マネーフォワード、仮想通貨事業に参入。年内に仮想通貨交換所も開設

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日7:00〜22:00LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨メディアと仮想通貨交換所を開始

株式会社マネーフォワードは100%小会社として、「マネーフォワードフィナンシャル株式会社」の設立を5月23日に発表した

マネーフォワードフィナンシャル株式会社(以下、MFフィナンシャル)は、2018年夏にブロックチェーン・仮想通貨に関するメディアを開始する。
また2018年内に、仮想通貨交換所の開設を目指すとしている。

MFフィナンシャルの代表取締役社長には、日本銀行出身の神田潤一氏が就任する。

MFフィナンシャルの事業は主に3つ

MFフィナンシャルでは、以下の3事業を行う予定だ。

  1. メディア事業
    • ブロックチェーン・仮想通貨関連の、ニュースや価格情報の発信
    • ブロックチェーン・仮想通貨関連の、基礎的な理解を促進する情報発信
  2. 仮想通貨交換所
    • セキュリティを最優先とした運営
    • UI/UXと利便性にこだわり、取引履歴・資産状況をわかりやすい表示を重視
  3. 送金・決済プラットフォーム構築(時期未定)
    • ブロックチェーン・仮想通貨の実用化による、金融サービスの利便性の向上
    • ブロックチェーン・仮想通貨をハブとして、通貨や電子マネーなどのあらゆる決済手段が連携した送金・決済プラットフォームの構築

マネーフォワードと取引所20社が連携

また自動家計簿・資産管理サービスのマネーフォワードでは、仮想通貨取引所との連携社数を約20社に拡大する。

マネーフォワードはこれまで、『bitFlyer』『Coincheck』『Zaif』の3社と連携していたが、ユーザーからのニーズに応え、連携社数を大幅に増加させる。

参照:
マネーフォワード、「マネーフォワードフィナンシャル株式会社」を設立 -Money Forward
マネーフォワード、仮想通貨取引を行うユーザー向けソリューションを強化

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA