取引手数料「無料」。SBI、仮想通貨取引所の営業開始

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日7:00〜22:00LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

取引手数料無料。SBI仮想通貨取引サービス開始

SBIホールディングスは6月4日、完全子会社のSBIバーチャル・カレンシーズが仮想通貨取引サービス「VCTRADE」の提供を開始したことを発表した。

リリース情報によると、取引手数料は無料。
出金時に出金手数料がかかるとしている。
決済通貨は日本円。

SBIの北尾吉孝社長は「スプレッド革命を起こそうと思う」と述べており、取引手数料を下げて顧客を取り込み、仮想通貨事業でNo.1を目指す方針を明らかにしていた。

XRPから取引開始。順次BTC,BCHも可能に

取引可能通貨は現時点ではリップル(XRP)のみで、順次ビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)が取引可能になる予定。

サービス開始にあたり、先行予約で口座開設を行っていた2万人にまずはサービスを提供する。
一般の口座開設申込の受付は、2018年7月を予定している。

高セキュリティと低遅延な取引環境

セコムグループのセコムトラストシステムズ株式会社とウォレット管理で提携し、「万全のセキュリティ体制でサービス提供に努める」としている。

また、米国の大手証券取引所NASDAQの取引システムを利用した、世界最高水準の低遅延な取引環境の提供をうたっている。

SBIバーチャル・カレンシーズは2017年9月29日に金融庁から仮想通貨交換業者の登録を受けていいたが、セキュリティ対策強化を理由にサービス開始時期を遅らせていた。

画像出典:SBIバーチャル・カレンシーズ

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA