「ビットコイン価格、年末までに1万ドル以上になる」ウォール街の有名アナリスト

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ビットコイン価格、年末までに1万ドル以上になる

ブロックチェーンのベンチャー・キャピタリスト、スペンサー・ボガート氏は“ビットコインの価格は、年末までに少なくとも1万ドル以上になるだろう”と、CNBC取材に答えた。

スペンサー・ボガート氏は、大手ベンチャーキャピタルのブロックチェーン・キャピタル社のパートナーでありアナリストだ。

ボガート氏は、ウォール街で初めてビットコインとブロックチェーンを対象にした、アナリストと言われている。
彼の作成したレポートは、高く評価されている。

ボガート氏は、ビットコイン価格の見解を以下のように述べた。

「ビットコイン取引が縮小することはあり得るのか?確かにその通りだ。

一方で、ビットコインが一年後に値上がりしていると考えているかと聞かれれば、絶対にそうだと答える。

きっと今年の年末にはビットコイン価格は、最低でも1万ドルを超える価格をつけているはずだ」

カルダノ、TRON、IOTA、NEOの売却を勧める

またボガート氏は、アルトコインのカルダノ、TRON、IOTA、NEOの売却を勧めました。

これらの仮想通貨についてについてボガート氏は「これらのトークンは過大評価されている。大幅に値上がりするかも知れないが、大きな逆風もある」と語った。

イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、EOSは保有を勧める

ボガート氏はカルダノ、TRON、IOTA、NEOの売却を勧める一方、これらのコインの代替案として、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、EOSは保有を継続するように投資家に勧めた。

参照:Bitcoin still a buy despite recent losses says blockchain venture capitalist. Here’s why.
画像出典:BLOCKCHAIN CAPITAL

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA