ノルウェー中央銀行、“独自の暗号通貨(CBDC)”開発を検討中

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ノルウェー中央銀行、独自の暗号通貨開発(CBDC)を検討中

世界中で現金の存在感が薄れていく現在、ノルウェーの中央銀行であるノルウェー銀行が、不換紙幣(法定通貨)の代替手段としてデジタル通貨を含めることを検討中である。

ノルウェー準備銀行の報告書にて、ノルウェー銀行ワーキンググループ(作業部会)の専門家は、中央銀行独自のデジタル通貨(Central Bank Digital Currency/CBDC)の開発に役立つ可能性のあるいくつかの観点に目を向けている。

CBDCの適用において、考慮すべき3要素

加えて、ノルウェー銀行のワーキンググループによる報告書は、将来の中央銀行独自のデジタル通貨(CBDC)の適用にあたり、少なくとも次のような3つの考慮すべき要素があると強調している。

  1. 民間銀行の預金の代替手段として利用する。
  2. 現金を補完するのにふさわしい法的通貨として利用する。
  3. 電子決済システムのための独立したソリューションとして利用する。

報告書ではさらに、中央銀行独自のデジタル通貨(CBDC)は銀行の顧客のための資産保管の代替手段としても利用できると述べている。

現金を発行しつつ、CBDCの研究を継続

ノルウェー銀行によると、暗号通貨のコンセプトは独立した基盤として動いており、当該銀行の金融財政能力に干渉することはない、ということである。

もっとも現時点で報告書は、ノルウェー銀行は現金のみを発行し続けるというセオリーを維持している。

いずれにせよ、ノルウェー中央銀行のワーキンググループが、中央銀行独自のデジタル通貨(CBDC)の可能性を研究し続けているという事実に変わりはない。

参照:Norway’s Norges Bank Looks to Develop CBDC State Backed Cryptocurrency

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA