コインチェックとマネーフォワードの連携やアクセスキー取得方法!

コインチェックとマネーフォワードの連携について

2017年3月より大手仮想通貨取引所コインチェックとマネーフォワードが連携することになりました。

とは言え、ビットコインや、イーサリアムを始めとするアルトコインを売買している投資家にとって、気にはなるけどこれがどのように関連しているのかちょっとわかりにくいですよね。

まず簡単に説明すると、マネーフォワードとは、PCやアプリで簡単に家計簿が付けられるサービスのことです。

銀行やカードのお金の流れ・複数口座の一括管理・出費を自動で分類分け・レシートを撮影するだけで家計簿の反映される…など、楽に家計簿をつけられる機能が満載です。

このマネーフォワードとコインチェックが連携するということで、コインチェックの口座の残高管理をマネーフォワードで行えるようになりました。

以前から要望が多かったとのことなので、ユーザーの多いサービス同士が最強のタッグを組んだということですね。

そこで今回はPCから行うコインチェックとマネーフォワードの連携の方法やアクセスキーの取得方法について、誰にでもわかりやすいように、途中でつまずくことがないように、丁寧に詳しく解説します。

連携前の準備

連携をスムーズに行うためにAPIキーの準備があるので、コインチェックにログインします。

1.ログイン後の画面左上の「ウォレット」をクリック→画面左の「設定」をクリック→表示されたメニューから「APIキー」をクリック→緑色の「新たにAPIキーを追加する」をクリックします。

 

2.次に表示された画面で「ポジション一覧」「残高」「レバレッジアカウントの残高」のチェックにチェックを入れる→「OK」をクリックします。

 

3.新しいAPIキーが作られましたので準備はこれで終了ですが、続けて作業を行う場合は、作成したキーを使うので画面はこのまま開いておきましょう。

 

 

マネーフォワードとの連携方法

マネーフォワードに登録済みの方はログインしてください。

マネーフォワードに未登録の方も、メルアドとパスワード、生年月日やお住いの県庁所在地の入力、頻繁に利用する金融機関名とクレジットカード名を選択するだけで、直後からすぐにログイン状態になり利用できます。

1.ログイン後の画面上部のメニュー右上の「口座」をクリック→メニュー下に表示された「金融機関追加」をクリック→カテゴリから選択の「FX・貴金属」をクリックします。

 

2.画面を下にスクロールすると、利用できる会社の一覧が表示されるので「coincheck」をクリックします。

 

3.金融機関登録画面が表示されますので、先ほど準備した「アクセスキー」「シークレットアクセスキー」を入力→「登録」をクリックします。

 

4.マネーフォワードがコインチェックにログインしているので、登録には20秒ほど時間がかかります。

これで連携は完了です。

意外に簡単でしたね。

手順も途中を飛ばさずに丁寧に書いていますから、つまずくことなく設定できると思いますよ。

マネーフォワードから連携できない?トラブル?

上記の手順4で、20秒以上経っても「取得状況 更新中」が変わらない場合もあります(私は8分かかりました)

この場合、実際は登録が完了していることもあります(私もそうでした)。

別タブマネーフォワードのトップページを表示させて、ページ上部の「口座」をクリックすると「登録済み金融機関」コインチェックがすでに登録されている状態になっているはずなので確認してみましょう。

コインチェックの2段階認証!スマホ(iphone)の設定や解除方法!

コインチェックは未成年も同意書で登録やビットコイン購入も可能?

さいごに

コインチェックは日本国内では大手の仮想通貨取引所になり、今後も便利なサービスが続々追加されるでしょう。

とは言え、仮想通貨業界はまだまだ発展途上で、株やFXと比べると、申し込んで最短翌日には口座開設終了とはいかない状況です。

口座開設には基本的に時間がかかるものと思っていた方が良いため、今すぐ取引をしなくても、口座は早めに開設しておくことをおすすめします。

※無料口座開設はこちらのバナーからカンタンにできます↓

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

おまけ:初めて取引する人は複数の取引所を開こう!

これから取引を始める人は複数の取引所を開設するのがオススメです。
国内取引所は20以上ありますが、もちろん全て開設した方が良いわけではなくオススメの3つで大丈夫です。

開いたほうが良いのはおすすめ取引所の記事でご説明した3つの取引所。
・bitFlyer
・Zaif
・coincheck
※1月26日午後にコインチェックにて不正に引き出される被害が発生しました。公式から正式な発表があるまで登録は避けましょう。

の3つです。

追記:コインチェックへの登録を予定していた方でアルトコインの購入を検討中の方は、取扱コインの種類が豊富な国内取引所を今のうちに開設しておきましょう。
・DMMビットコイン

DMMビットコインについて詳しく知りたい方は以下の記事で詳しく紹介しているのでご参考ください。
DMM Bitcoin(DMMビットコイン)の登録、入出金方法について解説。

若干話しが逸れましたが、なぜ複数の取引所を開設した方が良いかというとそれぞれで取扱いの銘柄が違うから。
もちろん全ての取引所でビットコインは取扱いがありますが、これから値段が上がっていくであろう、XEMやMONA、DASHといった日本での知名度がまだまだな通貨は全ての取引所で取扱いがあるわけではありません。

同じようにこれから新しく取り扱いが始まる新たなコインがどの取引所で扱われるかは誰にも分かりません。
その時の為に主要な取引所は開設しておいたほうが良いでしょう。

もっと詳しく知りたい方は以下の記事でより詳しく紹介しているのでご参考ください。
仮想通貨を購入したい人は必見!20以上の仮想通貨取引所の中からおすすめTOP3をご紹介!

仮想通貨のバブルに乗り遅れないためにも今のうちに下記の取引所を早めに開設しておくことをおすすめします。

取引所比較 bitFlyer
(ビットフライヤー)
Coincheck
(コインチェック)
Zaif
(ザイフ)
手数料 ペイジー決済 324円 756円 486円〜594円
コンビニ支払い 324円 756円 378円〜486円
銀行振込 振込手数料のみ 振込手数料のみ 振込手数料のみ
安全性の高さ
取引所の使いやすさ
取扱銘柄の豊富さ 6種類 13種類 5種類他トークン
スプレッドの幅(BTC) 狭い やや広い 広い
サポートのスピード 1日以内 3日以内 1週間以上
取引量の多さ(※1) 19兆252億円 5兆1,294億円 1兆3,856億円
クレジット
カード
決済 可能 可能 可能
購入最低金額 1,000円 5,000円 1,000円
対応ブランド Visa
Mastercard
Visa
Mastercard
JCB
Visa
Mastercard
リンクURL 登録はこちら 登録はこちら 登録はこちら

(※1) 2017年11月時点の取引量


仮想通貨投資を始めるならbitFlyer(ビットフライヤー)!


bitFlyer(ビットフライヤー)は、非常に使い方が分かりやすく、仮想通貨投資初心者に最も優しい取引所の一つです。

さらにビットコインだけではなく、ビットコインキャッシュやMONAコインなどのアルトコイン、などの取り扱いもあります。

そして何より手数料が安いのでお試しで始めてみたい初心者の方にもピッタリの取引所です。

仮想通貨投資の第一歩をbitFlyer(ビットフライヤー)でスタートさせましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です