米大手仮想通貨取引所「コインベース」が日本進出 =日本経済新聞

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

三菱UFJの出資を受け、コインベース日本上陸

アメリカ最大級の仮想通貨交換所コインベースが日本に進出する。日本経済新聞が報じた。

仮想通貨交換業の登録を年内に金融庁に申請する予定だ。
出資元の三菱UFJフィナンシャル・グループと連携して日本市場の開拓を行う。

三菱UFJフィナンシャル・グループは、子会社を通じて2016年7月にコインベースに約10億円を出資している。
コインベースの企業価値は10億ドル(約1100億円)、ウォレットの利用者は2000万人を超えている。

モルガン・スタンレー証券出身者が代表に就任

コインベースの日本法人社長には、モルガン・スタンレー証券出身で株式会社お金のデザインでCOO(最高実行責任者)を務めた北沢直氏が就任する。

北沢直氏のプロフィールは以下の通り。

北澤直

慶応義塾大学法学部卒業、ペンシルベニア大学大学院修了(LL.M)。
ポールヘイスティングス法律事務所の東京とNYオフィスで、弁護士として大型M&A案件や金融商品開発を主に手がけた後、モルガン・スタンレー証券(現三菱UFJモルガン・スタンレー証券)へ。
投資銀行員として6年間在籍し、M&A、IPO、増資引受案件などのコーポレートファイナンス取引に加え、ファイナンス、法律、税務の専門知識を活かして不動産私募ファンドの組成などの案件をリード。
2014年より現職

出典:“未来を変える”プロジェクト

高いセキュリティが強み

コインベースの強みは高いセキュリティ性だ。
全社員の5%以上がセキュリティ専門のエンジニアで構成されている。

万一ハッキングされて、顧客資産が流出した場合でも全額保証される保険制度を持っている。

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA