年内にBitcoin価格は20,000ドル以上になる:元JPモルガンのトレーダーが語る

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ビットコインの価格は、今月上旬で10,000ドルを下回ってしまった後、今週はさらに低迷気味だった。

主要な暗号通貨であるビットコインの現在の価格は、12月に記録した最高価格の58%を下回っている状況だ。

しかし、元JPモルガンのトレーダーの1人は、2018年以内にビットコインの取引価格が20,000ドル以上になると確信している。

暗号通貨は事業展開するツールとして有益

元JPモルガンのトレーダーで、現在は投資企業であるCoinSharesの会長を務めるDanny Masters氏は、暗号通貨は企業投資家が新興市場で効果的に事業を展開するためのツールとして、十分有益だとCNBCに語った。

企業の参入が進む

今日まで主に個人投資家で構成されていた市場だが、徐々に企業の参入も進んでいる。

小売仲介業者大手のCoinbaseは今週、トレーディングツールから管理サービスまでの一連の企業商品を発表した。

一方、日本の証券持株企業である野村は、暗号ウォレットメーカーであるLedgerと提携し、企業向けの製品とサービスを開発する暗号化コンソーシアムを立ち上げた。

金融機関の参入も進行中

ゴールドマン・サックスは顧客にビットコイン先物商品の一種を提供し、また ニューヨーク証券取引所(NYSE)の所有者であるインターコンチネンタル・エクスチェンジ(ICE)は、ビットコイン取引の開設について真剣な議論を行っている。

Masters氏はこうした企業の取り組みがビットコインを推し進め、2018年にはビットコインの価格は過去最高額を記録すると予測している。

参照:Bears Beware! Bitcoin Price Will Reach Record Highs This Year: Fmr. JPMorgan Trader

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA