仮想通貨の収入1億円以上、日本人331人。国税庁

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

2017年の「億り人」は331人

国税庁が、2017年に仮想通貨取引を含めた収入が1億円以上と申告したのは331人であったと発表した。

国税庁によると、2017年は2198万人が確定申告を行い、2016年から人数は横ばい。
主に日本経済が改善したことにより所得額は41兆4298億円で、2016年から約3%増加したことを明らかにした。

確定申告をした2198万人のうち、1億円以上の雑所得があったのは549人。
その中の331人が、仮想通貨取引による収入があった。

全体の0.01%の口座に1億円以上の仮想通貨

日本仮想通貨交換業協会(東京・千代田)によると、2017年度の日本国内の主な仮想通貨取引額は約69兆円。
前年度の20倍に増加している。

日本仮想通貨交換業協会によると、仮想通貨取引を目的にした口座は約350万ある。
そのうち2018年3月末時点で仮想通貨の時価が1億円以上あるのは268口座あったとのことだ。口座全体の約0.01%にあたる。

参照:
331 Japanese Cryptocurrency Investors Made at Least $1 Million in Profit Last Year: Tax Agency
仮想通貨、収入1億円以上は331人 17年確定申告で-日本経済新聞
仮想通貨で収入1億円以上は331人 国税庁 -NHK

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA