2022年までにBTCは25万ドル(約2761万円)になる理由を説明。米富豪投資家

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

価格が2022年までに25万ドルに達すると予測

大富豪のベンチャー投資家ティム・ドレイパー氏は、長きにわたり仮想通貨に対し強気の姿勢を保っているが、ビットコイン価格が史上最高値から67%以上下落した2018年前半もその姿勢を崩していない。

CCNの報道によれば、ドレーバー氏はビットコインの価格が2022年までに25万ドルに達すると予測。その額は、2014年、かの有名なシルクロードオークションで米連邦保安局から約3万ビットコインを落札した時の1ビットコイン当たり650ドルとは桁外れだ。

仮想通貨市場の拡大は加速し、BTC価格も上昇する

金融ウェブサイト、ザ・ストリート(TheStreet)のインタビューの中で、ドレーバー氏は最近の市場の下落によって自身の予測に対する自信が揺らぐことはないと述べた。

「価格の点でいえば、ビットコインの価格は値上がりすると見ている。予測を、4年間で最大25万ドルにまで上昇すると修正する。すなわちビットコインは2022年までに25万ドル前後で取引されることになるだろう」

ドレーバー氏がこのように予測するのは、世界の通貨市場は今後10年間で140兆ドルに拡大し、仮想通貨の拡大の「速度は加速」すると考えているからだ。

将来BTCが通貨市場の10%を占めるか10兆ドル規模になる

「仮想通貨の市場における拡大速度は加速するため、現在の世界の通貨市場86兆ドルは、今後10年間で約140兆ドルにまで拡大し、しかも仮想通貨によって拡大すると思っている。事実、不換紙幣の使用が減少している。市場の仮想通貨は100兆ドルにものぼるだろう。ビットコインは市場の10%を占める、もしくは10兆ドル規模になると考えている。市場における伸びしろは十分にある。」

カリフォルニア州を3つの州に分割するという注目を浴びる計画(2018年11月に法案提出の予定)の支持者でもあるドレーバー氏は、世の中が価値の保存ばかりでなく、日常の決済ツールとして仮想通貨を受け入れる根本的な変化を遂げようとしていると述べた。

参考:Billionaire Investor Explains Why Bitcoin Price Will Hit $250,000 by 2022

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA