【プレICO・ICO】CAT(キャット)は異種ブロックチェーンやIoT・AIを融合する基盤インフラに?

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

今日は、現在プレICOが実施されている、「CAT(キャット)プロジェクト」を考察してみましょう。2018年に入ってから、盛んに「クロスチェーン技術」という言葉を耳にするようになった気がしませんか。CAT(キャット)プロジェクトが構築するプラットフォームも、他ならぬ「クロスチェーン技術」を活用したものです。

「クロスチェーン技術」を使ったプラットフォームを構築し、異種ブロックチェーンで稼働する仮想通貨間のスムーズな遣り取りを可能にしようとするプロジェクトは、先行する「Polkadot」「Cosmos」などもありますし、今や特段目新しいものではありませんね。

ところが、今回紹介する「CAT(キャット)プロジェクト」では、異種ブロックチェーン間の安全・迅速で、低コストな取引の実現だけではなく、ブロックチェーン技術とIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、AI(Artificial Intelligence:人工知能)、VR(Virtual Reality:仮想現実)などの先端周辺技術が相互乗り入れをする、仮想通貨時代の基盤インフラを構築しようとしていることが、ユニークで際立った特徴になります。

このように、注目すべきICO案件なのですが、CAT(キャット)プロジェクトのホワイトペーパーは英語版のみであり、CATプラットフォームのコンセプトや仕組みも、一般の仮想通貨投資家には相当難解なものです。ここでは、CAT(キャット)プロジェクトのコンセプトや、注目すべきポイントを、極力噛み砕いて説明します。そして、現在開催されているプレICO参加(CATトークン購入)の方法も、画面遷移付で具体的に解説してみました。

クロスチェーン(Cross-Chain)技術とは?
異種間のブロックチェーン同士を繋ぐ技術です。例えば、BTCとETH間など。クロスチェーン取引が実現すれば、仮想通貨取引所などの第三者を経由することなく、異なる仮想通貨を直接交換できるようになります。自ずと、取引所に内在するセキュリティリスクや、割高な手数料の徴収リスクなどを回避可能になります。

プレICOへの参加は、こちらのCAT(キャット)プロジェクト公式サイトから。↓
CATプロジェクト公式サイト

※プレICO参加(CATトークン購入)方法のみを知りたい方は、以下の目次から直接「7 CAT(キャット)プロジェクトのプレICO・ICO参加(CATトークン購入)方法は?」へと飛んでください!

CAT(キャット)プロジェクトが目指しているものとは?分かり難いコンセプトをシンプルに解説!

CATプロジェクトが目指すもの、それは一体何であるのか、まずはここから理解しておきましょう。正直なところ、コンセプトや仕組みは難解に感じられる可能性があります。イメージとして掴めれば、まずはOKですね。

2018年は「クロスチェーン(Cross-Chain)技術」が注目を集める

仮想通貨界隈の話題において、2018年の最も重要テーマが「クロスチェーン(Cross-Chain)技術」になることは、最早異論を待たないでしょう。クロスチェーン技術とは、異種間ブロックチェーンを結び付けるソリューションに他なりません。

例えば、BTC(ビットコイン)のブロックチェーンと、ETH(イーセリアム)のブロックチェーンとは現在別物であり、直接のリンケージはありません。
仮に、仮想通貨ユーザがBTCとETHを交換したいと思ったら、仮想通貨取引所に預けたり、相当な送金手数料を負担しなければならなかったりするのが現状ですね。

それでも、ETHとERC20基準準拠のトークン同士であれば、同じETHのブロックチェーンで稼働しているため、ストレスなく簡単に交換可能です。

仮想通貨が用いているブロックチェーン技術が異なると、交換時のユーザのコスト・工数の負担が増え、セキュリティ上のリスクも上がってしまうのが現在の課題なのですね。クロスチェーン技術とは、これらの課題を解決するソリューションになります。

CATは仮想通貨・AI時代の基盤インフラ構築を目指す壮大なプロジェクト

CATプロジェクトは、非常に良い目の付け所の、クロスチェーン技術を実装するプラットフォーム開発のためのICO案件だと言えそうです。

CATプロジェクト事業体では、近年登場した様々なブロックチェーン技術やIoT技術(Internet of Things:モノのインターネット)、AI技術(Artificial Intelligence:人工知能)、およびVR技術(Virtual Reality:仮想現実)など異種間技術の相互作用は、以前には想像できなかったことを実現するために、産業界にとっては極めて有用であると説いています。

そこで、BTC(ビットコイン)、ETH(イーセリアム)、XRP(リップル)など異種ブロックチェーンで稼働する仮想通貨を、クロスチェーン技術によりシームレスに遣り取り可能とし、加えてIoT、AI、およびVRなどの周辺技術との橋渡しができるプラットフォーム構築の必要性を感じたCATプロジェクト事業体は、今回のプロジェクトを誕生させることになりました。

現状、IoT、AI、およびVRなどの技術は、中央集権型サーバでの運用を基本としていますが、仮想通貨のブロックチェーン技術との融合によって、これを非中央集権型P2P(ピアツーピア)運用に変えてしまうことになります。

CATプラットフォームが仮想通貨の普及を促進

世界初の仮想通貨BTC(ビットコイン)が2009年に誕生して以来、かれこれ10年近くが経ちました。その後様々な仮想通貨が雨後の筍のように生まれ、ほとんど使われていないものも含めれば、現在では2000種類ほども存在しているとされます。

それでも、仮想通貨の一般への普及となると、正直まだまだと言った感が否めないでしょう。なぜなら、仮想通貨自体には一般への普及を妨げる、いくつかの大きな課題が存在するからなのですね(全ての種類の仮想通貨に、全ての課題が当てはまる訳ではありません)

主な課題としては、少しでも早く送金するためには送金手数料が割高になること、スケーラビリティが小さいために決済・送金速度が比較的遅いこと、決済通貨としてはボラティリティ(volatility:価格変動率)が大きすぎること、いつでもどこでも適切な価格で交換できるための流動性が低いこと、ハッキングによる盗難などセキュリティ面での不安があること、そして何より、受け容れ可能な店舗やサイトが少なくアクセシビリティが低いことなどが挙げられるでしょう。

CATプロジェクトにおいては、これらの仮想通貨普及を妨げる課題に対応すべく、プラットフォーム構築を実施することにしたのです。

CAT(キャット)プラットフォームの構築により実現することとは?

次に、今回構築されるCATプラットフォームがリリースされた暁には、どのようなことが実現されるのか、そこを押さえておきましょう。こちらも、イメージとして理解できれば問題ありません。

ブロックチェーン技術と周辺先進技術のハブとして機能

CATプラットフォームは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーセリアム)、XRP(リップル)などを始め、異種ブロックチェーンで稼働する全ての仮想通貨をクロスチェーン技術により、迅速、かつコスト効率の高い方法で連携させます(仮想通貨同士のハブとして機能)

これにより、仮想通貨全体の普及を促進するのみならず、IoT、AI、およびVRなど周辺の先進技術が、ブロックチェーン技術を活用しやすくするための社会基盤としても、CATプラットフォームは機能することになります。

まず日本からCATプラットフォームの運用モデルを作り拡大

CATプラットフォームのユーザ間コミュニティを形成するために、まずは仮想通貨ユーザー・グループの連携に注力することになります。

CATプラットフォームを活用して、低コスト、かつ高速な仮想通貨の取引を可能にしてユーザ間の求心力を高め、CATトークンが流通するクロスチェーン技術をベースにした1つのコミュニティを形成します。

CATプロジェクト事業体では、これの成功モデルを拡大・増殖して、日本から周辺地域に拡げてゆくことを計画しています。いずれにせよ、まずは日本で成功モデルを作り、これをそれぞれの地域やユーザの特性に合わせてチューニングし、増殖させていくようなイメージでいるようです。

ICO案件として見た場合のCAT(キャット)プロジェクトの5つの強味・魅力とは?

こちらは、CATプロジェクトがICO案件である以上、注目すべきところです。イメージ的には地味なプラットフォームですが、仮想通貨時代の壮大な基盤インフラの整備事業だとも言えますね。

CATプロジェクトの5つの強味・魅力

  1. 仮想通貨時代に必要とされる基盤インフラを確立するプロジェクト
  2. CATトークンの大きな実需が期待できる
  3. ICO実施前にプラットフォームの基本技術が確立されている
  4. ICO実施前にプラットフォームの構築が開始されている
  5. ICO実施前にCATトークンの仮想通貨取引所への上場が決定している

強味その1:仮想通貨時代に必要とされる基盤インフラを確立するプロジェクト

CATトークンの市場価値自体は、どの程度まで上がるのかは今のところ分かりません。それでも、CATプロジェクトが扱うクロスチェーン技術は、今後の仮想通貨時代には必要とされるものであることは間違いないところです。

CATプラットフォームでは、異種間のブロックチェーン技術で稼働する仮想通貨を迅速・安全に、極めて低コストで取引できるようにする点や、ブロックチェーン技術にIoT、AI、VRなどの先進周辺技術を効果的に取り込めるようにする点など、今後の産業界での大きな実需も期待できる技術・サービスを提供することになります。

ICOに参加(CATトークンを購入)する価値は、この点だけを挙げても、他のプロジェクトに比較して高いかも知れません。

強味その2:CATトークンの大きな実需が期待できる

これは、上の「強味その1」で述べた内容に関わるところです。今後の産業界にとって、必要不可欠なクロスチェーン技術を確立するのがCATプラットフォームである前提に立てば、ブリッジ通貨の役割を果たすCATトークンの実需は自ずと拡大して、市場価値も高まることになります。

ブリッジ通貨の役割を果たすプラットフォーム・トークンという部分だけにフォーカスするのなら、既存のXRP(リップル)も含めて競合は少なくありません。しかし、IoT、AI、VRなどの周辺の先端技術も取り込んでのクロスチェーン技術を完成するという点において、CATプロジェクトには明らかな優位性がある、と言えるでしょう。

CATトークン保有による配当などのインカムゲインを期待できない以上、仮想通貨投資家はキャピタルゲイン(トークン転売利益)狙いのみとなりますので、トークンの大きな実需が期待できるのは、ICO案件として魅力になる部分ですね。

強味その3:ICO実施前にプラットフォームの基本技術が確立されている

ICOによる資金集めに先立って、CATプラットフォーム構築のためのクロスチェーン技術と、関連技術の開発には既に成功しています。英文ホワイトペーパーを読み込めば、CATプラットフォームの構築で使用する技術についての参考記述がありますが、専門知識がない一般投資家には、英語ができたとしても相当難解なものです。

それでも、2017年以降、数多(あまた)のICO案件が世に出て来ましたが、トークン販売による資金集めを行った後、漸くプラットフォーム構築のための技術面での確立を試みる、というケースも決して少なくありません。

この点で、必要な基本技術がICO実施前に確立されていることは、CATプロジェクトの大いなるアドバンテージです。

強味その4:ICO実施前にプラットフォームの構築が開始されている

2016年4月より、既にCATプラットフォームの構築は着手されています。また、2017年1~4月にはCATプラットフォームのテストも実施されており、ICO実施前にある程度の完成度を達成している、と言うことが可能です。

ICO実施後にプラットフォームの構築を開始するプロジェクトが一般的ですので、ここもCATプロジェクトの魅力になるでしょう。因みに、2018年8月までには、CATプラットフォームに独自クロスチェーン技術の実装が完了する予定です。

強味その5:ICO実施前にCATトークンの仮想通貨取引所への上場が決定している

CATトークンは、2018年8月までに仮想通貨取引所に上場することが確定している、との内部情報があります。

現時点においては、上場する仮想通貨取引所の具体的な名前には触れられていません。これは、先方とのNDA契約(秘密保持契約)による縛りのためだと考えられます。

ICO参加後(トークン購入後)、比較的早い段階でキャピタルゲイン(トークン転売利益)を確保できる可能性が高いことは、CATプロジェクトは、仮想通貨投資家として評価できるICO案件でしょう。

プレICOへの参加は、こちらのCAT(キャット)プロジェクト公式サイトから。↓
CATプロジェクト公式サイト

ICO案件として見た場合のCAT(キャット)プロジェクトの5つの弱味・懸念点とは?

引き続いて、ICO案件として眺めた場合のCATプロジェクトの弱味も理解しておいてください。

ICOに参加してトークンを購入することは、飽く迄も投資行為であり、確実な利益が保証されているものではありません。従って、ICO案件に参加するならば、投資家が自分自身で「納得感」を持てることが最低条件なのですね。

CATプロジェクトの5つの弱味・懸念点

  1. CATプロジェクトのコンセプトや構築するプラットフォームの仕組みが難解
  2. CATプロジェクトに関する情報が出回っていない
  3. ホワイトペーパーの内容が理解し辛く、かつ英語版のみしかない
  4. CATトークンの配布割合が非公開
  5. CATトークンの配当設定がない

弱味その1:CATプロジェクトのコンセプトや構築するプラットフォームの仕組みが難解

先にも触れましたが、ここがCATプロジェクト最大の弱味になるのかも知れません。

ホワイトペーパーを読み込めば、CATプロジェクト事業体には、クロスチェーン技術やIoT、AIなどの先進技術に精通したメンバーがいることは理解できます。しかも、CATプラットフォームで確立され、取り扱われる技術の多くは、今後の産業界で極めて有用であることは確かでしょう。

しかしながら、CATプラットフォームの全体像は、一般的な仮想通貨投資家にスンナリとイメージできるものではない、というのも確かです。そのコンセプト・仕組みは、決して理解し易く、見え易いモノでもないからです。

それ故、ホワイトペーパー(現在英語版のみ)を読み込んでも理解できず、納得感を持ってのICO参加(トークン購入)には至らない仮想通貨投資家も少なくないかも知れません。そのような訳で、今回の記事が皆さんの投資判断のお役に立てることを祈るばかりです。

弱味その2:CATプロジェクトに関する情報が出回っていない

ここは、仮想通貨投資家としては、少々不安になるところかも知れません。英語・日本語を含めて、現時点ではWEB上にCATプロジェクト絡みの情報は、ほとんど出回っていないと言って良い状況です。

もっとも、WEB上に多くの情報が上がっていても、必ずしも有用な内容とも限らず、そのICO案件自体が詐欺であるリスクは大いにあります。仮想通貨投資家として、最終的には自分の目と直感で投資判断をする気概があれば、ここは特段の大きな問題ではないでしょう。

弱味その3:ホワイトペーパーの内容が理解し辛く、かつ英語版のみしかない

ここも、日本人の仮想通貨投資家にとっては、CATプロジェクトは取っ付き難い、と思わせてしまうところでしょう。見方を換えれば、CATプロジェクトが日本人投資家をターゲットにした詐欺ICO案件であるリスクは低い、という判断になるかも知れません。

英語でのビジネス経験がある人間が何度かホワイトペーパーを読み込んでみても、CATプラットフォームの完成形をスンナリと頭に描くことができないのが、実際のところであったりします。

それでも、クロスチェーン技術を活かしたプラットフォームのザックリとしたイメージは湧くので、一般の仮想通貨投資家にはこの程度までの理解で差し支えないとも考えられますね。

弱味その4:CATトークンの配布割合が非公開

CATトークンの総発行枚数や、売れ残りトークンのBurn処理(焼却処分)についての記述はありますが、トークンの配布割合についての記述は一切ありません(CATトークン販売代金の使途については記述あり)。

CATプロジェクト事業体のトークン保有割合や、どこに配布されたトークンがロックアップ対象になるのかなど、この辺りは詳らかでないため、CATトークンの市場価格維持政策の全貌が見えない状態です。キャピタルゲイン(トークン転売利益)狙いの仮想通貨投資家にとっては、少々気になる部分かも知れません。

ここは、ホワイトペーパーのアップデートを期待したいところですね。

弱味その5:CATトークンの配当設定がない

これは、CATトークン保有によるインカムゲイン(配当収益)が期待できないことを示しています。配当設定がないトークンの発行は、昨今のICO案件では多数派を占めていますから、特段驚くべきことでもありません。

しかも、仮想通貨投資家にとっては、今回はキャピタルゲイン(トークン転売利益)確保のみがICO参加の目的となります。従って、仮想通貨取引所へのICO終了後間もなくのCATトークン上場の方が高く評価され、配当設定がない弱味は結果的に相殺されてしまうのではないでしょうか。

CAT(キャット)プロジェクトのプレICO・ICO実施(CATトークン販売)の内容は?

ここで、CATプロジェクトにおける、トークン販売の具体的内容をお知らせしておきます。トークン販売は、「プレセール」と称するプレICOと、「クラウドセール」と称するICOとに実施期間により分かれています。

共通事項

トークン名: CATトークン
ティッカーシンボル: CAT
トークン総発行量: 800億CAT
プレICO・ICOでの販売量: 240億CAT
受け容れ可能通貨: BTC(ビットコイン)、ETH(イーセリアム)
ソフトキャップ(ICO成功判断基準): 1億2000万米ドル(おおよそ132億円)
ハードキャップ(販売上限額): 2億米ドル(おおよそ220億円)
トークン購入前提: ホワイトリスト登録、及びKYC登録

プレICO(プレセール)実施内容

実施期間: 2018年5月10日~6月30日 ←現在はこちら
トークン販売価格: 1CAT=0.2米ドル
最小購入量: 5000CAT=1000米ドル相当(おおよそ10万円)
最大購入量: 設定なし

ICO(クラウドセール)実施内容

実施期間: 2018年7月1日~31日
トークン販売価格: 1CAT=0.3米ドル
最小購入量: 未定
最大購入量: 未定

プレICOへの参加は、こちらのCAT(キャット)プロジェクト公式サイトから。↓
CATプロジェクト公式サイト

CAT(キャット)プロジェクトのロードマップはどんな感じ?

CATプロジェクトのロードマップも確認しておきましょう。以下に採り上げたのは、主要マイルストーンのみです。

2016年4~12月

CATプラットフォームの構築。

2017年1~4月

CATプラットフォームのテスト実施。

2018年5~8月

プレICO実施(5月10日~6月30日)。ICO実施(7月1日~31日)。CATトークン配布。

2018年7~8月

CATプラットフォームへの独自クロスチェーン技術の実装。仮想通貨取引所へのCATトークン上場。

2019年1月以降

CATプラットフォームの本格稼働開始。

CAT(キャット)プロジェクトのプレICO・ICO参加(CATトークン購入)方法は?

最後になりますが、プレICO・ICOに参加してCATトークンを購入する方法を、画面遷移付で分かり易く解説しておきます。サイトは全て英語ですが、この解説を見ながら操作いただければ、どなたでも容易にCATトークン購入が可能です。

なお、CATトークン購入に先立ち、予めホワイトリストへの登録、及びKYC登録が必要となります。この辺りも併せて、具体的に解説してあります。

プレICOへの参加は、こちらのCAT(キャット)プロジェクト公式サイトから。↓
CATプロジェクト公式サイト

ホワイトリストへの登録

1) CATプロジェクト公式ページにアクセスします。
トップページ上にある黄色の「BUY CAT NOW!」ボタンをクリックしましょう。
2) 以下画像のような「REGISTER/WHITELIST(登録/ホワイトリスト)」と称する画面に遷移します。
※英語サイトなので、日本語での入力は控えましょう。
上から順に、必要項目を埋めてゆきます。
苗字を半角ローマ字で入力。
名前を半角ローマ字で入力。
登録するメールアドレスを正確に入力します(コピペ推奨)
登録するパスワードを半角英数字で入力します。
□印をクリックして、チェックマークを入れます。
入力内容に間違いがないことを確認し、最後に画面下方にある黄色の「APPLY FOR WHITELISTING(ホワイトリストへの申込み)」ボタンをクリックしましょう。
3) ホワイトリスト登録内容確認画面に遷移しますので、登録内容に間違いがなければ、黄色の「APPLY FOR WHITELISTING(ホワイトリストへの申込み)」ボタンをクリックしましょう。
4) 以下画像のような「Account Registration Completed(アカウント登録完了)」と称する画面に遷移します。
画面上の黄色の「Back to top(トップページに戻る)」ボタンをクリックしましょう。

同時に、登録したメールアドレス宛にCATプロジェクト公式ページから、以下画像のような「Activate your CAT Account(CATアカウントの有効化)」というタイトルの登録確認メールが届きます。
このメール上で行っていただく操作は、特にありません。

KYC登録

1) CATプロジェクト公式ページにアクセスします。
トップページの画面上方にある「Log in(ログイン)」コーナーをクリックしましょう。
2) 以下画像のような「LOG IN(ログイン)」と称する画面に遷移します。
登録したメールアドレスを正確に入力します(コピペ推奨)
登録したパスワードを半角英数字で入力します。
最後に画面下方にある黄色の「Log in(ログイン)」ボタンをクリックしましょう。
3) 以下画像のようなご自分のCATプロジェクト公式ページ専用画面に遷移します。
画面下方にある赤色の「KYC UPLOAD(KYC書類アップロード)」ボタンをクリックしましょう。
4) 以下画像のような「My Profile(私のプロフィール)」画面に遷移します。
画面中ほどにある赤色の「Edit(編集)」ボタンをクリックしましょう。
5) 上から順に、必要事項を正確に入力してゆきます。
※英語サイトなので、日本語での入力は控えましょう。
*マークが付いている上から3つまでの項目は、先に登録している内容ですので、ここでは手を付けないでください。
Countryは▼印をクリックし、「Japan」を選択。
City/Townは住所の市区町村/都道府県名を、半角ローマ字で入力します。一例を挙げれば、「東京都目黒区」の在住者であれば、「Meguro-Ward/Tokyo-Pref.」などのような感じです。
Residential Addressは番地以下の住所です(アパート・マンション名もあれば入力)。例えば、「柿の木坂1-12-13」であれば、「1-12-13Kakinokizaka」のようになりますね。
Phone Numberは電話番号を半角数字で入力します(携帯電話でもOK 。先頭の0は付けたままで、ハイフンを省いてしまえば良いです。
Mail receiptはCATプロジェクト公式ページからのお知らせメール受信の了解です。□印をクリックして、チェックマーク(v)を入れておけば良いでしょう。
Change PasswordとChange Password(Confirm)はパスワード変更時に使う項目です。今回は何も入力しないでください。
入力項目に間違いがなければ、最後に画面下方の赤色の「Confirm(確認)」ボタンをクリックしましょう。
6) 入力事項の確認画面に遷移しますので、内容に間違いがないことを確認しましょう。
問題がなければ、赤色の「Register(登録)」ボタンをクリックしましょう。
7) 以下画像のような「My Profile(私のプロフィール)」画面に、再び遷移します。
画面中ほどのIdentificationコーナーにある「ファイルを選択」ボタンをクリックします。
パスポート、運転免許証など、公的機関が発行した写真付き身分証明書を撮影した画像ファイルを選択・添付します。
最後に、画面下方にある赤色の「Upload(アップロード)」ボタンをクリックしましょう(アップロードが完了しても、画面遷移もなく、OKの旨の表示や通知もありません)

【ご注意】
①使用可能な身分証明書は、日本在住の日本国籍者であれば、パスポート(旅券)、運転免許証、マイナンバーカードなど公的機関発行の写真付きのものに限ります(社員証、学生証、各種会員証などは不可)。
②受け容れ可能なファイル形式は、GIF、JPG、PNG、PDFの4種類です。

8) 「My Profile(私のプロフィール)」画面左上方のメニューコーナー(「三」マーク)をクリックします。
画面左方にメニューが展開するので、「LOG OUT(ログアウト)」をクリックして選択しましょう。

CATトークン購入

1) CATプロジェクト公式ページにアクセスします。
トップページの画面上方にある「Log in(ログイン)」コーナーをクリックしましょう。
2) 以下画像のような「LOG IN(ログイン)」と称する画面に遷移します。
登録したメールアドレスを正確に入力します(コピペ推奨)
登録したパスワードを半角英数字で入力します。
最後に画面下方にある黄色の「Log in(ログイン)」ボタンをクリックしましょう。
3) 以下画像のようなご自分のCATプロジェクト公式ページ専用画面に遷移します。
画面上方にある赤色の「BUY CAT TOKENS(CATトークン購入)」ボタンをクリックしましょう。
4) 以下画像のような「BUY TOKENS(トークン購入)」と称する画面に遷移します。
上から順に、必要事項を入力します。
支払いに用いる仮想通貨(BTC/ETH)を、クリックして選択します(ここではETHでの購入例を説明します)。
▲▼印をクリックして、CATトークン購入枚数を指定します(最低購入量は1万CAT)
CATトークン購入代金の合計金額がETHベースで表示されますので、こちらを確認してください。
購入内容に間違いがなければ、最後に画面最下方にある赤色の「Submit Request(購入依頼を提出)」ボタンをクリックしましょう。

【ご注意】
①CATトークン購入手続き後(送金先QRコードが表示された後)、24時間以内に購入代金(BTC/ETH)を送金してください。
②購入代金(BTC/ETH)が不足しないよう、各種手数料分も考慮して送金してください。

5) 以下画像のような送金先QRコード表示画面に遷移します。
表示されたQRコード、もしくは送金先アドレス宛に、24時間以内にCATトークン購入代金の合計金額(ETH)を、MyEtherWalletなどERC20基準準拠のご自分のウォレットから送金しましょう(仮想通貨取引所などにあるウォレットからの直接送金は不可)
同時に、登録したメールアドレス宛に、「Thank you for applying for CAT token.(CATトークンをお求めいただき有難うございます)」というタイトルで、以下画像のようなメールが届きます。
CATトークン購入の確認メールです(このメール上での操作は特にありません)。
これで、CATトークン購入の手続きは終了です。
お疲れさまでした。

【ご注意】
①先方に着金せず、返金も不可能となりますので、仮想通貨取引所などのウォレットから直接ETH(イーセリアム)やBTC(ビットコイン)を送金することは厳禁です。
②必ずご自分のウォレット(MyEtherWalletElectrumCopayほか)から送金してください。

プレICOへの参加は、こちらのCAT(キャット)プロジェクト公式サイトから。↓
CATプロジェクト公式サイト

まとめ:魅力はあるが玄人向けのICO案件

ここまで、現在プレICO実施中の「CAT(キャット)プロジェクト」について、コンセプトや魅力、懸念点なども含めて、極力分かり易く解説してみました。ICO案件としては、特に派手な宣伝もしていないようで、地味な印象を受けるかも知れません。それでも、なかなか目の付け所が良いプロジェクトであることは、仮想通貨投資家の皆さんならば感じていただけることでしょう。

CATトークン購入において留意したいことは、1CAT当たりの販売金額が、プレICO(プレセール)期間と、ICO(クラウドセール)期間とでは、2倍もの差があることです(米ドルベース)。つまり、同じ予算であっても、購入時期により、所有できるCATトークン量に大きな差が出ることを意味しています。

「CAT(キャット)プロジェクト」に興味がある投資家の方は、なるべく早くICO参加可否を検討されることをオススメします。取り急ぎ、ホワイトリストへの登録・KYC登録だけは済ませてつつ、平行してCATトークン購入を検討されるのもアリですね(登録後にCATトークンを購入しない結果になってしまったとしても、何ら問題はありません)。

プレICOへの参加は、こちらのCAT(キャット)プロジェクト公式サイトから。↓
CATプロジェクト公式サイト

仮想通貨の情報収集でお困りの方

本業の傍ら仮想通貨に取り組んでいる方の中には、情報収集で消耗している方も多いと思います。
管理人もその1人です。

そこで効率よく情報を収集するために管理人おすすめの無料メルマガを2つ紹介します。

Crypto Club Japan(初心者〜中級者)

Crypto Club Japan
仮想通貨投資のエキスパートたちが 日々情報を精査し、より質の高い情報提供を目指します。

メールアドレス登録後、メルマガでの情報を受け取ることができ、その他にもLINE追加で日々の情報を得ることができます。
情報共有セミナーもやってるので興味ある方は一度参加されてみてください。
メルマガやLINEの登録は無料ですので、登録しておくことをオススメします。

Crypto Club Japan

Bspeak!(中級者〜上級者)

Bspeak!

上記のようなメルマガの内容となっており、どちらかというと上級者向けの情報がメインとなっております。
Crypto Club Japanと同様で無料なのでこちらも登録しておくべきメルマガになります。

この記事を書いた人

仮想通貨投資家

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です