【市場分析】下落傾向、BTC5,000ドルまで低下の可能性。2014年と類似

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨市場は2014年と同様の調整局面

BitcoinやEthereumのような主要仮想通貨が1〜3%増加したため、仮想通貨市場は約2%、2900億ドルから2960億ドルへとわずかに回復した。

それでも市場は弱気のトレンドを示しており、ショートポジションがこの1週間で大幅に増加している。

この数か月、仮想通貨市場は2014年と同様の調整局面(コレクション)になっている。
短期と1日のチャートは、4年前のビットコインの値動きとほぼ同じである。

当時から市況状況は変化しており、4年前と比較して非常に大きな額の資本が仮想通貨市場に集まっている。

しかし、2014年は個人投資家や個人トレーダーも巻き込んでバブルが崩壊し、調整局面となった。

機関投資家が十分な資金を市場に投入していないことを考えると、2018年のバブルも、個人投資家や個人トレーダーの参入による投資の過熱によって引き起こされたと考えられる。

下げ相場が続くと、5,000ドルが底になる可能性も

仮想通貨市場が2014年と同様のトレンドで大幅な調整を続けている場合、ビットコインは6,000ドルを下回り、中期下値支持線として5,500ドルをうかがう可能性がある。

特に市場で出来高が好転することなく、下げ相場が続くと、5,000ドルが底になる可能性もある。

ビットコイン価格下落にともない、アルトコイン下落も懸念

ビットコインが下落すると当然、多くのトークンとマイナーコインの価値も低下する。

仮想通貨市場では、分散投資は実用的な投資方法ではない。
なぜなら仮想通貨市場の極端な変動性により、大部分のデジタル通貨は一斉に値が動くからだ。

トークンはビットコインの上がり下がりに合わせ激しく動いているが、依然としてBitcoinやEthereumネットワークのネイティブ通貨であるEthereumなどの主要仮想通貨から大きな影響を受けている。

参考:Cryptocurrency Market Inches Near $300 Billion in Gloomy Outlook
画像:CoinGecko

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA