ビットコイン価格下落:米司法省、仮想通貨の価格操作について捜査開始。

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

価格操作ないか米司法省、捜査開始

米国司法省は、投機家によるビットコインを含む仮想通貨の価格操作の可能性について犯罪捜査に踏み切った。

ブルームバーグ社は、米国司法省が金融監督機関である米国商品先物取引委員会(CFTC)と連携し、仮想通貨市場における不正取引の監視を強化していると伝えた。

捜査対象はウォッシュトレードとスプーフィング

捜査は特に、自己売買による仮想取引で他の投資家を欺く「ウォッシュトレード」や、大量注文後に直ぐにキャンセルする「スプーフィング」と呼ばれる形態に的を絞っている。

捜査は現在初期段階であり、ビットコインやイーサリアムのトークンといった仮想通貨取引市場を調査中である。

捜査が開始されたのは、ウィンクルボス兄弟のジェミニプラットフォームなどの仮想通貨取引所が、世界最大の証券取引所で導入されている監視技術を用いて全市場で不正な売買動向を監視するためにナスダックと連携した時期だ。

規制強化に市場反応し、ビットコイン価格下落

犯罪捜査のニュースと同時にビットコイン価格は下落。

5月24日、ロンドン時間9:32AM時点でビットコイン価格は7409ドル。
直近高値をつけた5月4日から20%以上下落している。

参照:US Government Opens Criminal Probe into Bitcoin Price Manipulation: Report

U.S. Launches Criminal Probe into Bitcoin Price Manipulation

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA