Bitfinexがユーザーに税務情報の提出を義務付け。政府と共有する可能性も

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

主要な暗号通貨取引所のBitfinexは、税務情報を提出する必要があると、一部のユーザーに通知した。

税務情報が居住国の税務担当者と共有される可能性がある

Bitfinexは提供された情報をイギリス領ヴァージン諸島(BVI)の政府に送るが、その税務情報が、ユーザーの居住国の税務当局と共有される可能性があるとのことだ。

Bitfinexは通知の中でこのように述べている:

「BVI政府は、英領ヴァージン諸島法、米国外国勘定税法遵守法(FACTA)、および経済協力開発機構(OECD)の共通報告基準(CRS)に基づき、ユーザーの居住国の税務当局と情報を共有する可能性があります」

Bitfinexは、取引所が現在拠点を置くイギリス領ヴァージン諸島の法律に基づき、「特定のアカウント情報をBVI政府に報告する」必要があると述べている。

提出締め切りは5月24日までと短い

この通知では、ユーザーが個人または団体であるか、アメリカに居住しているかなどに応じ、様々な自己申告フォームが記載されている。
特に、Bitfinexは5月24日を書類の提出の締め切り日と定めているため、ユーザーに与えられた猶予は7日間しかない。

そしてBitfinexは通知の最後で、ユーザーは利用規約に同意する際、適用される法律や規制を遵守することにも同意しているため、税務情報も提出する必要があると呼びかけている。

参照:Bitfinex Forces Users to Submit Tax Information, May Share with Government

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA