ビットコインゴールドが攻撃を受け、1860万ドル以上が奪われた可能性

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

取引所から1860万ドル以上を盗まれた可能性がある

ビットコインゴールドのネットワークが、悪意を持ったユーザーに攻撃を受けた。

ビットコインゴールドの通信ディレクターであるEdward Iskra氏は、5月18日に悪意のあるユーザーが、仮想通貨の取引の脆弱性を突いて資金を不正に獲得したと発表した。

この攻撃に関与するビットコインゴールドのアドレスは、5月16日以降、388,200BTG以上を受け取っている(主にそのアドレス自体に送られたトランザクションから)。

これらの取引すべてが攻撃に関連していたとすると、攻撃を行ったユーザーは、取引所から1860万ドル以上を盗んだ可能性がある。

現在、ビットコインゴールドは 8億2700万ドルの時価総額を持つ、26番目に規模の大きい仮想通貨となっている。

ビットコインゴールドは、ネットワーク攻撃を受けた3番目の仮想通貨となった。

Vergeとモナコインも攻撃を受けている

ビットコインゴールドだけではなく、Vergeとモナコインも過去に攻撃を受けている。

悪意のあるユーザーが仮想通貨Vergeのハッシュアルゴリズムを操作し、わずか数時間で3500万XVG(175万ドル相当)以上を不正に得たとCCNは伝えている。

また日本の仮想通貨であるモナコインも、ブロックチェーンの巻き戻し攻撃を受けている。

参照:Bitcoin Gold Hit by Double Spend Attack, Exchanges Lose Millions

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA