しておきましょう。

ICO案件への投資は、言わずもがな、確実な利益が保証されたものではありません。場合によっては、購入したトークンが電子のゴミになることもあり得ます。納得感を持った投資が大切な所以ですね。

Latticeプロジェクトの4つの弱味・懸念点

  1. Latticeトークンの積極的な市場価値維持・向上政策がない
  2. プロジェクト事業体メンバーの構成やバックグラウンドが不明
  3. マーケット・プロモーション活動やマーケット浸透戦略についての説明がない
  4. Latticeトークンを上場させる仮想通貨取引所についての情報がない

弱味その1:Latticeトークンの積極的な市場価値維持・向上政策がない

現時点においては、ホワイトペーパーや公式サイトを読み込む限り、Buy-back&Burn処理(利益で自社トークンを買い戻して焼却処分)などのトークンの積極的な市場価値向上政策はもとより、IPOでの売れ残りトークンをBurn処理(焼却処理)して市場価値毀損を防ぐ政策や、関係者保有分の期限付きロックアップ政策すらも明示されていません。

今や常識的なトークンの市場価値維持政策になりつつありますので、敢えて明記されていない可能性はあるのですが、ICO案件のハンドリングに慣れたメンバーやアドバイザーがLatticeプロジェクトにはいない可能性を否定できません。

弱味その2:プロジェクト事業体メンバーの構成やバックグラウンドが不明

ここは大きなマイナスポイントでしょう。ホワイトペーパーや公式サイトには、Latticeプロジェクトの事業体メンバーの構成やバックグラウンについて、ほぼ記載がないのです。公式サイトにはメンバーの顔写真と思われるものが掲載されていますが、バックグラウンドや実績、役割分担など一切コメントがありません。

仮想通貨投資家の目から眺めますと、このままでは信頼性が測れないICOプロジェクトとなってしまいます。今後、ホワイトペーパーや公式サイトがアップデートされることを期待しましょう。

弱味その3:マーケット・プロモーション活動やマーケット浸透戦略についての説明がない

ビジネスとして見た場合に欠かせないマーケット・プロモーション活動や、マーケット浸透戦略ですが、これらもホワイトペーパーや公式サイトには、一切触れられていない部分になります。ホワイトペーパーはひたすら技術仕様書的なイメージになっており、ビジネス的な視点が皆無ですね。

プロジェクト事業体メンバーは、投資家に受け容れられるホワイトペーパーの作成方法を理解できていない可能性が高く、ICO案件のハンドル経験がある外部アドバイザーを確保できていない可能性も高いでしょう。

弱味その4:Latticeトークンを上場させる仮想通貨取引所についての情報がない

2018年9月に上場予定とされている仮想通貨取引所について、具体的な言及は今のところどこにもありません。ホワイトペーパーには、ICO終了後のタイミングで安全性の高い仮想通貨取引所を見極め、取扱高が大きい取引所と交渉を開始する方針の旨が記載されてはいます。

ICOは2018年6月30日には終了する予定ですが、そこから準備して9月に上場させるのであれば、準備期間は実質2ヶ月間ほどしかありません。現実的には、ICO開催と同時並行で仮想通貨取引所への上場準備も進めなければ、スケジュール的に無理が出て来るのではないでしょうか。

Lattice(ラティス)プロジェクトのロードマップはどんな感じ?

Latticeプロジェクトのロードマップについても、ここで押さえておきましょう。ホワイトペーパーや公式サイトを見ても、非常にシンプルなスケジュール感が載っているだけです。

ただし、これは基本技術の開発が既に終わっているためであると、好意的に解釈することもできます。

ICOへの参加はこちらのLattice(ラティス)プロジェクト公式サイトから。
Lattice公式サイト

2018年4月

ICO(トークン販売)の実施(4/24-6/30)

2018年7月

独自ブロックチェーン技術の開発完了。作成したLatticeトークンが、独自ブロックチェーンとして動き始める(7/11)

2018年9月

仮想通貨取引所へのLatticeトークン上場

Lattice(ラティス)プロジェクトの具体的なICO実施内容は?

そして、Latticeプロジェクトの具体的なICO実施内容についても見ておきます。残念ながら、ホワイトペーパーにも公式サイトにも、ICO実施の詳細についての具体的な記述に乏しく、情報不足の感は否めません。

因みに、プライベートセール、プレICOなどの開催設定はない様子で、ICO一本のようですね。

ICOへの参加はこちらのLattice(ラティス)プロジェクト公式サイトから。
Lattice公式サイト

ICO実施内容

開催期間: 2018年4月24日~6月30日

ティッカーシンボル(トークン識別符丁): LTI

トークン販売レート: 1LTI = 0.00001ETH(おおよそ0.74円)

受入可能通貨: ETH(イーセリアム)

最小購入金額: 0.5ETH(おおよそ3万7千円)

最大購入金額: 設定なし

早期購入ボーナス: 設定なし

大量購入ボーナス(ボリュームディスカウント): 設定なし

ハードキャップ(トークン販売上限): 1千万米ドル(おおよそ11億円)

ソフトキャップ(ICO成功基準の販売下限): 1百万米ドル(おおよそ1億1千万円)

トークン発行総量: 不明

ICOへのトークン配布割合: 不明

トークン販売資金の使途: Latticeブロックチェーンの実証実験、量子アニーリングによる高速送金の実験

Lattice(ラティス)プロジェクトの具体的なICO参加(トークン購入)方法は?

最後になりますが、ICO参加(トークン購入)方法について具体的に説明しておきましょう。以下、画面遷移付で解説しますので、どなたでも簡単にトークン購入は可能です。

【ご注意】トークン購入に先立ち、まずはLatticeプロジェクト公式サイトへのアカウント登録(KYC登録)が必要になります。
アカウント登録時に必要になりますので、MyEtherWalletのアドレスや、身分証明書を撮影したデジカメ画像を予め準備しておいてください。

ICOへの参加はこちらのLattice(ラティス)プロジェクト公式サイトから。
Lattice公式サイト

アカウント登録(KYC登録)

1) Latticeプロジェクト公式サイトにアクセスします。
トップページ上の赤色の「トークンセール」ボタンをクリックしましょう。

2) 以下画像のような「Sign in」画面に遷移します。
画面右方にある「Sign Up」と書いてある文字(青色の「Sign in」ボタン直上)をクリックしましょう。

3) 以下画像のような「新規登録」画面に遷移します。
上から順に、必要な項目を入力してゆきます。
苗字を添付する身分証明書と同じ形式で入力します(YAMADA、もしくは山田など)。
名前を添付する身分証明書と同じ形式で入力します(TAROU、もしくは太郎など)。
登録するメールアドレスを、2回続けて入力します。
登録するパスワードを、半角英数字で2回続けて入力します。
日本の国番号81を半角数字で入力します。
登録する電話番号を、先頭の0を省いて、ハイフンなしで半角数字で入力します。
MyEtherWalletなど、ERC20基準準拠の自分のウォレットのアドレスを入力(コピペ)します。
自分の身分証明書(パスポートや運転免許証など写真付きのもの)をデジカメで撮影し、画像ファイルを添付します。
最後に、入力・添付内容に間違いがないことを確認して、画面最下方の青色の「登録」ボタンをクリックしましょう。

4) アカウント登録が完了すると、「Sign in」画面に遷移します。
この流れで、ここから登録したメールアドレス・パスワードでログインしてみましょう。

ICO参加(LTIトークン購入)

1) Latticeプロジェクト公式サイトにアカウント登録後にログインすると、以下画面のような「購入方法」と称するトークン購入方法を説明する画面に遷移します。
非常に簡易な説明がいきなり出て来ますので、少々面食らうかも知れません。
取り敢えず、今はこのページは無視しておきます。

2) まず、この「購入方法」画面の右上方に「menu」という小さなボタンがありますので、こちらをクリックしましょう。

3) 以下画像のようにメニューが展開します。
「購入申請」をクリックしましょう。

4) 以下画像のような「購入申請」と称する画面に遷移します。
上から、ご自分のMyEtherWalletなど、送金に使うERC20基準準拠のウォレットのアドレスを入力します(コピペ推奨)。
LTIトークンの購入金額(ETH)を半角数字で入力します(最低購入金額は0.5ETH)
招待コードは入力しなくても大丈夫です。
入力内容に間違いがなければ、最後に画面下方の青色の「OK」ボタンをクリックしましょう。

※「OK」ボタンをクリックしても、特に画面遷移もなく、確認メールの送付もありません。
日本人の感覚だと少々不安になりますが、このまま右上方の「menu」ボタンから一旦「ログアウト」してしまってOKです。

5) 再度、Latticeプロジェクト公式サイトのトップページからログインします。
トップページ上の赤色の「トークンセール」ボタンをクリックします。
先ほどの「Sign in」画面に遷移しますので、登録済みのメールアドレス・パスワードを用いてログインしましょう。

6) 先ほど一度見た、以下画像のような「購入方法」と称するトークン購入方法を説明する画面に遷移します。
このページの説明内容通りに、トークン購入手続きを行います。
ご自分のMyEtherWalletなどERC20基準準拠のウォレットから、「購入方法」画面上で指定されたアドレス宛に、0.5ETH(最低購入金額)以上の送金をしてください、という内容になります。
ETH(トークン購入代金)を送金してもらえれば、5分以内にご自分のウォレット宛に、折り返しでLTIトークンをお送りします、ということです。
LTIトークン購入の手続きは以上となります。
お疲れさまでした。

【ご注意】疑問点などがあれば、トークン購入前に、「購入方法」画面上で紹介されているLINEの問い合わせ用アドレス宛に、積極的に照会してみてください。
レスポンスの早さや、回答内容などを見れば、信頼に値するICO案件か否か、投資家として直感的に判断する材料の1つになります。

※なお、LatticeプロジェクトのICO(トークン販売)については、現時点では公式情報の開示が不足している感が否めません。
取り急ぎ、アカウント登録(KYC登録)だけは済ませておき、少々様子見するというのも手です(ハードキャップに到達しない限り、2018年6月末日までICOは実施されます)。

ICOへの参加はこちらのLattice(ラティス)プロジェクト公式サイトから。
Lattice公式サイト

まとめ:取り敢えずアカウント登録(KYC登録)だけは済ませておく

ここまで、Lattice(ラティス)プロジェクトのICO実施について考察してきました。コンセプト的には、非常に共感できる内容ですし、ICO実施(トークン販売)理由も合理的で、かつ無理がない金額と思われますね。しかも、技術的に確立され、実装されるプログラムまで完成していることは、ICO案件として高く評価できるものです。

反面、ICO案件としてのハンドリングという面では、事業体メンバーが不慣れである感は否めません。ホワイトペーパーも、今の時点では内容的に片手落ちの印象は拭えませんし、ICO関連情報の開示も不十分な感を覚えます。ICO(トークン販売)は既にスタートしており、ハードキャップに達しない限りは、2018年6月30日まで継続される予定です。この間に、開示情報が見直され、ブラッシュアップされる可能性もあります。

今のところ、早期購入ボーナスの設定もないようですし、取り急ぎ、Lattice(ラティス)プロジェクト公式サイト上からのアカウント登録(KYC登録)だけは済ませておき、少々様子見のスタンスも、投資家としてはあり得る選択肢ですね。

ICOへの参加はこちらのLattice(ラティス)プロジェクト公式サイトから。
Lattice公式サイト

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

仮想通貨投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です