仮想通貨ファンド業績悪化。今年すでに9つのファンドが閉鎖

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日7:00〜22:00LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

仮想通貨下落でファンド業績不振

ブルームバーグによれば、今年に入り9つの仮想通貨関連のファンドが閉鎖されているとのことだ。

仮想通貨ヘッジファンドのパンテラ・キャピタル社のデジタル・アセット・ファンドは5月、業績不振となった。
12月下旬と1月上旬に記録した過去最高水準から、仮想通貨市場が低下したためだ。

パンテラ社ファンド51%低下。Dash等への投資不調

パンテラ社のCEOダン・モアヘッド氏は、19日に顧客に配布した毎月の投資確認書で業績不振について報告した。

同ファンドは当月に26%減少し、2018年は51%低下していると説明している。
ビットコイン価格も5月に15%の下落を記録し、また年に約51%下落している。

モアヘッド氏は最近の低迷について、当期中パフォーマンスの悪かったアセットDash、Waves、Bitshares、OmiseGoへの投資によるものとしている。

仮想通貨の価格は依然連動

分散投資は一般的な投資戦略だが、仮想通貨市場に関してその知識は議論の的になっている。

個々の仮想通貨価格は依然として大きく相関しており、今日でも、大部分のフィアット投資はビットコインを介して仮想通貨エコシステムに流入している。

参考:Bitcoin Price Outperformed Crypto Hedge Fund Pantera Capital Last Month
画像:Dan Morehead -Twitter

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA