ヒュンダイDACコイン(暗号通貨)の安全性・将来性や評価(口コミ)!

ヒュンダイDACコインとは?

ヒュンダイDACコインとは、HDAC(Hyundai Digital Asset Currency)ヒュンダイダックとも呼ばれる韓国発信の仮想通貨です。

ヒュンダイDACコインは「Hyundai BS&C」と「Double Chain」が共同開発していますが、「Hyundai BS&C」は韓国の有名な財閥として知られている現代(ヒュンダイ)のグループであり、筆頭株主はヒュンダイの孫とのことです。

ヒュダインDACコインは仮想通貨としてだけでなく(仮想通貨名はDAC)、Hyundai DigitalAssetというプラットフォームにもなります。

今回は、韓国の財閥が関わっているだけあって注目を集めているヒュンダイDACコインの安全性・将来性・評価などを解説します。

Hyundai DigitalAssetの概要は?

ヒュンダイDACコインに投資するにあたり、まず注目したいのはプラットフォームとしての機能です。

スマートシティとスマートライフを実現するためのHyundai DigitalAssetは、IoTデバイスの安全性・IoTデータの統合とビッグデータの活用・IoTデバイス間の相互認証などを開発するためのプラットフォームになります。

IoT(Internet of Things)とは、あらゆるモノがネットに接続されてコントロールができるというコンセプトです。

例えば、2014年にインテルが発表したものに、体温管理機能などを可能とする小さいコンピューター端末のついたベビー服があります。

ちなみにインテルとヒュダインDACコインが連携するのでは?という情報も流れています。

つまりHyundai DigitalAssetは、インテルが発表したアイデアのように、人々の中に溶け込んで、便利な生活の手助けをしてくれるプラットフォームになるのです。

このようなシステムを持つ仮想通貨は「ブロックチェーン3.0」と呼ばれています。

ヒュンダイDACコインの安全性は?特許を取得しているって?

完成した際には、膨大なデータを扱うことになるHyundai DigitalAssetは、安全面を徹底的に強化しています。

その強化方法が、既存の認証方法を止め、ブロックチェーン技術をつなぎ合わせた新しい認証方式「IoT Data Securityプラットフォーム」の開発です。

そしてこの「IoT Data Security」「イジス(Aegis)」と呼ばれ、特許を取得しています。

将来性は?開発プランはある?

Hyundai Digital Assetには開発プランがあり、2017年から始められた開発は2019年まで続きます。

プランを見てみると詳しく書かれていますが、私たち投資家にとって気になる部分を見てみましょう。

・2017年に韓国取引所オープン
・その直後に仮想通貨DAC上場
・2018年上半期には海外取引所で公開予定

この情報を見ると、ヒュンダイDACコインは新しく作られる韓国の取引所で公開されるようですね。

韓国の取引所自体も開発プランに組み込まれていることが驚きでもあります。

仮想通貨としての気になる将来性ですが、取引所を作ることができるだけの財力と行動力のある財閥との関連性を考えても、十分期待が持てそうです。

ちなみに、海外取引所とは韓国から見た海外取引所です(ないとは思いますが、日本の取引所でも取り扱う可能性はゼロではないということです)。

ヒュンダイDACコイン(仮想通貨)のプレセールや買い方!取引所はどこ?

ヒュンダイDACコインの評価は?

気になるヒュンダイDACコインの評価ですが、口コミを見てみましょう。

なかなか好評のようですね。

韓国の取引所がいつ完成するのかまだわかりませんが、公開されるのが楽しみな仮想通貨です。

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


2 件のコメント

  • ヒュンダイDACを購入しましたがアドレス申請のメールを削除してしまいアドレス登録ができず困っております だれかヒュンダイを購入後のアドレス登録方法がわかる方教えて下さい。宜しくお願いします。

    • yoshimi様

      こんにちは。当サイト管理人です。

      この件に関して、
      私はヒュンダイDACの関係者ではございませんので
      分かりかねます。

      申し訳ございませんが、
      販売元にお問い合わせいただけますでしょうか?

      購入された際に届いたメールは
      全て破棄されたのでしょうか?

      その中のどこかにお問い合わせメール窓口など、
      ありませんでしょうか?

      お力になれず申し訳ございませんが
      無事に登録できることを願っています。

      管理人

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です