市場に影響か。韓国取引所ビッサム、ハッキングで3000万ドル紛失

▼当サイトでお申し込みが多い国内取引所
  • 【第1位】「取引量日本一」Bitflyer・・・BTC出来高No.1!安心大手でセキュリティも世界一!
  • 【第2位】「手数料が安い」Zaif・・・手数料の安さNo.1!積立投資機能や取引高に応じた報酬キャンペーンも実施!
  • 【第3位】「初心者におすすめ」DMMビットコイン・・・取引所の利用が初めての人でも見やすいチャート機能。365日24時間LINEサポート対応!
  • 【登録者急上昇中↗】GMOコイン・・・人気銘柄リップルの購入検討中の方はGMOコイン!上場企業GMOグループで安心!

ビッサム、3000万ドル相当の仮想通貨盗まれる

かつて世界一の規模を誇ったソウル拠点の仮想通貨取引所ビッサム(Bithumb)社が水曜、プラットフォームから3000万ドル相当の仮想通貨が盗まれたと発表した。
具体的にどの銘柄が盗まれたのかは明らかにしていない。

犯行時刻はわかっていないが、ビッサム社は午前0:53(UTC)頃に入金を停止し、更なる損失を防ぐため、即座に全ての資産をコールドウォレットに移し始めたという。

ホットウォレットからの流出か。損失額は全額保証

同社はツイッターで「複数の仮想通貨が、合計3000万ドル相当盗まれていることを確認した。流出した仮想通貨は弊社が責任もって補償する。現在、全ての資産をコールドウォレットに移し替えている段階だ」と公表。

ビッサム社はまだ正式に認めていないが、この流出はハッキングによるものだと考えられている。

被害額としては比較的小規模なことから、プラットフォーム上の取引額が少ない資産の1つを目的に、ハッカーがインターネットに接続されている「ホットウォレット」へアクセスしたと見られる。

この事件を受け、ビッサム社は資産移動の一時不能以外でユーザーに影響を及ばさないよう、全ての損失額を補償する予定。
6月20日午前1:58(UTC)時点では、出入金は停止している。

ハッキング後、BTC200ドル近く下落。

現在、世界で6番目、そして韓国で2番目の規模を持つビッサム社。
コインマーケットキャップによると、1日の取引額は3億3300万ドルを超えるという。

ハッキング後、ビットコインは200ドル近く下落し、過去48時間に見られた仮想通貨市場での回復傾向がほぼ帳消しとなった。

参考:Breaking: South Korean Crypto Exchange Bithumb Hacked, Thieves Steal $30 Million

7月の注目ICO!

公平や平等が重視されたイスラムで全世界2兆ドル規模の市場で生まれた世界発の暗号通貨!
「Diner Coin」は国地域によって異なる基準や流通情報の不透明性をといったリスクをすべてクリアしたサービスです。

Diner Coinの公式サイトはこちら

この記事を書いた人

ueno

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA